ANAとJALどっちのマイルがおすすめ?貯まり方・使い方を比較!

ANAマイルとJALマイル比較

「マイルを貯めたいけれど、ANAマイルとJALマイル、どちらを選べばいいのかわからない……」という方、必見!

マイルを貯める方の多くは特典航空券への交換を主な目標にしているのではないでしょうか。

特典航空券を早く手に入れるためにも、なるべくお得に必要マイル数を貯めたいですよね。

飛行機に乗ってマイルを貯めたいという場合は、利用する航空会社がどの都市に乗り入れているかもどちらのマイルを貯めればいいのかの重要な判断材料になります。

そこで今回は、国内線・国際線の就航都市の違い、特典航空券への交換のしやすさやマイルの有効期限について徹底比較していきます。

また、飛行機利用の多い方はもちろん、お買い物でマイルを効率的に貯めるにはクレジットカードが必須!

クレジットカードなら、現金払いでは貯まらないボーナスマイルやショッピングマイルをお得に貯めることができます。

ANAマイル・JALマイルがそれぞれ貯まりやすいクレジットカードの特徴も知って、自分に合ったマイルを選びましょう!

編集部:石田

クレジットカードを使うことで、より効率よく、飛行機に乗らなくてもマイルを貯めることができますよ。

マイレージプログラムを選ぶ基準

各航空会社のマイレージプログラムにより、フライトや旅先での利用で「マイル」が貯まり、貯まったマイルは特典航空券や座席のアップグレード電子マネーなどに交換することができます。

飛行機の搭乗で貯まるフライトマイルは、ANAもJALも基本的に以下の計算方法で貯まります。

搭乗区間の区間マイル×利用運賃(または予約クラス)のマイル積算率

当たり前ですがフライトマイルを貯めるには飛行機に乗らなくてはいけません。
そのため、各航空会社の就航都市も知っておくことが大事。

さらに貯まったマイルの使い道でメインとなる「特典航空券への交換のしやすさ」も要チェック。
自分の行きたい場所へはどのくらいのマイルが必要なのか、どの時期だとお得なのかを見ておきましょう。


ここからは「就航都市の数」「ANAマイル・JALマイルの特徴」「ANAカード・JALカードの特徴」について比較し、それぞれどちらのマイルやカードを選ぶのがベストなのかを解説していきます。

 

ANA・JALを就航都市の数で比較

着陸する飛行機
編集部:石田

効率よくフライトマイルを貯めるには、自分がよく行く都市に利用する航空会社の飛行機が乗り入れていなければ意味がありません。
まずはANAとJALそれぞれの就航都市を確認しておきましょう。

  ANA JAL
北海道
  • 新千歳
  • 利尻
  • 稚内
  • オホーツク紋別
  • 女満別
  • 旭川
  • 根室中標津
  • 釧路
  • 帯広
  • 函館
  • 女満別
  • 旭川
  • 釧路
  • 帯広
  • 新千歳
  • 函館
  • 丘珠
  • 利尻
  • 奥尻
東北
  • 青森
  • 大館能代
  • 秋田
  • 庄内
  • 仙台
  • 福島
  • 青森
  • 三沢
  • 秋田
  • 花巻
  • 山形
  • 仙台
  • 庄内
関東・中部
  • 成田
  • 羽田
  • 八丈島
  • 静岡
  • 新潟
  • 富山
  • 小松
  • 能登
  • 中部
  • 新潟
  • 成田
  • 羽田
  • 松本
  • 小松
  • 静岡
  • 中部
  • 小牧
関西・中国・四国
  • 伊丹
  • 関西
  • 神戸
  • 岡山
  • 広島
  • 岩国
  • 山口宇部
  • 鳥取
  • 米子
  • 萩・岩見
  • 高松
  • 徳島
  • 高知
  • 松山
  • 伊丹
  • 関西
  • 神戸
  • 南紀白浜
  • 但馬
  • 岡山
  • 広島
  • 山口宇部
  • 出雲
  • 隠岐
  • 徳島
  • 高松
  • 高知
  • 松山
九州・沖縄
  • 福岡
  • 北九州
  • 佐賀
  • 大分
  • 熊本
  • 長崎
  • 対馬
  • 壱岐
  • 五島福江
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 宮古
  • 石垣
  • 那覇
  • 福岡
  • 北九州
  • 大分
  • 長崎
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 種子島
  • 天草
  • 屋久島
  • 喜界島
  • 奄美大島
  • 徳之島
  • 沖永良部
  • 与論
  • 那覇
  • 北大東
  • 南大東
  • 久米島
  • 宮古
  • 多良間
  • 石垣
  • 与那国
  • 下地

