ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカード比較

飛行機だけじゃない!どんどんANAマイルが貯まるクレジットカードをご紹介
【迷ったらコレ!】ANA JCB一般カード

ANAと提携したJCBのスタンダードカード。
ANAマイレージクラブ・楽天Edy・JCBカードが一体になったクレジットカードなので、楽天Edyの支払いでもマイルが貯まります。
マイル還元率は通常0.5%と平均的ですが、機内販売や免税店の割引など旅行関連の特典が充実しているメリットがあります。

の公式サイトでチェック

ANAマイルが貯まるクレジットカードは2種類

ANAマイルを貯めることのできるクレジットカードは下記のように2種類あり、ライフスタイルや目的に応じてそれぞれメリットがあります。

  • ANA提携のクレジットカード
  • ポイントをANAマイルへ移行できる他社のクレジットカード

 

ANA提携クレジットカードの特徴

ANA提携のクレジットカードは、フライトでのマイルはもちろん、新規入会や継続特典でもボーナスマイルが獲得できます。

クレジットカードでの買い物や支払いでもマイルを獲得できるため、ANAをよく利用する人におすすめ!

ANA提携おすすめクレジットカード

 

ANAと提携していないクレジットカード

ANAとは提携していないクレジットカードでも、ポイントをANAマイルへ移行できることがあります。

普段飛行機を使う機会が少なくても、貯めたポイントをマイルに交換して旅行などに利用することが可能です。

カードごとに貯まるポイント付与率やマイルへの還元率は異なります。

公共料金の支払いや、普段からクレジットカードをよく利用する人ならいつの間にかポイントが貯まり、好きなタイミングでマイルに交換できるため利便性に優れているのが特徴です。

  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位

ANA JCB一般カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ANA JCBカードを初めて持つならこれ!

初年度年会費無料で最高1,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯。

ショッピングなどのカード利用でポイントやマイルが貯まるほか、電子マネー「楽天Edy」の利用でもマイルが貯まります。

他の国際ブランドと違い、10マイルコースの移行手数料が1,000円安いというメリットもあります。

ANAマイル獲得
  • 1,000円=Oki Dokiポイント1ポイント
  • 楽天Edyの支払いで200円=1マイル
  • 入会時:1,000ボーナスマイル
  • 更新時:1,000ボーナスマイル
  • 搭乗ボーナスマイル:10%ANA便に搭乗ごとの割り増しボーナスマイル
ANAマイル移行
  • 1ポイント=5or10マイル 10マイルコース登録で1ポイント=10マイル
  • 移行費用:無料 10マイルコースに登録の場合5,000円(税抜)/年間
その他おすすめポイント
  • Oki Dokiランド経由での買い物はポイントが最大20倍
  • 年間の利用金額に応じて翌年のポイント付与率がUP
  • 翼の形の「ANA QUICPay+nanaco」を申し込み可能
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 2,000円(税別) 1,000円 = 1ポイント EdyQuicpayPITAPA ANAJALデルタ航空 × × ×
キャンペーン情報
  • Apple Pay、Google Payの利用で20%キャッシュバック!上限1万円※2019年12月15日まで!※
ANA JCB一般カードの公式サイトでチェック
2位

ANA JCBワイドゴールドカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
マイルもサービスも充実のANAカード

一般カードでは5,000円(税抜)だった10マイルコースが無料!

「Oki Dokiポイントはマイルに交換する」という方にピッタリのゴールドカードです。

ボーナスマイルも2倍近くに増加しているうえに、保険の充実度も大幅アップ!

高額の年会費に見合うサービスを享受できます。

ANAマイル獲得
  • 1,000円=Oki Dokiポイント1ポイント
  • 楽天Edyの支払い・チャージで200円=1マイル
  • 入会時:2,000ボーナスマイル
  • 更新時:2,000ボーナスマイル
  • 搭乗ボーナスマイル:25%
ANAマイル移行
  • 1ポイント=10マイル
  • 移行費用:無料
その他おすすめポイント
  • 最高5,000万円以上の国内・海外旅行傷害保険(一部利用付帯)
  • 国内航空傷害保険(自動付帯):最高5,000万円
  • 国内・海外航空機遅延保険
  • ショッピングガード保険(国内・海外):最高500万円
  • 国内主要空港のラウンジを無料利用
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
14,000円(税別) 14,000円(税別) 1,000円 = 1ポイント EdyQuicpayPITAPA ANAJALデルタ航空
キャンペーン情報
  • Apple Pay、Google Payの利用で20%キャッシュバック!上限1万円※2019年12月15日まで!※
ANA JCBワイドゴールドカードの公式サイトでチェック
3位

ANAダイナースカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ANAをよく利用する方に最適!マイルが最も貯めやすいカード

日々のカード利用で貯まるダイナースクラブ リワードポイントは、100円=1ポイントで有効期限なし。

ANAマイルへの移行も手数料無料で上限無しなので、マイルへの交換がお得です。

ANAマイル獲得
  • 入会時:2,000ボーナスマイル
  • 更新時:2,000ボーナスマイル
  • ANAグループ便搭乗のたびに25%のボーナスマイル
  • ANAカードマイルプラス提携店で、通常ポイントに加え100円または200円につき1マイル
  • Edyチャージ200円=1マイル
ANAマイル移行
  • ダイナースクラブ リワードポイント 1ポイント=1マイル相当
  • 移行費用:無料
その他おすすめポイント
  • 国内外850カ所の空港ラウンジを無料利用
  • 最高1億円の国内・海外旅行傷害保険付帯
  • ショッピング・リカバリー:年間500万円補償
  • ダイナースクラブならではの充実のサービス
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
27,000円(税抜) 27,000円(税抜) 100円 = 1ポイント Edy ANA
ANAダイナースカードの公式サイトでチェック
4位

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
様々なシーンで獲得できるボーナスポイントとマイルが魅力

空港への無料送迎サービスや自宅への手荷物郵送サービスなど、アメックスブランドならではの特典があるのが特徴。
旅をストレスフリーに過ごせるので、飛行機を利用する方にはおすすめ!

利用金額100円につき1ポイント貯まり、ANAグループのご利用(ANA航空券・機内販売など)ではさらに200円につき1ボーナスポイントが貯まります。

貯めたポイントをマイルに移行するにはポイント移行コース(年会費6,000円(税抜))の登録が必要ですが、登録によってポイントの有効期限が無期限になるメリットもあります。
また、マイル以外にカード利用代金への充当のレートも上昇します。

ANAマイル獲得
  • 入会時:1,000ボーナスマイル
  • 更新時:1,000ボーナスマイル
  • ANAグループ便搭乗のたびに10%のボーナスマイル
  • ANAカードマイルプラス提携店で、通常ポイントに加え100円または200円につき1マイル
ANAマイル移行
  • 1,000ポイント=1,000マイル
  • 移行費用:年会費6,000円(税抜)
その他おすすめポイント
  • 国内外29空港のラウンジを無料利用
  • 海外旅行傷害保険(利用付帯):最高3,000万円
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯):最高2,000万円
  • ショッピング・プロテクション:年間200万円まで
  • アメックスならではの空港サービス
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
7,000円(税抜) 7,000円(税抜) 100円 = 1ポイント Edy ANA
キャンペーン情報
  • 入会後3か月以内のカード利用で最大35,000ポイントプレゼント!
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトでチェック
5位

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
全てがランクアップした充実のゴールドカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード以上にマイルが貯まり、旅行やレジャーなどの優待が一層充実したゴールドカードです。

ポイント移行コースを申し込む必要がないので、実際の年会費の差は小さくなります。

ANAマイル獲得
  • 入会時:2,000ボーナスマイル
  • 更新時:2,000ボーナスマイル
  • ANAグループ便搭乗のたびに25%のボーナスマイル
  • ANAカードマイルプラス提携店で、通常ポイントに加え100円または200円につき1マイル
ANAマイル移行
  • 1,000ポイント=1,000マイル
  • 移行費用:無料
その他おすすめポイント
  • 国内外29空港のラウンジを無料利用
  • 海外旅行傷害保険(利用付帯):最高1億円
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯):最高5,000万円
  • ショッピング・プロテクション:年間500万円まで
  • アメックスならではの空港サービス
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
31,000円(税抜) 31,000円(税抜) 100円 = 1ポイント Edy ANA
キャンペーン情報
  • 入会後3か月以内のカード利用で最大60,000ポイントプレゼント!
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトでチェック
6位

楽天ANAマイレージクラブカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ANAマイルコースの選択で自動的にマイルが貯まる

