ANAアメリカン・エキスプレス・カードの口コミ・評判と入会金/審査や特典等全まとめ

ゴールドじゃなくても空港ラウンジが無料!
ANAマイルが貯まるアメックスブランドカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
  • AMEX
ANAアメリカン・エキスプレス・カードはこんな人におすすめ!
  • 旅行に行く機会が多い人
  • ANAマイルを貯めたい人

ANAマイルを効率よく貯めることのできるアメックスブランドのクレジットカードです。

貯まったポイントは1,000ポイント=1,000マイルに交換することが可能です。
ポイントをマイルに移行するには「ポイント移行コース(年間参加費6,000円(税別))」に登録する必要があります。

また、ANAグループでのカード利用はポイント還元率が1.5倍になり、ポイントが貯まりやすいANAカードでもあります。

最終更新日:2020/3/19

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費(初年度) 7,000円(税抜) (7,000円(税抜))
審査/発行 約3週間
利用限度額 一律の制限なし
ポイント還元率 0.3~1%
ANAアメリカン・エキスプレス・カードを公式サイトでチェック
キャンペーン情報
  • 入会後3か月以内のカード利用で最大35,000マイル相当プレゼント!

ANAマイルが効率的に貯まるアメックスブランドのカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは入会時で1,000マイル、毎年のカード更新時にもそれぞれ1,000マイルのボーナスマイルがプレゼントされます。

また、ANAおよびANAが加盟するスターアライアンス各社の航空便に搭乗すると、区間マイレージの+10%がボーナスでもらえます。

  • 入会ボーナス:1,000マイル
  • 継続ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗ボーナス:区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

さらにANAグループでカードを利用すると、ポイントの付与率は1.5倍にアップします。

国内旅行傷害保険は最高2,000万円の補償、海外旅行傷害保険は最高3,000万円の補償があります。利用付帯になります。

<?php echo $tName;?>を公式サイトでチェック

ANAアメックスのメンバーシップ・リワードの特徴

「メンバーシップ・リワード」とはアメックスのポイントプログラムのことです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでの支払いでポイントが貯まるので有効活用しましょう。

 

ポイントの基本情報

  • ポイント加算レート:100円につき1ポイントカード利用1件ごとに換算
  • ボーナスポイント:ANAグループでの利用で1.5倍200円につき1ポイントの加算
  • 有効期限:最大3年間(ポイント移行コースに登録で無期限)

他のアメックスカードとの違いとして、ANAグループでのボーナスポイント が挙げられます。

ANAの航空券の購入、ANAの機内販売などのカード利用で、通常のポイント還元に加え200円につき1ポイントのボーナスポイントが貯まります。

ポイント還元率1.5%は数あるクレジットカードの中でも高還元なので、ANA利用時にはANAアメリカン・エキスプレス・カードがおすすめ!

 

マイルへの移行は「ポイント移行コース」の登録が必要

ANAアメリカン・エキスプレス・カードで貯めたポイントをマイルに移行するためには「ポイント移行コース」の登録が必要です。

ポイント移行コースにはそれ以外にもさまざまな特徴があるので、カードを申し込む前に必ず確認しておきましょう。

 

ポイント移行コースのメリット
  • ポイントをANAマイルに移行することができるようになる
  • ポイントの有効期限が無期限になる(未登録の場合は最大3年間)
  • ポイントの交換レートが上がる

ポイントの交換レートは以下のように変化します。

ポイントの使い道 登録時 未登録時
ANAマイルへの移行 1,000pt⇒1,000マイル -
航空会社での支払い 1pt⇒1円 1pt⇒0.3円
ホテル・旅行代理店などの支払い 1pt⇒0.8円
旅行関連以外の支払い 1pt⇒0.5円
American Express SafeKey参加加盟店での支払い 1pt⇒0.5~1円

 

上記のようにANAマイルへの移行・航空会社での利用で交換レートが高いのでおすすめです。

それ以外の利用や未登録の場合はポイントの価値が下がってしまいます。

 

ポイント移行コースのデメリット

年間参加費として6,000円(税抜)が毎年必要になるので、年会費と合わせると13,000円(税抜)かかります。

自動更新なので、ポイント移行コースを解約するためにはカード裏面の電話番号まで連絡しなければいけません。

<?php echo $tName;?>を公式サイトでチェック

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの安心のサポート

クレジットカードを使っていれば、何らかのアクシデントに見舞われるおそれがあります。

特に旅行先でのアクシデントは焦りますし、怪我や病気の治療費が高額になることもあります。

信頼のブランドであるアメックスには以下の保険等を利用できます。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの保険

担保項目 保険金
海外旅行傷害保険(利用付帯)
傷害死亡 最高3,000万円
傷害後遺障害 最高3,000万円
傷害・疾病治療 最高100万円
賠償責任 最高3,000万円
携行品損害 年間限度額100万円(免責金額3,000円)
救援者費用 最高200万円
国内旅行傷害保険(利用付帯)
傷害死亡 最高2,000万円
傷害後遺障害 最高2,000万円
ショッピング・プロテクション
利用条件 国内・海外(購入から90日以内)
年間限度額 200万円
自己負担額 1万円