国内線ではANAが53空港JALが62空港に就航しており、JALのほうが多くの都市に就航しています。

主要空港はANA・JALどちらも利用できますが、地方に行く機会が多い方は利用したい空港の有無を把握しておきましょう。

 

  ANA JAL
ヨーロッパ・中近東
  • ロンドン
  • パリ
  • フランクフルト
  • デュッセルドルフ
  • ミュンヘン
  • ブリュッセル
  • ウィーン
  • ウラジオストク
  • ミラノ
  • ストックホルム
  • モスクワ
  • イスタンブール
  • ロンドン
  • パリ
  • フランクフルト
  • ヘルシンキ
  • モスクワ
  • ウラジオストク
東南アジア・南アジア・インド・オーストラリア
  • デリー
  • ムンバイ
  • チェンナイ
  • ヤンゴン
  • プノンペン
  • マニラ
  • ハノイ
  • バンコク
  • ホーチミンシティ
  • クアラルンプール
  • シンガポール
  • ジャカルタ
  • シドニー
  • パース
  • デリー
  • ベンガルール
  • ハノイ
  • バンコク
  • ホーチミンシティ
  • クアラルンプール
  • シンガポール
  • ジャカルタ
  • マニラ
  • シドニー
  • メルボルン
東アジア
  • 北京
  • 大連
  • 上海(虹橋)
  • 上海(浦東)
  • 広州
  • 瀋陽
  • 杭州
  • 厦門
  • 成都
  • 深圳
  • 香港
  • 台北(桃園)
  • 台北(松山)
  • ソウル(金浦)
  • 北京
  • 天津
  • 大連
  • プサン
  • 上海(虹橋)
  • 上海(浦東)
  • ソウル(金浦)
  • 台北(桃園)
  • 台北(松山)
  • 広州
  • 香港
  • 高雄
アメリカ・カナダ・中南米
  • ヒューストン
  • ワシンドンD.C.
  • サンフランシスコ
  • サンノゼ
  • シアトル
  • ロサンゼルス
  • バンクーバー
  • ニューヨーク
  • メキシコシティ
  • ホノルル
  • バンクーバー
  • シアトル
  • サンフランシスコ
  • ロサンゼルス
  • サンディエゴ
  • ダラス
  • シカゴ
  • ボストン
  • ニューヨーク
  • ホノルル
  • コナ
  • グアム
注意事項 コロナの影響で開設予定路線が現時点で延期になっている場合があるのでご注意ください。

国際線はANAが51都市JALが41都市で、ANAのほうが多くの都市に就航しています。

ただし、各航空会社でしか就航していない都市もあるので、どの都市への路線を多く利用するかで判断するのもおすすめです。

また、ANAとJALは世界の航空会社が提携するアライアンスにそれぞれ加盟しており、2021年1月時点の加盟数は以下のとおり。

  • スターアライアンス:ANAを含めてユナイテッド航空など26の航空会社が加盟
  • ワンワールド:JALを含めてアメリカン航空など13の航空会社が加盟
ANAマイルとJALマイルは各提携航空会社で使える特典航空券に交換することもできるので、海外へ渡航する機会が多い方は利用したい航空会社がどちらに加盟しているかも要チェック!

