IC定期券と従来の定期券は、どちらがお得なの?

交通系ICカードのメリット比較

Suica機能搭載のビューカード!クレジットカードを比較するならランキングで

【今月のイチオシ!】 「ビュー・スイカ」カード

JRおよび首都圏の各私鉄、バスなど通学や通勤に使用する方なら、1枚持っていればすごく便利!!

定期券について

交通系ICカードの普及率は?

そもそも交通系ICカードってどれくらい普及しているのでしょうか?
近年、定期券も含め交通系ICカードの普及率が高まっていて、日本全国では「40%」ほど、つまり交通機関を利用する人の半数弱の方が持っていることになります。

「思ったより多い/少ない」とお住いの地域によって感想が分かれそうですが、この理由は後述します。

とくに駅の改札は日ごとにICカード対応のものに切り替わってきており、とくに都市部では、ICカードの読み取りのみに対応した改札機も登場しています。
IC専用改札では、切符や従来の磁気カードの定期券は使えません。

またICカード定期券は単に改札を通過するのが早くなるだけではなく、財布から小銭をその都度取り出す必要がなくなるのもICカードが支持されている理由の一つ!

割引サービスが充実しており、ポイントが貯まることでさまざまな特典を得られることも普及してきている理由としてありそうですね。

ただ、改札がICカードに対応していない地域では定期券としては使いづらくなります。
そうした地域ではICカードに対応している改札機の増加が待たれますね。

交通系ICカードの普及率は「東高西低」

ちなみに先ほどの調査で、ICカードの普及率を地域別に調べてみると東京圏内が6割、京阪圏内が4割でした。
つまり東日本のほうに多く普及しており、西日本ではやや認知度が劣ります。
また鉄道会社も、すべてがICカードやICカードの定期券に対応しているわけではない点も「東高西低」状態に影響がありそうです。

さらに中京圏は10%程度で、まだ認知度も所有率も低い状態です。
便利になれば認知が広まり、ICカードも普及するものです。
またICカードが利用できる路線が一部のみというのも、認知度が低い原因の一つのようです。

ICカードの定期券を利用するメリット

普及率が高まってきているICカードの定期券ですが、「具体的にどう便利なの?」「盗まれたら大変じゃない?」と思う方も多いはず。

まずはIC定期券のメリットとして、機能面やセキュリティー面の特徴をご紹介します。

紛失したときの再発行ができる

「ICカードの定期券は利便性が高いから、紛失したときのリスクも高いのでは?」というのは誤解です。
ICカード定期券は、購入する際に利用者の名前、利用区間といった情報が登録されます。

もし紛失してしまったときに駅のスタッフに伝えれば、情報をもとにカードを特定し、ただちに使用停止が可能。
そして翌日以降、新しいカードが再発行されます。
そのため、もし紛失しても第三者に利用されるリスクは従来の定期券より格段に低いといえそうです。

また、そもそもICカードを財布に入れたままでもカードリーダーは定期券の情報を読み込めます。
磁気カードの定期券はパスケースからわざわざ出し入れする必要がありますが、出し入れすること自体がないICカードの定期券は「紛失予防」の面でも役立ってくれるでしょう。

ただし再発行カードを受け取るためには、運転免許証や学生証など身分が分かるものが必要なのでご注意を。

乗り越し精算もワンタッチ

ICカードは定期券自体にお金をチャージすることもできるので、もし乗り越してしまっても自動精算できます。
つまり電子マネーとして利用可能なため、購入区間外で乗り降りするのもスムーズ!
定期券として購入しても、チャージ機能をうまく活用すればさまざまな区間で利用可能です。

また地域によって違いはありますが、駅の自販機などにも読み取り機が設置されていることも。
駅の自販機で飲み物を買うことだってできるんです!

ICカード定期券のデメリット

一方、ICカードの定期券を利用するデメリットはどうでしょうか?

もし盗難被害などに遭った場合、使用者を認識する機能はありません。
つまり盗難に気付く間、定期券のほかにチャージしたお金を使われてしまうリスクがあります。

また区間によっては切符を都度購入するより高くなる場合があります。
なにより回数券の割引サービスを受けることができなくなる点は注意でしょう。

磁気カードの定期券のメリット

磁気カードの定期券は、ICカードが登場する前に広く利用されていた「定期券」のことです。
ICカードと同じくカードに埋め込まれたチップで情報を読み取る構造なのですが、読み取りの形式がICカードと違い、収納されている情報量も異なります。
改札に通して情報を読み取らせるので、読み取りの方式も違いますね。

さてそんな磁気カードの定期券を利用するメリットはどうでしょうか?

区間分割ができる

磁気カード定期券は切符と同じ要領で分割購入することが可能です。

JRの運賃の仕組みとして、乗車券を区間一括で購入すると料金が高くなることがありますが、磁気カードで定期券を分割購入できれば、その心配はなし。
例えばA~Dの駅まで通うなら、定期券をA~Bの区間、C~Dの区間と分けて購入すると結果的に料金が安くなります。
複数枚の定期券をもつことになりますが、10,000円ほど差が出ることもあります。

どのように分割すればお得かは区間によって異なるので、入念に調べることが必要です。
基本的にJR以外の鉄道会社をまたいで分割購入することはできません。
また区間を間違えて購入してしまうと不正乗車となってしまうので、ご注意を。

お得な切符や回数券と併用できる

お得な切符をもっていると、磁気カード定期券と併用することができます。
2枚同時に入れることができるタイプの改札なら、定期券のメリットを活かしながら切符も無駄になりません。
もちろん運賃が不足したり、乗り継ぎ清算をする際にも使えます。

