ANAカードの家族カード|基本情報とお得なメリットを解説!

ANAカードの家族カード

ANAカードの家族カードはこんな人におすすめ

ANAカードを利用している

夫婦または家族で効率よくANAマイルを貯めたい

ANAカードの特典で少しでもお得に旅行がしたい

ANAマイルを貯めたいならぜひ持っておきたいのがANAカードです。

もし家族がANAカードを持っているなら、家族カードを作るのがおすすめです!
本会員と同じお得なサービスや優遇を受けることができ、効率よくANAマイルをためることができますよ。

他にもANAカードの家族カードにはさまざまなメリットがあるのです。

美咲
こんにちは、美咲です。
今度、家族で海外旅行に行くのでやっぱり一人ずつクレジットカードを作ったほうがいいですかね?
ガマ蔵
それなら家族カードっちゅう選択肢もあるで!
でも注意点もあるさかい、今回は家族カードについてみてこか~

というわけで今回は、ANAカードの家族カードについてたっぷりご紹介していきます!

 

ANAカードの家族カードの基本情報

本会員と家族カードをあわせて利用すれば、海外へ家族旅行に行くときなどにANAマイルがとっても貯まりやすくなります!

ANAカードの家族カードの申し込み入会資格は、公式ページで以下のように明記されています。

本会員と生計を同一にする配偶者・ご両親・お子様(高校生を除く18歳以上)の方。

 

ANAカードの家族カードの各年会費と搭乗ボーナスマイルは以下のようになっています。

カード 本会員の年会費(税込) 家族カードの年会費(税込) 搭乗ボーナスマイル
ANA JCB一般カード 2,200円 1,100円 区間基本マイレージクラス・運賃倍率×10%
ANA VISA Suicaカード 2,200円 発行不可
ANA VISA nimocaカード 2,200円 1,100円 区間基本マイレージクラス・運賃倍率×10%
ANA JCBワイドゴールドカード 15,400円 4,400円 区間基本マイレージクラス・運賃倍率×25%
ANAダイナースカード 29,700円 6,600円 区間基本マイレージクラス・運賃倍率×25%
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 7,700円 2,750円 区間基本マイレージクラス・運賃倍率×10%
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 34,100円 17,050円 区間基本マイレージクラス・運賃倍率×25%

ANAカードについて詳しくは「ANA提携のおすすめクレジットカード比較」ページで紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

家族カードのメリット

ANAカードの家族カードの基本情報について紹介した後は、利用すると一体どのようなメリットがあるのか紹介します。

家族でANAマイルを合算できる!「ANAカードファミリーマイル」

ANAカードファミリーマイルとは、本会員と家族がそれぞれ貯めたマイルを合算し、特典交換に必要なマイルを利用できるサービスです。

ファミリーマイル
家族会員のマイルを合算することで、本会員のマイルだけでは届かなかった特典も利用することができます!

補足説明

マイルは本会員を含めて最大10名まで合算することが可能

ファミリーマイルを活用し、利用できる特典はこちらです。

特典一覧
  • ANA国内・国際線特典航空券
    (往復:12,000マイルより利用可能)
  • ANA国際線のアップグレード特典
    (片道12,000マイルから利用可能)
  • 提携航空会社 特典航空券
    (往復:15,000マイルより利用可能)
  • ANA SKY コインへの交換
ANA SKY コインはANAのWEBサイトから航空券や旅行商品の支払いに利用できる電子クーポンとなっており、1マイル1コインに交換が可能です。

ANAカードファミリーマイルを利用するには、登録手続きが必要となるので登録・申込方法の流れはこちらをご確認ください。

補足説明

  • このサービスは「18歳未満の子どもがいる家庭」はもちろんのこと「夫婦2人」でも登録が可能となっています。
  • 日本在住のANAカード本会員およびその家族で生計を同一する配偶者や同性パートナー、一親等以内の家族がサービス対象です。

 

家族会員も利用できるANAの割引サービス

ANAカード会員のサービスにはさまざまあり、その内の一つ「割引サービス」も家族会員に適用されています。

割引サービス一覧
  • 空港内店舗「ANA FESTA」で1,000円以上のお買い物をすると5%OFF
  • ANA国内線・国際線の機内販売の商品1,000円以上のお買い上げで10%OFF
  • ANAショッピングサイト「A-style」でお買い物すると5%OFF
そして空港内免税店「ANA DUTY FREE SHOP」または高島屋「SHILLA&ANA」でのお買い物をすると、最大10%OFF(ANA一般カードは5%OFF)になります。

このような優待割引もANAカードの家族カードでも受けることが可能です。

 

家族カードの注意点

ガマ蔵
家族カードはメリットが多いんやけど、注意点もあるんや!

限度額はそれぞれあるわけではない

本会員と家族カードの限度額は別々ではなく、本会員と共有になります。
たとえば家族カード1枚を発行し、本会員の限度額が30万円だとすると、2人で30万円の限度額ということになります。

そのためお互いの利用額を把握せずにカードを使いすぎてしまうと、限度額が足りなくなってしまう可能性もあります。

限度額をもっと上げたいという場合は、それぞれが別のクレジットカードを持ったほうがいいでしょう。

 

お互いのカード利用履歴がわかってしまう

カード利用料金の請求は本会員と家族カードは一緒に来るため、お互いが何にカードを利用したか筒抜けになります。

家計簿をまとめてつけている場合は便利ですが、家族内でもプライバシーを守りたい人には向かないといえます。


ここまでANAカードの家族カードについて基本情報やメリット、注意点について知った後は、申し込み方法について確認していきましょう。

家族カードの申し込み方法

家族カードの申し込み方法は、以下の2パターンになります。

  • 本会員が新規でカードを申し込むときに同時に家族カードを申し込む
  • 本会員入会後に追加で家族カードを申し込む

本会員の入会と同時に申し込む場合

家族カードを本会員の入会と同時に申し込みする場合は、WEBから申し込みフォームに入力する際に家族カードの申し込みが可能です。

「ANAダイナースカード」「ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」の家族カードを申し込む場合は、ANAマイレージクラブ・サービスセンターまで入会申込書を請求します。
入会申込書が届いたら、「家族会員」申込欄に必要事項を記入して提出しましょう。

 

本会員入会後に追加する場合

ANAカードの家族カードを後から申し込む場合は、各カード会社のWEBサイトから申し込むことが可能です。

または各カード会社に請求して、家族会員専用申込書を送付してもらい、記入して返送すれば申し込みをすることができます。

各カード会社のWEBサイトは以下になります。(ANAアメリカン・エキスプレス・カード)のみ電話番号になります)

まとめ

ANAカードの家族カードは、家族旅行などでANAマイルを貯めたい人におすすめです。
家族カードは本会員と合算して請求が来るため、家計管理にはとても便利です。

また家族カードは本会員と同等のサービスを比較的安い年会費で利用することができます。
ANAカードを利用しているなら、この機会に家族カードを作ってみてはいかがでしょうか。


家族カードの詳細についてはこちらもご覧ください。

家族カード一挙解説

家族カード丸わかり!メリット・おすすめクレジットカードを一挙紹介

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。