マイルを貯めたり、空港で便利な「ANAマイレージクラブ」と、海外旅行傷害保険やカード盗難補償で安心な「楽天カード」の2つサービスを装備。

常にポイント1.0%還元の「楽天スーパーポイントコース」と、マイル重視の「ANAマイルコース」の2つのコースから選択可能。
コース登録後の変更可能

ANAマイルコースは200円で1マイル貯まります。

楽天スーパーポイント特典
  • 入会+利用でもれなくボーナスポイント獲得
  • 通常1.0%、楽天市場での利用は通常3倍、キャンペーン時3倍の高還元
  • ガソリンを入れるなら「ENEOS」でポイント2倍
  • 楽天スーパーポイントは50ポイント=25マイルで移行可能
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 500円(税抜) 100円 = 1ポイント Edy ANA × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用で最大9,000円相当の特典プレゼント!
  • エントリー+2,500円以上のお買い物で、抽選で期間中の利用金額が全額ポイント還元!※2019年10月31日まで!※
楽天ANAマイレージクラブカードの公式サイトでチェック

ANAカード会員限定の割引サービス

ANAマイルを貯めるならANAカードが最適ですが、ANAカードを使うメリットはそれだけではありません。

会員限定の割引サービスでお買い物が5~15%OFFになります。

使いこなせば、マイルを貯める以上のメリットを得られるでしょう。

 

割引サービスリスト

  • 空港内免税店での割引:5~10%OFF
  • 高島屋SHILLA&ANAでの割引:5~10%OFF
  • 国内線・国際線の機内販売割引:10%OFF商品単価1,000円(税込)未満の商品は対象外
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引:5%OFF1回のお買い上げが1,000円(税込)以上の場合
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 「ANAショッピング A-style」での割引:5%OFF
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売:5%OFF
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料割引:15%OFF

 

カードごとの対応表

ANAカードにはいくつかのランクがあり、ランクによって割引内容が変わります。

その内容を以下にまとめました。

  • 一般:ANA 一般カード、ソラチカカード、ANAアメリカン・エキスプレス・カード会員
  • ゴールド:ワイドゴールド、ANAダイナースカード、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員
特典 一般 ゴールド
空港免税店での割引 5% 10%
高島屋SHILLA&ANAでの割引 5% 10%
国内線・国際線の機内販売割引 10%
空港内店舗「ANA FESTA」での割引 5%
成田空港でのパーキング割引
「ANAショッピング A-style」での割引 5%
ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売 5%
ANAビジネスソリューション公開講座 受講料割引 15%

ANAカード会員限定の電子マネー「ANA QUICPay+nanaco」

ANA QUICPay+nanaco

画像引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000011361.html

「ANA QUICPay+nanaco」とは、ANAのスキップサービス・QUICPay・nanacoの3つの機能が一体となった、キーホルダー型の非接触決済ツールです。
発行手数料として300円(税抜)が必要

申し込めるのは、ANA JCBカードを持っている人と、これから作る人のみ。

ちょっとおしゃれですし、使い方もカードと同様かざすだけです。

使い道豊富なANAマイル

貯めたマイルの使い道はクレジットカードのポイント同様に様々な利用ができます。

ANAマイレージクラブでは20種類以上のマイルの使い道があり、貯めたマイルを無駄なくお得に使えるのもANAマイルの特徴です。

 

フライト・旅行で使う

ANAの特典航空券は国内線、国際線のほかに加盟しているスターアライアンス内で自由に行ける提携航空会社特典航空券。

さらにバニラエア航空券で人気の観光地へお得に旅行することも可能。

アップグレードはANA国際線アップグレード、スターアライアンスアップグレードでワンランク上の旅を満喫。

さらにANA国際線超過手荷物料金の支払いもマイルですることができます。

 

マイルでショッピング

「ANAショッピング A-style」を利用するときに交換する必要なく、1マイル=1円として支払いに利用可能。

また、提携先の電子マネーや各種ポイントなどに交換して使うこともできます。

 

ライフスタイルの充実

提携店には美容室やリラクゼーションもあり、マイルを利用クーポンに交換可能。

またマンションや車の割引クーポン、ゴルフ・乗馬のクーポンなど趣味にも幅広く利用する事もできます。

一度は泊まってみたい各国の豪華なホテルやリッチな食事が楽しめるチケットなどへ交換することも!