実はまだある!IC定期券の便利機能

IC定期券は、改札をスピーディーに通過することや、電子マネーとして活用できること以外にもさまざまな活用法があります。

なかには「えっ!?こんな使い方ができるの?」という機能もIC定期券にはあるので、磁気カードと悩まれている方は、ICカードの特徴を余すところなく知っておきましょう。

オートチャージ機能

交通系ICカードの代表格といえばSuicaですが、そのSuicaにクレジットカード機能がついた「ビュー・スイカ」カードはオートチャージ機能が付いています。
つまり残高不足になるとクレジット決済で自動的にチャージしてくれるので、改札止められてで恥ずかしい思いをすることがありません。

ちなみに「ビュー・スイカ」カードのオートチャージは、改札で残高不足になるとあらかじめ設定していた金額がチャージされます。
事前に登録する必要がありますが、主なJR東日本の駅などにあるエキナカATM「VIEW ALTTE(ビュー・アルッテ)」で手軽にオートチャージの設定ができます。

オートチャージする金額の設定は「1,000円以上10,000円以下」の範囲で、1,000円単位で行えます。

オートチャージが利用可能なエリアについて

交通系ICカードは全国に普及しており、全部で約10種類あります。
その種類のなかでも「Suica」と「PASMO」はたくさんの人に使用されています。
そのためサービスの充実が進んでおり、「Suica」と「PASMO」が使えるのであれば、一部の改札機を除いてオートチャージが利用できるように整備が進んでいます。

具体的には、Suicaエリアである「首都圏」「仙台・新潟エリア」、PASMOエリアである首都圏の私鉄・地下鉄が対象です。
一部の簡易Suica改札機や私鉄との乗換改札機、新幹線自動改札機はまだオートチャージが利用できませんが、今後整備されてくる可能性は高いです。

今後IC定期券はスタンダードになる?

冒頭でも触れたとおり、IC定期券は都市部を中心に普及率が高まっています。
しかしまだ全国どこでも使えるというわけでもありません。
改札機によってはICカード非対応のものもあり、切符を購入しなければならないこともあります。

ただ今後も普及率が高まることが予想されているため、電車を利用するときの必須アイテムとなる可能性が高いでしょう。
その根拠としては、例えば次のようなものがあります。

ICカード専用改札は管理維持コストが低い

鉄道会社がICカードの普及に力を入れている理由には、専用改札の管理維持コストが低いという事情もあるそうです。
そのため利用者の便利さを追求しつつ、鉄道会社間でICカードを共通化する試みも多くなっています。

またIC定期券に限らず、今後電子マネー自体が私たちの生活に浸透することが予想され、カード会社間でのサービス競争も激しくなることが予想されます。
ICカードの特典や機能は今後もっと便利に変化してくるでしょうから、私たち消費者としては楽しみでもありますね。

いずれは、駅の改札を通過するにはICカードを所持することが必須となる世の中になるかもしれませんね。

まとめ

ICカードと磁気カードの定期券のメリットをそれぞれ比較してきましたが、いかがだったでしょうか?

IC定期券のさまざまな便利サービスが提供されていますが、なかでも「ビュー・スイカ」カードは特徴的な機能があります。

今後ますます交通系ICカードの普及は大きな流れとなっていきそうですが、まだ磁気カードの定期券を使っている方はIC定期券への乗り換えを検討されてみてはいかがでしょうか?

  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位
「ビュー・スイカ」カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
定期券もSuicaもクレジットカードもこれ1枚に!

カードで定期券を購入し、そのまま定期券機能が搭載可能。

通勤、通学にJRを利用の方にはオートチャージが可能なので券売機でのチャージの手間がなく便利。
日常の買い物や公共料金の支払いのほか、電車やバスを利用する際のチャージやオートチャージでもポイントが貯まります。
しかも、JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、券売機での乗車券や定期券の購入、チャージ・オートチャージなどはポイント3倍!

買い物や公共料金の支払いなどの年間利用累計額に応じてボーナスポイント(ビューサンクスボーナス)がもらえます。

さらに家族カード(定期券機能付きのみ)が追加可能。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
477円(税抜) 477円(税抜) 1,000円 = 5ポイント - Suica × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会でもれなくJRE POINT2,000ポイントプレゼント!(09月30日申込分まで)
  • 抽選でJRE POINT1,000ポイントプレゼント!(09月30日申込分まで)
「ビュー・スイカ」カードの調査結果を見る 「ビュー・スイカ」カードをお気に入りに追加 「ビュー・スイカ」カードの公式サイトでチェック
2位
イオンSuicaカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
Suica機能付きでさらに便利!年会費永年無料!

毎月20日、30日はお買い物代金5%割引。
イオングループの対象店舗でポイント2倍などイオン系列各店での利用がお得なイオンカードにSuicaが搭載されてさらに便利に。

もちろん一緒にイオンでお得な電子マネー、WAONカードプラスを申込むことも可能。
イオングループでの買い物での特典の他にも、毎月10日はイオングループ以外の店舗でもポイントが2倍です。

おすすめポイント
  • Suicaのカードにかかるデポジット(預り金)無料
  • オートチャージで残高不足も解消
  • 駅や街なか、コンビニでもスピーディに支払い
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 200円 = 1ポイント JAL SuicaiDWAON × ×
イオンSuicaカードの調査結果を見る イオンSuicaカードをお気に入りに追加 イオンSuicaカードの公式サイトでチェック