三井住友ビジネスクラシック(一般)カード

ビジネスサポートの充実度抜群の中小企業向け法人カード
初めてビジネスカードを持つ方におすすめの1枚

三井住友ビジネスクラシック(一般)カード
  • VISA
  • Master

ポイント還元や法人用サービスあり!経理事務・経費の管理を合理化できる法人限定のポイント優遇カード。カード使用者は20名以下

入会限定 VJAギフトカードもれなく10,000円分プレゼント!

年会費1,250円(税抜)で社員用の追加カードも1枚400円(税抜)で発行できるため、上限の20枚を発行しても10,000円(税抜)以内に収められる。

ETCカードは年会費初年度無料、2年目以降は500円が必要となるが、2年目以降も年1回以上のETC利用で年会費が無料。

VISAとMasterCardからお好きなブランドを選べ、年会費に250円(税抜)を追加すれば両ブランドの2枚持ちも可能。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン

Get Adobe Flash player

年会費(初年度) 1,250円(税抜) (1,250円(税抜))
審査/発行 約0週間インターネットで入会手続き+口座振替手続きが完了できる場合は最短3営業日発行。
書類郵送の場合は約2~3週間。
利用限度額 20万円~100万円
ポイント還元率 0.45~0.97%
三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カードをお気に入りに追加 三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カードを公式サイトでチェック
キャンペーン情報
  • 「インターネット入会限定」三井住友ビジネスカードご入会でVJAギフトカードもれなく最大10,000円分プレゼント!(12月28日申込分まで)

年会費の安い法人カード

年会費1,250円(税抜)で社員用の追加カードも1枚400円(税抜)で発行できるため、上限の20枚を発行しても10,000円(税抜)以内に収められる。
ETCカードは年会費初年度無料、2年目以降は500円が必要となるが、2年目以降も年1回以上のETC利用で年会費が無料。

お申し込みはこちらから

経費管理と資金運用の効率化

交通費・接待費などの仮払いや従業員による立替払いがなくなるので、経費精算業務の合理化が可能。
法人口座に決済を一本化できるため、オフィス用品や公共料金など多岐に渡る支払先への振込手数料の大幅な削減が可能。
この二つが可能になったことで経費利用と私的利用との明確な区分けがなされ、経費の見える化が実現!!

お申し込みはこちらから

19種類以上の出張サポート

三井住友ビジネスクラシック(一般)カードは国内外の出張の際に役立つサービスが盛りだくさん。例えば急なアクシデントに備えて海外旅行傷害保険が付いている他に、お得な価格で必要な営業車を用意しているレンタカー優待サービスがあるので手厚いトラベルサービスを利用することができる。

出張サポート特典を一部ご紹介します。
■ビジネス用じゃらんnet ホテル予約
■航空券チケットレス発券サービス
■国際エクスプレス輸送割引サービス
■Visaビジネスグルメオファー
■財務会計システムデータ連携サービス

お申し込みはこちらから

ポイントボーナス

ポイントが貯まらないビジネスカードがある中、経費の支払いでしっかりポイントが貯めることができるのが三井住友ビジネスクラシック(一般)カードの魅力。
前年利用額に応じてポイントボーナスが適用される仕組みになっており、「ワールドプレゼントポイント」が1,000円利用毎に1ポイント貯められる(還元率0.5%)
ポイントUPモール」という会員限定サイトを経由してサービスを利用すれば、最大で20倍のポイントをゲットできる。

お申し込みはこちらから

三井住友ビジネスクラシック(一般)カードの評価・評判・感想

三井住友ビジネスクラシックカードを取得した人の多くが口にしているのは、「外で出しても恥ずかしくない」カードであるということです。三井住友系への信頼感で使い始めたら、ビジネスに精通したサービス提供に大満足、という声が多く聞かれます。オフィス用品の取り寄せや、ETCカードの複数発行などで社員の業務負担が軽減したという感想もあり、ビジネスをするうえでとても有効なカードであることがおわかりいただけるでしょう。

また、海外出張時のサポートに関しては、現地通貨がすぐに手に入るので時間ロスが少ない、ホテル予約が簡単、エアライン&ホテルデスクを利用するとどのような状況でもチケットが取りやすい、海外に慣れていなくても心強いなど、その利便性は誰しも強く感じるようです。三井住友ビジネスクラシックカードは一度使うと、不満が見当たらないため長期に渡り継続しているユーザーがほとんどです。経理事務の簡略化という目的以上に、ビジネスサポート能力に長けたビジネスカードとして、高評価を受けています。

