クレジットカードの国際ブランドを変える方法は意外と簡単!

国際ブランドの変更術

この記事でわかること

国際ブランドの世界シェア率

国際ブランドの変更方法

国際ブランドを変更した場合のデメリット

クレジットカードには、VisaMastercardなどのロゴが付いており、これがカードの国際ブランドとなります。
決済するときには、この国際ブランドのシステムを使って支払いが行われます。

もしカードを作ったときから状況が異なり、別の国際ブランドに変更したいとなった場合、同じクレジットカードのままで国際ブランドだけを変更することはできるのでしょうか。

今回は、クレジットカードの国際ブランドの変更方法や変更したことで起こるデメリットについて確認していきましょう。

クレジットカードが世界中で使えるのは国際ブランドのおかげ

日本国内で発行されている「楽天カード」や「イオンカード」などの身近なクレジットカードは、海外旅行に行ってもちゃんと使うことができます。

これは、そのカード会社が提携している「国際ブランド」のおかげ!

世界中で使える決済システムを提供しているのが、国際ブランドです。
レジ横には良くブランドロゴが掲示されていますが、同じロゴが自分のクレジットカードに付いていれば、そのショップで利用が可能。

主な国際ブランドには次の7つがあります。

  1. Visa(ビザ)
  2. Mastercard(マスターカード)
  3. JCB(ジェーシービー)
  4. American Express(アメリカンエキスプレス、通称アメックス)
  5.  Diners Club(ダイナースクラブ)
  6.  中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)
  7. Discover Card(ディスカバーカード)

 

世界シェアがもっとも多いのはVisaカード

7大ブランドのうち、日本人になじみが深いのは、VisaMastercardJCBAmerican ExpressDiners Clubといったところ。

日本国内のシェアでは日本が誇る国際ブランドのJCBですが、世界シェアではVisaカードがダントツです。

Visaは、JCBやアメックス、ダイナースとは違い、自社のプロパーカードは発行していません。
決済システムのみを提携企業に提供して、全世界にシェアを広げています。

米国のTHE NILSON REPORT社調べによる各国際ブランドのシェアは、次にようになっています。

【6大国際ブランドの世界シェア】

VisaMastercardAmerican ExpressDiners ClubJCB中国銀聯
会員数45.0%34.9%4.7%0.3%3.3%11.8%
ショッピング取扱高45.7%30.5%13.9%0.5%1.7%7.7%

 

国際ブランドを変更できないクレジットカードもある

クレジットカードによって、国際ブランドの変更ができるカードとできないカードがあります。

例えば、三井住友カードや、JCBカードはブランドそのもののクレジットカードなので、当然無理ですね。

その他にも、楽天カードのように一度発行してしまうと、他の国際ブランドへの変更ができないというカードもあります。
その場合、現カードを解約して新規カードの申込手続きが必要となります。

国際ブランドの変更ができるかできないかは、カード会社によって異なるので、手持ちのカードについて確認しなければなりません。

国際ブランドが変更可能なカードであれば、申込手続きはとても簡単!
カード裏に記載されているサポート窓口へ連絡をするだけで、変更手続きができます。

 

国際ブランドを変更すると起こるデメリット

国際ブランドを変更すると、クレジットカード自体が変わることになります。

現カードを破棄し新しいカードを使うわけですが、ここで注意しなければならないことが2点あります。

  • クレジットカードの番号が変わる
  • 再度審査が行われる場合がある

クレジットカードの番号は、その決済システムをもつ国際ブランドが管理しています。
ブランドが変更されれば、当然ながら番号も変わります。

公共料金や携帯料金の支払いにカードを使っている場合には、すべて変更手続きを行なわなければなりません。

また、国際ブランドの審査基準はそれぞれ異なります。
ブランドの変更にあたっては、再度審査が必要となる場合があるため、万が一審査基準を満たしていなければ、カードが使えなくなるということも・・・。

クレジットカードの利用状況に不安があったり、勤務先を退職していたりという時は、安易にブランド変更の申込をしない方が良いでしょう。

 

クレジットカードの審査について確認

国際ブランドによる審査の差異はある?

基本的には、クレジットカードをつくるときの審査は、発行するカード会社が行います。
そのため、国際ブランドによる審査の違いや、カードのつくりやすさ、審査の通りやすさといったものにそれほど違いがないといわれています。

それでもJCB提携カードの場合、提供元であるJCB側の審査基準も加えられるといったことはあります。
JCBを選択すると審査通過しづらいという話が、まったくないとはいえません。

一方、JCB、American Express、Diners Clubの自社カード発行にあたっては、それぞれの企業が独自の審査基準で判断を行います。
こちらはVISAやMasterCardといったブランドと比較すると、難易度が高いという見方が一般的です。

 

クレジットカードの審査方法

クレジットカードの申込審査で重要視されるのは、次の3ポイント。

  1. 安定収入
  2. 返済能力
  3. 定まった居住場所
年齢、年収、勤務先、勤続年数に加えて、住居の形態や居住年数も記載が必要になります。
また、固定電話の有無も審査通過に影響するようです。

返済能力についてチェックされるのは、個人の信用情報。
「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「指定信用情報機関(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)」の3つの個人信用情報センターには、これまでのクレジットカード利用履歴、ローンの借り入れ状況などが保管されています。

クレジットカードの利用状況は過去24か月分が記録されており、各カード会社は個人信用情報センターに照会し、返済の遅延や信用事故の有無を確認します。

頻繁に返済遅延をしている人が他のカード会社で新規申込をしても、審査通過が難しいのはこのためです。

 

まとめ

クレジットカードを利用していて、「やっぱり別の国際ブランドの方が良かった」と考えることがあるかもしれません。

カードによって国際ブランドの変更は可能ですが、実際にはブランド変更よりも、新規カードを取得する方が簡単な場合も多いようです。

国際ブランドの変更についてはデメリットもあるので、よく検討してから着手するのが良さそうですね。


国際ブランドについて知った後は「国際ブランド別おすすめクレジットカード比較」でおすすめのクレジットカードをご覧ください。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。