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの保険はこのようになっています。

「国内・海外旅行傷害保険は両方とも利用付帯」「国内旅行傷害保険は傷害死亡・後遺障害のみ」という点にご注意ください。

 

3つのプロテクション

  • 不正プロテクション:不正利用分はアメックスが補償。
  • オンライン・プロテクション:ネットショッピングの不正利用分もアメックスが補償。
  • ショッピング・プロテクション:国内・海外で購入した商品の破損・盗難などを補償
<?php echo $tName;?>を公式サイトでチェック

空港ラウンジの利用がお得

空港ラウンジの利用がお得

ANAアメリカン・エキスプレス・カードには空港ラウンジサービスが付き、国内28空港とハワイ・ソウルの空港ラウンジを無料利用 できます。

空港での待ち時間が長くなっても、ラウンジを利用することでフライトを待つ時間もゆったり過ごすことができるでしょう。

ラウンジには軽食や充電のためのコンセント、場所によってはアルコールやシャワー室などが利用できることもあります。

空港ラウンジサービスは同伴者が利用する場合は別途料金を支払うことが多いですが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは同伴者1名も無料利用 できます。

家族や友人と旅行に行く場合、一緒に空港ラウンジを利用できるのは大きなメリット!

<?php echo $tName;?>を公式サイトでチェック

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのメリット

ここまでANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴をご紹介してきました。

ここからは、カードのメリット・デメリットについてまとめていきます。

 

高いステータス性とブランド力

アメックスのクレジットカードは持っていること自体がステータス というイメージがあります。

海外では「ステータス性の高いクレジットカードを持っている=この人物は信用できる」というイメージにつながることもあるのです。

 

アメックスの手厚いサービスを受けられる

ご紹介した通り、ANAアメリカン・エキスプレス・カードには保険や手荷物サービスが付いていますし、カードに関する問い合わせ窓口もあります。

アメックスには旅行向けの優待サービスが多いので、それらを活用すればより充実した旅行を楽しめるでしょう。

空港ラウンジ アメックス提携の空港ラウンジが同伴者1名と共に無料。
空港パーキング 空港へのアクセスが良好なパーキングを優待価格で利用可能。
空港クロークサービス カード会員1名につき2個まで手荷物を無料で預けられる。
手荷物無料宅配サービス 海外旅行から帰国した際、空港から自宅までスーツケース1個を無料配送。
大型手荷物宅配優待特典 海外旅行時、大型手荷物のお預かりが1,000円(税込)OFF。
サービスごとに利用できる対象空港が異なります。

 

ANAのサービスも受けられる

もちろんANAのサービスも受けられます。

免税店や機内販売を利用すればポイントが貯まるうえに割引もプラスされるのでお得です。

空港内免税店の割引 対象店舗で5%OFF。
空港内店舗「ANA FESTA」の割引 対象店舗で5%OFF。
機内販売の割引 ANA国内線・国際線の機内販売が10%OFF。
ANAショッピング A-styleの割引 5%OFF。
SKiPサービス ANA国内線利用の際、事前にスキップ予約を済ませておけば搭乗手続きが不要。
<?php echo $tName;?>を公式サイトでチェック

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

年会費が高い

年会費が格安のゴールドカードもある中、スタンダードなカードで7,000円(税抜)の年会費は比較的高額です。

クレジットカードの利用が多い方は、ポイント還元やボーナスマイルなどで元が取れることもありますが、使用頻度の低い人にとっては負担が大きくなってしまいます。

 

ポイント移行の手数料が高い

ポイントをマイルにするためにポイント移行コースに登録すると、参加費用として6,000円(税抜)かかります。

これも基本的に毎年支払う必要があるので、手数料としては高額です。

 

使える店舗が少ない

主要な国際ブランドの中でもアメックスはシェアが少ないため、店舗がアメックスに加盟していない(カードが使えない)ことがあります。

心配な方は、世界中で使えるVISAMastercard のクレジットカードも持っていくことをおすすめします。

 

ANAを使わないと利用価値があまりない

ポイントをマイルに移行し、貯めたマイルでお得な航空券を購入するのがANAアメリカン・エキスプレス・カードの効率的な使い方です。

さらにANA FESTAをはじめANAグループのショップは空港をメインに展開しているため、空港を使うことが少ない方にとってはメリットを感じることが少ないクレジットカードになってしまいます。
<?php echo $tName;?>を公式サイトでチェック