お申し込みはこちらから

口コミ

マイルの貯め方が難しいので、分かりやすくしてほしい

良かった事。Vpassと言ったアプリでいつでも利用金額などが分かりやすく確認できるので助かります。また、以前まではスロットゲームの様なコンテンツなどがあり当たれば特典があるといった楽しみが1日1回できたのでそのゲームを毎日するのが楽しみでした。今はそのゲームが無くなったのかできなくなって残念です。困った事。マイルの貯め方がいまいち分からず未だに使えません。説明を読んでも私の頭では理解できず友人と困っているので、もう少し分かりやすく説明などがあると嬉しいです。そして、私の解約時のミスかもしれないのですが、リボ払いができないカードとのことで設定ができず困った事がありました。10代の時に作ったカードだからでしょうか。
女性 20代

明細書がとてもわかりやすく、手間が省けました

現在は辞めてしまいましたが、一時期自営業を経営していました。家族で営んでいたので、全ての会計や経理を自分たちでやっていたので、経費を落とすのに経費専用のクレジットカードを必要と思い、三井住友ビジネスカードクラシックを作成しました。持っていて良かったことは、私生活用と経費用と分けて使えたので一枚の明細書に混合しないので経費の会計がとても楽でした。毎月くる利用明細書を見ればすぐにわかるので、面倒な作業が省けました。年会費が1250円プラス税でかかってしまうのがもったいないですが、まぁ仕方のないことです。海外へ買い付けも行っていたので、ラウンジの無料サービスが欲しかったですがゴールドカードでなくてはだめでした。
女性 30代

ポイントが商品券になる。海外保険を使うとき提出書類が多かった。

使えば使うほどポイントが貯まり、商品券に変えられたのでお得感がありました。しかし何年後かにポイント還元率が悪くなり、ちょっと詐欺にあった気分になりました。実際はそうではないのですが。しかし良かった点もまだあります。どこで出しても恥ずかしくない会社名のカードなのでどこでも使えました。しかし海外旅行中のカメラが盗難にあった際には色々な書類の提出を求められ、対応も業務的であまり気分が良くありませんでした。だったら付帯保険として海外保険いらないんじゃないかと思いました。別に海外保険に入っても良かったので。海外在住になってからもインターネットで使用状況やポイントも確認でき便利でしたが、住所変更をしていないという理由でカードの利用を拒否され驚きました。
女性 30代

写真付きだったので、海外などで使用の時には安心でした。

大学生で初めて持つクレジットカードだったので、不安もあり信頼できる銀行のカードで写真付きを選んだことによって安心できました。特に海外では、盗難等が多いので不正に使われない可能性が高いと思います。その他、保険なども手厚いので、トラブルなどに巻き込まれた際には良いと思います。後は、VISAなのでほとんどの施設で利用できます。 しかし、各クレジットカード会社が色々な特権がついていたり、無料化が進む中、年会費が千円以上かかる事。買い物の際に特にサービスのない所がデメリットです。ポイントなども付きません。 退会の手続きは電話ですぐにできます。特に何故退会する理由などは聞かれないので、返答や手続きに困る事は一切ありませんでした。
女性 30代

カードの更新時、IDがによる支払いができなくなっていた。

カードを更新する時に、それ以前はカードをID払いが便利であったため多用していたのだが、次のカードにはその機能が失われたカードが送られてきた。その為、再びID機能をつける申請をする手間と、届くまでの間、まどろっこしさを感じた。便利な点はやはり、小銭や紙幣をもたなくなったことだ。その為財布を持つこともなくなり、カードを普段から携帯しているメモ帳のカバーに入れたりなどすることによって、軽くコンビニまで行く際にも身軽に出かけられるようになった。盗難された際にも専用の電話番号にかけることによって自分のお金が他人に寄って使われる心配が少なくなった安心感も大きい。そして、海外旅行にいった際にも便利だった。ヨーロッパへ行った際には地下鉄、飲食店と様々な場所でクレジットカードを使用することができるため、盗難のおそれがある現金は少量持つことに収めることができた。
男性 20代

サポートセンターの電話が繋がりにくく、変更が面倒だった

支払いがすべてリボ払いになってしまってたところが一番困りました。カードを作る際「リボ払いにしたときの金額を決めるためのチェックです。」と言われたのですが、実際は毎月の支払いがリボ払いになるもので、何ヶ月分か予定外の利子を払うことになり、とても損をしました。それに気づいたあと、変更をしたのですが、また新たに書類を書いたり面倒でした。それ以外では、ポイントをギフト券に変えたりできるので、カード払いをする方がお得な気がします。また、海外でも安心して使うことができるので、非常に助かってます。ただ、カードを作る際のリボ払いの説明だけは、もっと丁寧にしていただければもっと満足度が高かったと思うので、少し残念です。
女性 30代