 

ANA・JAL就航都市の比較まとめ

地方の小規模空港を利用する方はJALがおすすめ

海外への渡航が多い方はANAがおすすめ

国内の主要空港を利用するだけならANAでもJALでも変わりはありませんが、小規模空港を利用する方ならJALがおすすめです。
特に九州・沖縄エリアの空港数はJALがダントツ

また、海外各国への渡航でマイルを貯めたいという方はANAがおすすめです。

 

ANAマイルとJALマイルを比較

マイルは特典航空券への交換や国際線の座席アップグレードなどに利用可能

ここからは、それぞれどちらのマイルでお得に交換できるのか比較していきます。

また、貯まったマイルを効率よく使うためにも、各マイルの有効期限についても確認しておきましょう。

 

特典航空券に交換しやすいのはどっち?

フライト

国内線と国際線、それぞれに必要なマイル数は以下のとおりです。

国内線・往復・普通席
区間 東京-大阪 東京-札幌 東京-沖縄 東京-石垣
ANA 10,000~15,000マイル 12,000~18,000マイル 14,000~21,000マイル 17,000~23,000マイル
JAL 12,000マイル 15,000マイル 15,000マイル 20,000マイル
国際線・往復・エコノミーシート
区間 東京-北京 東京-ハワイ 東京-ロサンゼルス 東京-ロンドン
ANA 17,000~23,000マイル 35,000~43,000マイル 40,000~55,000マイル 45,000~60,000マイル
JAL 20,000~156,000マイル 40,000~214,000マイル 50,000~234,000マイル 45,000~282,000マイル

国内線は往復でANAが10,000マイルから、JALが12,000マイルから交換可能

表にある各区間の必要マイル数の最少が閑散期、最大が繁忙期となっており、国内線の場合は閑散期であればANA、繁忙期ならJALの方がお得ということになります。

国際線の場合は最少マイル数でみるとANAの方が区間によってはお得に交換することが可能です。

補足説明

国際線のJALで設定されている必要マイル数の最大値は、「JAL国際線特典航空券PLUS」利用時のものです。

JAL国際線特典航空券PLUSは予測残席に応じて変動する追加マイルで、このマイル数を支払えば基本マイル数で予約できる席に空きがない場合でも予約が可能となります。

 

JALの「どこかにマイル」なら往復6,000マイルで利用可能!

JALでは国内線の特典航空券を交換する場合、通常12,000マイル以上が必要なところ、半分以下の6,000マイルで往復の航空券と交換できる「どこかにマイル」が利用できます

ただし、行き先がどこになるかはJALにおまかせ

予約時に4つの行き先候補地がわかりますが、最終的にどこへ行くことになるかはJALが決定するというサービスとなっており、少ないマイルで国内旅行を楽しみたい方におすすめの使い方です。

編集部:石田

「どこに行くかわからない」というのもドキドキして面白いかもしれませんね。
普段なら選択肢に入らない土地に行くことがあるかも。

 

国際線の座席アップグレードに必要なマイル数の比較

ファーストクラス

マイルの使い道のひとつである国際線の座席アップグレードは、ANAもJALも片道9,000マイルからできます。

以下の表に東京発着での必要マイル数を一部抜粋しました。

  ANA JAL
北京
  • プレミアムエコノミー:9,000
  • ビジネスクラス:12,000
  • ファーストクラス:20,000
  • プレミアムエコノミー:9,000
  • ビジネスクラス:12,000
  • ファーストクラス:25,000
シドニー
  • プレミアムエコノミー:20,000
  • ビジネスクラス:25,000
  • ファーストクラス:40,000
  • プレミアムエコノミー:15,000
  • ビジネスクラス:25,000
  • ファーストクラス:38,000
パリ
  • プレミアムエコノミー:20,000
  • ビジネスクラス:28,000
  • ファーストクラス:45,000
  • プレミアムエコノミー:20,000
  • ビジネスクラス:33,000
  • ファーストクラス:48,000
ホノルル
  • プレミアムエコノミー:15,000
  • ビジネスクラス:20,000
  • ファーストクラス:35,000
  • プレミアムエコノミー:15,000
  • ビジネスクラス:25,000
  • ファーストクラス:30,000
ロサンゼルス
  • プレミアムエコノミー:20,000
  • ビジネスクラス:25,000
  • ファーストクラス:40,000
  • プレミアムエコノミー:20,000
  • ビジネスクラス:30,000
  • ファーストクラス:45,000