ANAカードの上級会員システム

ANAではさらに特別なフライトや特典をを楽しむことができる上級会員システムが導入されていて、スターアライアンス内でも共通のステータスを獲得することが可能。

毎年(1月~12月の間)「必要プレミアムポイント数を獲得」することで会員資格を得ることができ、会員限定のボーナスマイルの加算やスターアライアンスのステータス・空港ラウンジの利用権などが与えられます。

上級会員の資格は翌年の3月末日まで。

上級会員資格

ブロンズ

プラチナ

ダイアモンド

必要プレミアムポイント数 ※1

30,000ポイント

50,000ポイント

100,000ポイント

ボーナスマイルの加算 ※2

50%

100%

125%

スターアライアンスのステータス

シルバー

ゴールド

ゴールド

空港ラウンジの利用権

×

プレミアムポイントとはマイル加算対象のフライトに乗ると普通のマイルと共に加算されるポイントのこと。

1スターアライアンス系エアライン利用時のみ獲得可能。半分以上はANAグループ便利用による獲得でなければならない
2ANA・ユナイテッド航空の搭乗時のみ付与

スターアライアンスに加盟

アライアンスというのは世界の航空会社の共同体のようなもの。

アライアンス内のマイレージに入会していれば、加盟各社の航空便を利用してもマイルが貯まるというわけです。

そのため、普段の生活でJALとANAのどちらを利用するかだけではなく、出張が多い方ならアライアンス加盟各社まで調べてカードを作るとより効率的にマイルを貯めることができます。

 

スターアライアンス 加盟航空会社名 全27社

  • ANA(全日空)
  • アドリア航空(スロベニア)
  • エーゲ航空(ギリシャ)
  • エア・カナダ(カナダ)
  • 中国国際航空(中国)
  • エア インディア(インド)
  • ニュージーランド航空(ニュージーランド)
  • アシアナ航空(韓国)
  • オーストリア航空(オーストリア)
  • アビアンカ航空(コロンビア)
  • ブリュッセル航空(ベルギー)
  • コパ航空(パナマ)
  • クロアチア航空(クロアチア)
  • エジプト航空(エジプト)
  • エチオピア航空(エチオピア)
  • エバー航空(台湾)
  • LOTポーランド航空(ポーランド)
  • ルフトハンザドイツ航空(ドイツ)
  • スカンジナビア航空(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン)
  • シンセン航空(中国)
  • シンガポール航空(シンガポール)
  • 南アフリカ航空(南アフリカ)
  • スイス インターナショナル エアラインズ(スイス)
  • TAPポルトガル航空(ポルトガル)
  • タイ国際航空(タイ)
  • ターキッシュ エアラインズ(トルコ)
  • ユナイテッド航空(アメリカ)

※2019年9月時点

口コミ

出張、帰省、旅行で飛行機を利用することが多いため(女性  40代 会社員)

友人が全日空に勤務していたため、薦められました。
JALと迷っていたのですが、ANAのほうが安心できるという周りの意見も多かったので決めました。
カード勧誘のノルマもあるようなので、少しでも助けになればと言う思いもありました。

ANAカードのいいところは、自分がよく利用するお店でお買い物をした際にマイルが貯まることです。
マイルなんてと最初はあまり考えていなかったのですが、日常的に利用するのでかなりマイルが貯まるようになりました。

旅行の際も自然にマイルが貯まるホテルを利用するようになり、貯金感覚で楽しめるようになりました。

引っ越しする際も使えたので驚きました。
生活と密着している点がこのカードの魅力だと思います。

 

飛行機を使うのでマイルを貯められるクレジットカードを取得しようと思って(女性 30代 アルバイト)

彼氏が海外に住んでいたので、飛行機を使う事が多くなりマイルを貯めたくてANAカードを取得しました。

当時入会するとマイルのプレゼントキャンペーンもしていたので、それも決め手になりました。

後は色々な支払いもクレジットカードにするとポイントが貯まってそれをマイルに変更できるので、Edyとともに使ってどんどん貯めていました。

海外に頻繁に行く事になりクレジットカードも持っていなかったので海外の支払いでもクレジットカードが使えてとても便利になるとおもったのも理由の一つです。

飛行機のマイルと普段のポイントやEdyを使うとかなりポイントが貯まって行くので、ANAの飛行機をよく使われる方には本当におすすめのクレジットカードの1枚です。

 

マイルが貯まりやすく、貯まったマイルを特典航空券に替えられる(男性 20代 会社員)

