ANAカードで限度額を上げる方法|提携カード別まとめ&増額のコツ

ANAカードの限度額

ANAカードと一口に言っても提携会社ごとに発行されているため、限度額の確認方法はそれぞれ異なります。

今回は、ANAの提携カード別「限度額の確認方法」「限度額の増額方法」をまとめました。

スムーズに限度額を上げるためのコツや、限度額についての基礎知識もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

美咲
こんにちは、美咲です!
ANAカードっていろんなカード会社から発行されてるんですね~。
限度額もやはりカードによって違うんですか?
ガマ蔵
限度額はカードランクにもよるやろけど、普段のカードの使い方も見るさかいにしっかり利用してきちんと支払うっちゅうのが一番大事なポイントや。
いざ限度額を上げたいと思ったときに慌てんようにしとかなあかんな。

ということで、まずはクレジットカードの限度額の内訳について見てみましょう!

クレジットカードの限度額についての基礎知識

クレジットカードの限度額の内訳には、「ショッピング枠」「キャッシング枠」が含まれます。

クレジットカードの「総利用可能枠」が50万円、その中に「ショッピング枠」が50万円「キャッシング枠」が20万円と設定されている場合を例にします。
クレジットカードの限度額

ショッピング枠とキャッシング枠は合算して利用できるわけではなく、総利用可能枠の50万円を上限とした使い方しかできません

そのため、ショッピングで50万円を利用した場合、キャッシングの利用はできなくなります。

また、リボ払いや分割払いはショッピング枠の中に含まれます。
ここでのショッピング枠の50万円というのは、すべてを一括払いにした場合に利用できる金額です。

例えばリボ払い・分割払いの上限が30万円に設定されていても、ショッピング一括払いをすでに40万円分利用している場合、リボ払い・分割払いで利用できるのは10万円になります。

 

「ショッピング枠」「リボ・分割払い利用枠」「キャッシング枠」は、あくまでそれぞれに利用できる上限が設定されているだけであり、クレジットカード総利用可能枠がすべてを含めた上限額になるというわけです。

そして、リボ払い・分割払いを利用する際はさらに注意が必要です。

リボ払いや分割払いを利用すると、実際に利用した金額に支払い日までの日割りで利息が加算されるので、いつの間にか限度額を超えてしまう可能性があります。

限度額をしっかり把握し、計画的に利用しましょう。

 

ANAカードの限度額確認方法

さまざまな提携会社の代表的なANAカードをピックアップしました。

ここからは、ANA提携カードごとに異なる限度額の確認方法をご紹介していきます。


各ANAカードについての特徴を確認するなら、「ANA提携のおすすめクレジットカード比較」のページを参考にしてみてください!

 

ANAダイナースの場合

ANAダイナースはショッピング1回払いについて、限度額に一律の制限を設けていません
利用状況や支払い実績などにより個別に設定されているのです。

ただし制限がないわけではないので、冠婚葬祭や海外旅行、高額商品の購入を考えている場合は事前にオーソリセンターに電話をして相談しておくといいでしょう。

補足説明

  • 増額の申し込み連絡は、カード利用日の10日程前に済ませておきましょう。
  • 長期になる海外旅行の場合、増額を受け付けてくれない場合があります。
  • ショッピングリボ利用可能枠、キャッシング・ローン利用可能枠は、それぞれ所定の審査により契約カードごとに設定されます。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの場合

アメックスもダイナースと同様、一律の利用限度額の設定はされていません
カードの利用実績や支払い実績によって変動します。

旅行前や大きな買い物の前に限度額が気になった場合、「オンライン・サービス」にて限度額の確認が可能です。

「オンライン・サービス」での限度額確認方法
  1. 「マイ・カードサービス」で「カードご利用可能額の確認」を選択。
  2. 「ご利用予定金額」に希望のを金額を入力し、「確認する」を選択。
  3. 入力した金額が利用可能。
注意説明

  • 不正使用防止のため、1日に確認できる回数に制限があります。
  • 回数が一定以上に達した場合は24時間以上あける必要があります。
補足説明

「オンライン・サービス」を利用するには事前の登録が必要となります。

 

ANA VISAカードの場合

ANA VISAカードは、オンラインサービス「Vpass」、電話で限度額の確認ができます

電話での確認方法は「ご利用案内デスク」と自動音声応答「スマートダイヤル24」があります。

「ご利用案内デスク」の場合はつながりにくい時間帯もあるので、早く確認したいのであれば「スマートダイヤル24」がおすすめです。

Vpassで限度額の確認・増額申し込み
アクセス後、トップページ左側のメニューから「ご利用可能額を確認する」または「ご利用枠を引き上げる」から入ってそれぞれ確認や手続きができます。
スマートダイヤル24で限度額の確認
  1. 音声ガイダンスに従って、サービスコード【12】を入力
  2. 会員番号16ケタを入力
  3. 暗証番号4けたを入力
  4. 希望のメニューを選択 ⇒ ショッピングの可能額の場合メニューコード【1】/キャッシングリボの可能額の場合メニューコード【3】
補足説明

  • 「Vpass」を利用するにはログインが必要です。
  • 海外キャッシュサービスの利用可能額はVpassからのみ確認ができます。

 

ANA JCBカードの場合

会員専用WEBサービス「MyJCB」で、「利用可能額の確認」「利用可能枠の設定」「利用可能枠の増枠申請」ができます。

「MyJCB」で限度額の確認・変更・設定をする
メニューにある「カード利用状況」⇒「ご利用限度額の照会・変更」

また、電話の「JCBお支払い金額・ご利用残高および可能額案内サービス」でも照会可能です。

「JCBお支払い金額・ご利用残高および可能額案内サービス」で確認
  1. 専用ダイヤルにかける
  2. カード番号を16ケタと暗証番号を入力
  3. 利用可能額の確認【3】を入力。暗証番号が不明な場合、会員本人からのみ「JCB暗証番号サービス」で照会手続きができます。手続き後、後日郵送にて書面でお知らせとなります。

 

楽天ANAマイレージクラブカードの場合

会員専用サービス「楽天e-NAVI」から、「お支払い(ご利用明細)メニュー」の「ご利用可能額の照会」で限度額の確認ができます

または自動音声専用ダイヤルから通話料無料で照会も可能です。

「楽天カード自動音声専用ダイヤル」で確認
  1. 「ご利用可能額の照会」ダイレクト番号【3100】を入力
  2. カード番号16ケタと生年月日4ケタを入力
  3. 音声ガイダンスに従って希望の利用可能額を照会メニュー番号から入力
  4. 問い合わせた時点での利用可能額の案内が流れる

 

限度額を上げるためのコツ

限度額を上げる際、カード会社は「どのようにクレジットカードを利用しているのか」また「きちんと支払いをしているか」を確認します。

普段から優良なクレヒスを積む使い方をしていれば、自動的に限度額が上がっている場合があります。

自動的に限度額を上げるタイミングはカード会社により異なり、定期または不定期におこなわれるので、早く限度額を引き上げたい場合は申し込む必要があるというわけです。

その場合もこれまでのクレジットカードの使い方を見直すことをおすすめします。

新しくANAカードを作った場合は、半年ほど経ってから限度額の増額を申し込むとよいでしょう

 

まとめ

ANAカードは提携カードのため、提携会社ごとに限度額の確認方法や増額方法が異なります。

基本的にはどのANAカードも限度額を上げたい場合は優良なクレヒスが大事なポイントです。

限度額を上げる必要が出てからではなく、普段からANAカードを上手に使っておくようにしましょう。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。