区間によってはANAとJALそれぞれ安く済むものもありますが、全体的に大きな差はあまりありません。

注意事項

国際線特典航空券と座席アップグレード特典の併用はできません。

 

マイルの有効期限はどちらも同じ

マイルの有効期限はANAとJAL、どちらも36か月間と同じです。

しかし、せっかく貯まったマイルも有効期限内に利用できないと意味がありません。

特典航空券は必ずしも好きな時期の好きな区間のものが取れるわけではないので、交換までに有効期限が切れないか気になるところ。

もし有効期限が切れそうな場合はANAならANA SKYコイン、JALならe JALポイントへマイルを一旦交換することで、有効期限をさらに12か月間引き延ばすことができます

交換したANA SKYコインやe JALポイントは航空券の購入に利用可能です。

 

ANAマイル・JALマイル比較まとめ

特典航空券の交換⇒繁忙期はJAL、閑散期はANAがお得

国内のどこかへの旅行でお得に利用したい⇒JALの「どこかにマイル」がおすすめ

国際線の座席アップグレード⇒ANAもJALも大きな差はない

マイルの有効期限⇒ANAもJALも同じ36か月間(どちらも12か月間の延長が可能)

 

ANAカードとJALカードを比較

お買い物メインでマイルを貯めたいという方には、クレジットカードが欠かせません。
さらに、ANAカードやJALカードでは入会・継続・搭乗時にボーナスマイルのプレゼントもあるので、飛行機に乗る機会が多い方もより多くのマイルを効率よく貯めることができるのでおすすめです。

また、年会費や付帯保険などカードのグレードで違いがある部分も要チェック!

ここからは、ANAカードとJALカードの特徴をそれぞれ比較していきます。
自分にとって使いやすく、マイルを貯めやすいカードを見つけるためにぜひご覧ください。

ここでご紹介している各カードのグレードについては以下のとおり。

グレード ANAカード JALカード

一般カード 普通カード
ワイドカード CLUB-Aカード
ゴールドカード CLUB-Aゴールドカード
プレミアム プラチナ

 

ボーナスマイルの比較

各カードのグレード別に獲得できるボーナスマイルは以下のとおり。

カードの種類 ANAカード JALカード
入会ボーナスマイル
  • 一般カード:1,000マイル
  • ワイドカード:2,000マイル
  • ゴールドカード:2,000マイル
  • プレミアム:10,000マイル
  • 普通カード:1,000マイル
  • CLUB-Aカード:5,000マイル
  • CLUB-Aゴールドカード:5,000マイル
  • プラチナ:5,000マイル
継続ボーナスマイル
  • 普通カード:1,000マイル
  • CLUB-Aカード:2,000マイル
  • CLUB-Aゴールドカード:2,000マイル
  • プラチナ:2,000マイル
搭乗ボーナスマイル
  • 一般カード:10%
  • ワイドカード:25%
  • ゴールドカード:25%
  • プレミアム:50%
  • 普通カード:10%
  • CLUB-Aカード:25%
  • CLUB-Aゴールドカード:25%
  • プラチナ:25%