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの口コミ

性別・年齢 女性・50代以上
空港はもちろんさまざまなシーンでポイントが貯まるので非常にいいです

私は、会社の出張や旅行で飛行機を利用することが多くあります。

年間100万以上を使用しておりますが、ANAアメリカン・エキスプレス・カード を利用し始めてさらにお得に飛行機を使用できております。

理由は、ANAグループでの利用は通常よりポイントが多くつき、1.5倍以上になるからです。

私は航空会社はANAを利用しておりますので、かなりポイントが貯まっています。

今では嫌な出張も非常に前向きにいくことが出来ております。

次に、航空ラウンジも利用できる点はよかったです。

特別に、待遇があり、ラウンジで購入したコーヒーやお土産にもおとくにポイントがつきます。

さまざまなシーンで利用できるANAアメリカン・エキスプレス・カード は非常におすすめです。

 
性別・年齢 男性・40代以上
空港でのカードラウンジが利用できるのが便利で良い

海外出張が多い時期に入会しました。お得な点は2つです。

1つは空港でのカードラウンジが利用できたことです。

羽田、成田や国内空港では空港ラウンジが利用できます。

出発前にパソコンを利用してメールを打ったり、コーヒーやジュースを飲むことも、新聞、雑誌の閲覧も無料です。

2つ目は、マイルが貯まりやすい点です。

通常のマイルが1.5倍になります。

また通常のショッピングでもショッピングポイントを貯めて、マイルに移行することができます。

一方、不便な点は年会費が発生することと、ショッピングポイントをマイルに移行する際に手数料が発生してしまう点です。

マイルが貯まりやすいので、仕方ないのですが、利用する側からはカードサービスの手数料については見直しをしてほしいと思います。

<?php echo $tName;?>を公式サイトでチェック
ANAアメリカン・エキスプレス・カードを公式サイトでチェック

スペック表

基本情報

国際ブランド
  • AMEX
申込資格

20歳以上で定職につかれている方
※パート、アルバイト不可

審査/発行 約3週間
年会費 初年度 7,000円(税抜) -
2年目以降 7,000円(税抜) -
家族カード 初年度 2,500円(税抜) -
2年目以降 2,500円(税抜) -
ETCカード 初年度 無料 -
2年目以降 無料 -
発行手数料 850円(税抜) -
特典 -
法人追加カード 年会費 -
引落し口座 -
追加カード枚数 -

利用枠・支払い

利用限度枠 ショッピング 一律の制限なし 支払い方法 1回払い
キャッシング 一律の制限なし 2回払い
利率 ショッピングリボ
公式サイト参照
ボーナス払い
リボ払い -
キャッシング
公式サイト参照
分割払い
その他 -
締め日 毎月20日 支払日 翌月10日

電子マネー

電子マネー Edy -

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
付与率 100円 = 1ポイント
有効期限 移行された月から数えて36ヶ月後の月末まで
ポイント移行コースに登録後、有効期限が無期限になる
還元率 0.3~1% 最低交換条件 1,000ポイント
交換・還元方法 ANAマイル
ポイントモール名 -
提携ネットショップ トレンドマイクロ/日比谷花壇/ミキハウスチャオ/MoMAstoreなど

キャッシュバック

キャッシュバック機能 -

マイレージ

主な交換・移行可能マイレージ ANA
交換・還元率 1,000ポイント = 1000マイル マイルへの移行には、「ポイント移行コース」への登録が必要。 最低交換単位 1000ポイント以上/1000ポイント単位
移行手数料 6,000円(税抜/年間) ・ポイント移行コースへの参加費
・自動更新 移行日数 約2週間

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険 最高3,000万円 (利用付帯) ショッピング保険 年間最高200万円まで(国内/海外)
国内旅行傷害保険 最高2,000万円 (利用付帯)
ネット不正利用保険 航空便遅延保険 -
その他の保険・補償 -

引落し対応

電気 北海道電力/東京電力/中部電力/関西電力/中国電力/九州電力/沖縄電力
ガス 北海道ガス/京葉ガス/東京ガス/広島ガス/西部ガス
水道 各地域の水道局を参照ください
新聞 朝日新聞/毎日新聞/読売新聞/産経新聞/日本経済新聞
携帯電話・PHS NTT docomo/au/SoftBank/Y!mobile
固定電話 NTT東日本/NTT西日本/NTTコミュニケーションズ/KDDI/ソフトバンクテレコム
インターネットプロバイダー au one net/@nifty/OCN/ODN/JENS SpinNet/So-net/BIGLOBE/ぷらら/Yahoo!BB,/IIJ4U/IIJmoi/UQ WiMAX/Aol
受信料 NHK/J:COM/スカパー/WOWOWなど
その他 Yahoo!公共料金支払いなど

空港サービス

空港ラウンジ
利用
国内 28空港 プライオリティ
パス
国内 -
海外 1空港 海外 -

ロードサービス・ガソリン代特典

ロードサービス -
ガソリン代特典 スタンド -
特典内容 -
ANAアメリカン・エキスプレス・カードを公式サイトでチェック

このカードが掲載されているページ

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。