分割払いとリボ払いはどっちがお得?2つの支払い方法の違い解説

分割とリボ

この記事でわかること

分割払いとリボ払いの違い

分割払いとリボ払いの特徴

分割払いとリボ払いの金利手数料

それぞれのメリット・デメリット

クレジットカードの支払い方法は基本的に一括払いが一般的です。
しかし「金額的に、一回で払うのはどうしても辛い・・・!」というときは誰にでもありますよね。

そんな時に「分割払い」「リボ払い」という便利な支払い方法が利用できます。

では、どちらがどのようにお得なのでしょうか?

美咲
こんにちは、美咲です。
分割払いとリボ払い……分割払いはなんとなくわかりますけど、違いってわかりづらいですよね。
私もクレカを申し込むまでは気にしたこともなかったし。
ガマ蔵
おっ、嬢ちゃんもそこまで気が回るようになったんかいな!
ワイの指導の甲斐があったみたいやなぁ。

ということで今回は、知っているようで案外知らない人も多い、分割払いとリボ払いについて確認していきます。
今まで以上に賢くクレジットカードを使えるようになりましょう!

分割払いとリボ払いの違い

固定されるのは「支払う金額」か「支払い回数」か

分割払いとリボ払いの違いは「固定される項目」です。

例えば10万円の利用があった場合、分割払いでは「何回」で支払うかを選択します。
それに対してリボ払いでは、月に「いくら」支払うかが設定される方法です。

つまり「返済する回数」を決めるのか、「一回に返済する金額」を決めるのかが違います。
分割払いは手数料が回数によって変わり、回数が多くなればなるほど金利手数料も高くなります。
一方リボ払いは、リボ払い金利手数料を一律で設定しているカード会社がほとんどです。

支払いに関しては、返済金額の中に手数料を含める場合と、一定の返済額に手数料が上乗せされる場合があります。

 

対象となるのはどの利用か?

分割払いの対象となるのは、一回分の利用代金のみです。
すでに分割での支払いを行っている場合で、新たなカード利用があり、そちらも分割払いを選択したときは別々の請求がされます。

例えば10万円の利用分を10回払いで支払っている場合、1月あたりの支払いは1万円です。
しかし新たに10万円の買い物をして10回分割を選択すれば、翌月からの支払いは2万円になります。

一方、リボ払いでは利用分をすべてまとめることができます。
例えば1万円で自動リボ設定がされている場合、先に10万円の利用があり、新たに10万円買い物をしても翌月の支払いは1万円のままということです。

 

分割払いとリボ払いの単純シミュレーション結果

ちなみに単純シミュレーションを行うと、どちらが得なのでしょうか?
ここではJCBカードサイトのシミュレーションを試してみました。

10万円を10回、1万円で支払います。
金利は同率の15.0%としました。

  • 分割10回払いの支払い総額:106,817円
  • リボ払い1万円コースの支払い総額:106,674円
10万円程度ではそれほど支払い額に差はありません。
分割払いはここで返済完了となりますが、リボ払いではカード利用の状況によって返済が継続する場合もあります。

 

分割払いについて解説

分割手数料は回数で決まる

クレジットカード会社によっても異なりますが、分割払いの金利手数料は12.0~15.0%が相場です。
設定できる回数はカード会社によって決められており、利用者はその中から何回払いにするのかを選択します。

回数が増えるほど金利手数料は高くなりますが、分割払いを選択した時点で毎月の手数料を含めた返済額が明確に提示されるので安心です。

また、一度選択した分割回数は途中で変更できない場合が多く、必ず予定通りの回数で支払うという特徴があります。

 

分割手数料の発生は3回から

クレジットカードの利用時には「一括か分割か」を尋ねられますが、2回払いを選択すると一括払いと同じく金利手数料は発生しません。
ただし、クレジットカードや店舗によっては2回払いが選択できない場合もあります。

一般的な分割回数は、3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回ですが、カード会社によっては36回まで設定しているところもあります。

分割払いの設定については、あとからでも可能としているカード会社がほとんどです。
カードの支払日前の期限までにインターネットの会員サイトや電話で受け付けている場合が多く、カードの利用明細書が届いてから分割払いを検討しても間に合います。

 

クレジットカードのリボ払いについて解説

返済期間に期限がない

分割払いが決められた回数で必ず返済が完了するのに対し、リボ払いは一定額を支払い続けるというシステム上、利用が返済を上回っている限りは返済が完了しません。

例えばリボ払い設定を2万円としている場合、2万円以下であればリボ払い手数料がかからず一括払いと同様の処理がされます。
しかし2万円以上の利用があれば、利用分に対してリボ払い手数料が加算され、月ごとに請求されます。

以下は2万円のリボ払いコースで3万円の利用があり、金利が15.0%の場合のシミュレーション例です。
(手数料は、元金に上乗せされて請求されるケースとします。)

  • 翌月請求分:元金20,000円/リボ払い手数料320円/請求金額20,320円
  • 次月請求分:元金10,000円/リボ払い手数料123円/請求金額10,123円

重ねてカード利用があった場合には、その分金利が増額され、月ごとの返済額も大きくなります。
元金分は2万円ずつしか減らないため、支払期間が延びていくと考えてください。

 

返済金額によっては元金が減らない場合も

多くのクレジットカード会社では自動リボ払いの初期設定を5,000円コースとしており、リボ払いの金利手数料は15.0~18.0%と高い水準になっています。
そのため、気がつかないうちに利用金額がふくらんでいる可能性があるのです。

リボ払いの返済額は自由に設定し直しができます。
無自覚でクレジットカードを利用し過ぎないためにも、自動リボにしているときは返済金額を多めに変えておくといいでしょう。

リボ払いは上手に使えば便利なシステムですが、現在いくらの利用があるのかを的確に把握していなければ信用事故を起こしかねません。
金利手数料が膨れ上がり払いきれない、いつまでも返済が完了しないという事態になったりしないように、しっかりと自己管理をしておきましょう。


ここまで分割払いやリボ払いの違いや特徴について紹介してきましたが、ここからはいよいよ、「分割払いとリボ払い」どっちがお得なのか解説します!

 

分割払いとリボ払い結局どっちがお得?

ここでそれぞれの違いをおさらいしましょう。

分割払い
支払う商品の金額と利息を決められた支払い回数によって支払う方法で、分割回数が増えると手数料が増える仕組みです。
リボ払い
利用残高に達するまで毎月一定の額と利息を支払う方法となっており、支払い残高に比例して手数料が発生していきます。

一見すると分割払いのほうがお得に思えますが、リボ払いは繰上返済を行うことで金利手数料を抑えることができます。

また自動リボ設定にするとポイントがもらえるなど、カード会社ではリボ払いを推奨する傾向が強いです。
そしてリボ払い設定を行いカード利用をすることで、翌年度の年会費を無料にする会社もあります。

分割払いとリボ払いの違いや特徴を理解して、支払い方法を使いわけることが得策です。

 

まとめ

分割払いもリボ払いも、一度に払いきれない高額商品の購入時にはとても助かるシステムです。
しかし、その違いをよく理解していなければ上手な利用ができません。

いずれにしてもクレジットカードが借金の一種であることを常に意識し、支払い能力を上回らない利用を心がける必要があります。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。