仕事柄、飛行機を利用することが非常に多く、搭乗口付近で勧誘され、取得しました。

年に30回以上は飛行機に乗る為、非常に早くマイルが貯まります。

貯まったマイルでプライベートで飛行機を使う場合には、マイルで特典航空券を発券し、無料で空の旅を楽しんでいます。

飛行機の搭乗以外にも、買い物や公共料金、携帯電話代金の引き落としにも使用しており、年間で非常に多くのマイルが貯まります。

飛行機を頻繁に利用する人以外にはあまり旨みのないクレジットカードかもしれません。

その他、定期的にお得な案内なども届き、活用はしていませんが非常に楽しく拝見しています。

ANA以外にもJALも目的地の関係上利用していますが、ANA一本化すればさらに良いのかもしれません。

 

帰省の際、飛行機を利用することが多く、継続して利用する事が想定出来た(女性 20代 会社員)

今までは、あまりマイルなど興味がありませんでしたが、たまたま空港でカード会社の方に勧められ、作ることにしました。

クレジットカードで買い物する機会が多いので、ANAカードで支払うことにより、飛行機に乗る以外でも、ポイントが貯められて便利だなと思いました。

また、年に数回は飛行機を利用するので、その際にもマイルが貯まり、少しでも飛行機代に当てられれば良いと思い、利用しています。

また、買い物で貯まったポイントをモノに交換することが出来るのも魅力だなと思います。

用途が限られているポイントよりも、幅広く利用出来るポイントが貯められるANAカードに魅力を感じて取得しました。

仕事で乗る機会があれば、もっと貯めやすくなり、更に飛行機の利用機会が増えて良いカードだなと思います。

 

旅行に行く時に、利用する航空会社がたまたまANAでした(男性 20代 アルバイト)

それまで飛行機に乗ってもマイルなど意識をしたこもありませんでしたが、マイルを貯めたら特典で航空券がもらえると知りました。

しかも飛行機に乗るだけでなく、いつもの買い物でもマイルが貯められるとの事。

しかもショッピングマイルが多く付くというお店も普段から利用もしていました。

ちょうどその時、飛行機を利用した旅行に行く計画があり、クレジットカードを作ろうと考えていました。

普段からもANAは時々利用しているし、今回の旅行もANAを利用することが決まっていました。

なので他の選択は考えもしていなくて、すぐにANAカードを作ることを決定しました。

マイルなどマイルを貯めて、航空券を手に入れるぞ!という思いがこのカードを作ったきっかけです。

 

楽天とANAをよく利用するので、楽天ANAマイレージカードを作ろうと思いました(女性 20代 医療事務)

わたしは以前から飛行機はANAをよく利用していたので、ANAのマイルを貯めていました。

なのでANAカードがあったらポイントも貯まりやすく便利だと思いカードを作ろうと思っていました。

ちょうどどのカードにしようか迷っていたときに、楽天とANAが一緒になったカードがあると知り、これに決めました。

インターネット通販で一番よく利用するのが楽天だったので、ANAと楽天が一緒になったカードは一石二鳥で、自分の使い方のなかでは最強の組み合わせだと思いました。

ANAと楽天どちらのポイントにするかはWeb上ですぐに変更できるのもこのカードを選んだ理由の一つになっています。

また、この楽天ANAマイレージカードは入るときに4000円分のポイントがもらえたのも嬉しかったです。

 

プライベートや仕事でANAを利用する機会が増え、マイレージを貯めたかったから(男性 30代 会社員)

社内でANAカード入会を促進したキャンペーンが実施されており、初年度年会費無料で入会できる機会であった事。

日常的にプライベートや出張で国内路線の多いANAを利用する機会が増え、ANAカード1枚持っていればネットで決済し、わざわざ航空券を空港カウンターで受け取ることなく、ANAカード1枚で飛行機に搭乗することが可能である事や3年間(マイル取得から最長保有できる期間)マイレージを貯めて無料航空券で家族と旅行にでも行こうと考えたのがきっかけでした。

その他、マイレージ以外にも楽天Edyの機能がついており、手っ取り早く電子マネーで買い物が出来る点、1年に1回以上は海外旅行に行く為、国内外の旅行傷害保険が付帯している点は安心感が持て、総合的に私のライフスタイルにマッチした優れたカードであった為、迷わずに入会しました。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。