各最高グレードのカード以外は、ANAカードに比べJALカードのほうが入会ボーナスマイルと継続ボーナスマイルを多くもらうことができます。

ただし、ANAカードはカードを持っているだけで入会・継続ボーナスマイルがもらえるのに対し、JALカードの場合は以下のように飛行機の搭乗が必要です。

JALカードでのボーナスマイル獲得条件
  • 入会ボーナスマイル:入会後の初搭乗時
  • 継続ボーナスマイル:獲得年の翌年最初の搭乗時

そのため、飛行機に乗る機会が少ない方はANAカードを選ぶ方が無難かもしれません。

 

年会費の比較

ANAカードとJALカードの年会費は以下のとおり。

  ANAカード JALカード
年会費(税込)
  • 一般:2,200円
  • ワイド:7,975円
  • ゴールド:15,400円~34,100円
  • プレミアム:77,000円~170,500円
  • 普通カード:2,200円
  • CLUB-Aカード:11,000円
  • CLUB-Aゴールドカード:17,600円
  • プラチナ:34,100円

このように、国際ブランドによってはANAカードのほうがJALカードよりも年会費が安く済む場合があります。

しかし、各カードにはショッピングマイルが通常の2倍貯まるサービスがあり、別途以下の年会費がかかります。

  • ANAカードの「2倍コース」:5,500円~6,600円(税込)
  • JALカードの「ショッピングマイル・プレミアム」:3,300円(税込)
補足説明

どちらのカードもゴールド以上は無料で2倍以上のマイルが貯まります。

そのため、年会費を抑えてマイル還元率を0.5%から2倍の1%にしたい方は、JALカードがおすすめです。

 

付帯保険の比較

  ANAカード JALカード
すべてのグレードで共通の付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内航空傷害保険
  • ショッピング補償
  • 国内旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険
ゴールド以上のグレードの付帯保険

【ゴールド、プレミアム限定】

  • 国内旅行傷害保険
  • 国内・海外航空機遅延保険

 

【CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナ限定】

  • JALカード海外航空便遅延 お見舞金制度
  • ショッピング保険
  • JALカードゴルファー保険

【JAL・JCBカード CLUB-Aゴールドカード、JALカード OPクレジット CLUB-Aゴールドカード、JAL・JCBカード プラチナ限定】

国内・海外航空機遅延保険

2つのカードの大きな違いは、ショッピング補償の付帯の有無が挙げられます。

ANAカードにはすべてのグレードにショッピング補償(海外)が付帯していますが、JALカードの場合はゴールド以上のカードしか付帯しません。

さらにANAカードなら、国際ブランドによっては下位グレードからショッピング補償(国内)も付帯
購入した商品の破損や盗難といった万が一の場合に備えておきたいという方は、ANAカードを選びましょう。

また、航空便の出発遅延や乗継遅延などに対応する保険が必要な方はどちらのカードもゴールドカード以上がおすすめです。

 

ANAカードはマイルの有効期限の引き延ばしができる

JALカードはカードの利用で直接マイルが貯まるのでポイントからの移行の手間が省ける反面、貯まってから36か月の有効期限となります。

対してANAカードならポイントからマイルへ移行するため、ポイントのまま貯めておけばマイルへ移行するまでの有効期限がプラスされるので、有効期限を最大限引き延ばすことが可能。

ただし、次にご紹介する学生・若者限定カード「JAL CLUB EST」や「JALカード navi」なら、他のカードよりも有効期限が長め、または無期限となっているので申し込み対象の方で時間をかけてマイルを貯めたい場合におすすめです。

 

学生・若者限定カードの比較

ANAカードとJALカードに、学生用・若者限定のカードがあります。

学生用カード比較
カード名 ANAカード(学生用) 学生専用JALカード navi
申し込み資格 18歳以上の学生※高校生を除く 18歳~29歳※高校生を除く
年会費 在学中は無料 在学中は無料
メリット 無料で還元率が1%にアップ(JCBのみ)
  • 特典航空券を最大6割引で交換可能
  • 入会特典:2,000マイルプレゼント
  • マイル有効期限が在学中は無期限
  • カード利用額に応じて最大2,500マイルのプレゼント
  • 対象の外語供御検定の合格で500マイルプレゼント
  • 卒業後にJALカードの継続で2,000マイルプレゼント

 

若者限定カード比較
カード名 ANA JCBカード ZERO 20代限定 JAL CLUB EST
申し込み資格 18歳~29歳※学生を除く 20歳~29歳
年会費 5年間無料

2,000円または5,000円

※別途カード種別ごとの年会費が必要

メリット 無料で還元率が1%にアップ
  • 毎年2,500マイルがもらえる
  • カード限定入会・搭乗ボーナスマイル:各1,000マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:5%プラス
  • 無料で還元率が1%にアップ
  • サクララウンジ(国内線)に年5回利用可能
  • マイルの有効期限が60か月に延長
  • JALビジネスクラス・チェックインカウンターが利用可能

それぞれのカードの特徴を簡単にまとめてみました。

学生用カード
  • 年会費はANAカード・JALカードのどちらも在学中は無料
  • ANAカードは無料で還元率を1%にできる
  • JALカードのほうが特典が多い
若者限定カード
  • ANAカードは5年間の期間限定で年会費が無料
  • JALカードはCLUB ESTの年会費とカード年会費が二重でかかるが特典が多い

学生用カード・若者限定カードともに、追加料金なしでマイル還元率をアップさせたい方はANAカード、特典が多い方がいいという方はJALカードがおすすめです。

 

ANAカード・JALカード比較まとめ

ANAカードとJALカードの主な特徴を以下にまとめました。

ANAカードの特徴まとめ

フライトの条件なしで入会・搭乗ボーナスマイルが貯まる

ポイントのままの状態とマイルに移行後とそれぞれの有効期限を最大限に引き延ばせる

どのグレードのカードも共通でショッピング補償が付帯する

 

JALカードの特徴まとめ

直接マイルが貯まるので移行の手間がない

還元率を1%にするための年会費が安い

学生・若者限定カードの特典が多い

飛行機に乗る機会が少ない方、時間をかけてマイルを貯めたい方はANAカード移行の手間を省き、早くたくさんのマイルを貯めていきたい方はJALカードでそれぞれのマイルを貯めるといいかもしれません。


ここまでANAカードとJALカードの特徴をご紹介しましたが、それぞれのカードにはグレードや国際ブランドなど豊富なバリエーションがあります。

多くの種類の中からどれを選べばいいかわからないという方のために、ここからはANAカードとJALカードの選び方をご紹介していきます。

 

ANAマイルを貯めたい方向けおすすめカードの選び方

ANAカードは以下のような目的別に選ぶのがおすすめ!

飛行機に乗る機会の多さや普段の使い方に注目して選びましょう。

飛行機に乗る機会が少ない方には「ANA JCB一般カード

電車やバスに乗る機会が多い方には「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)

年に何度も飛行機に乗る方には「ANA JCB カードプレミアム

 

JALマイルを貯めたい方向けおすすめカードの選び方

JALカードはグレード別に特徴が分かれるので、以下の選び方がおすすめです。

コスパに優れた「普通カード

ボーナスマイル増量の「CLUB-Aカード

ショッピングにも適した「CLUB-Aゴールドカード

最高級グレードの「プラチナ

学生におすすめの「JALカード navi

 

まとめ

ANAとJAL、どちらのマイルを選ぶかは「貯めやすさ」と「使いやすさ」が比較のポイント

どの都市や地域の空港を利用するかでマイルの貯まり方、どの時期の特典航空券を交換するかでマイルの使い方に差が出てくるかもしれません。

また、たくさんマイルを貯めるならボーナスマイルや特典・サービスのあるクレジットカードは必要不可欠です。

ANAマイルとJALマイル、ANAカードとJALカードの特徴を比較できたら、ぜひ自分の使い方に合ったカードを作って効率的にマイルを貯めていきましょう!

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。