社会人になったのであった方が便利だと思ったから

三井住友ビジネスカードの一般の方に決めた理由はまず、家から近いからです。ですが、それだけだと私の場合は他にも幾つか候補が有りました。その中で何故三井住友ビジネスカードの一般の方に決めたかと言うと職場が家から結構離れているところだったので万が一の場合でも職場の近くでもお金をおろすことが出来るようにしておこうと思ったからです。他の候補のところはその地域限定のもので職場の近くではお金をおろすことが出来なかったり、全国にあるけど、職場の近くには無かったりしたので候補から外れていきました。三井住友ビジネスカードにはVISAの方もあったのですが、こちらを選ばなかった理由は外国に行きたいと言う気持ちがなく、これから先も行くつもりがなかったので必要ないと思ったからです。
男性 20代 エンジニア

最終更新日:2017/11/7

お申し込みはこちらから

経費の見える化に最適!「三井住友ビジネスクラシックカード」の審査について

一般的なクレジットカードは、仕事の経費に対応できません。そのため中小企業経営者、個人事業主にはビジネスカードが必須といえます。そこでおすすめなのが「三井住友ビジネスクラシックカード」です。銀行系のカードとして、ビジネスに重要な信頼性は抜群でしょう。業務を力強くバックアップするサービスも豊富です。
しかし、それだけにカードの取得条件が気になるところですよね。どれだけのビジネス実績があれば入手できるのでしょうか。「三井住友ビジネスクラシックカード」のカード詳細と、審査の難易度について見ていきましょう。

三井住友ビジネスクラシックカードとは?

【日本初VISA提携企業が発行するビジネスカード】
三井住友ビジネスクラッシックカードは、日本で初めてVISAブランドと提携した三井住友カードが発行するビジネス向けクレジットカードです。ビジネスカードとしては年会費も手頃で、日常業務に惜しみなく利用できる使いやすいカードとして人気があります。
ビジネスカードには個人カードと異なる部分が多いものですが、三井住友ビジネスクラシックカードも一般の三井住友VISAカードとの細かな違いがあります。例えば、ポイントプログラムの還元率や付与システムは、個人カードと少し変わってきます。
それは、三井住友ビジネスクラッシックカードはあくまでビジネスに特化したカードだということです。ビジネス用品の調達や福利厚生、出張サポートなど、個人向けカードには見られないさまざまなサービスが付帯しています。

【三井住友ビジネスクラシックカードの基本情報】
三井住友ビジネスクラッシックカードのカードスペックを見ていきましょう。
・年会費:税別1,250円(追加カード400円)
・ポイントプログラム:ワールドプレゼント
・ポイント還元率:0.49%
・ETCカード:初年度無料・次年度以降は利用実績があれば無料
・海外旅行傷害保険:最高2,000万円
・海外ショッピング保険:年間100万円
・福利代行サービス
・VISAビジネスオファー
注目すべきは、信頼の三井住友ブランドのビジネスカードが、格安で利用できるという点です。追加カードも最大20枚まで発行できるので、社員の出張や物品の買い出しにも不便がありません。
ポイント還元率は個人カードと比較するとやや低めですが、ポイントプログラム自体が付加されていないビジネスカードも多い中では、十分納得ができます。海外出張にも安心の旅行保険付帯の他、タクシーやホテルの予約など国内移動でも三井住友ビジネスクラッシックカードがサポートしてくれます。

三井住友ビジネスクラシックカードのメリット

【経理事務の効率化】
ビジネスカードの最大のメリットとしては、経理事務の簡略化が挙げられます。業務経費や社員が出張した際の領収書管理は非常に煩雑になりやすいものですが、三井住友ビジネスクラシックカードを経由することで一括管理が可能となります。
三井住友ビジネスクラシックカードでは会員用ネットサービス「Vpass」が提供されており、利用明細が常に確認できるので、使途不明対策にも効果的です。データ取り込みも可能なので、経理ソフトと連動させればさらに経理の効率化が図れます。
また、電気・ガス・水道などの公共料金やプロバイダー料金・回線料、携帯電話料金などの通信費、ネットショッピングなどの経費すべてを、三井住友ビジネスクラシックカードで一元管理が可能です。振込手数料の軽減にも役立ちます。

【目を見張るビジネスカード特典】
先にも挙げたように、海外出張を手厚くサポートする海外旅行保険を始めとして、三井住友ビジネスクラシックカードにはスムーズな経営のための特典が豊富に付帯しています。便利で行き届いたビジネスオファーの内容には、次のようなものがあります。
・Jタクシーチケット:主要タクシーを24時間いつでも簡単利用。利用分のみ自動引落しで経理事務の手間がありません。
・オフィス用品デリバリーサービス:ASKULのビジネスサポートパックが消耗品など、日々の業務で発生する必要物品を迅速に配送。
・福利厚生代行サービス:国内外に数千か所の施設を持つベネフィット・ワンが社員の健康をサポート。人間ドックや各種検診、スポーツクラブ、英会話スクールなど多岐にわたるサービスを提供しています。
・財務会計システムデータ連携サービス:財務会計システム「勘定奉行」と「三井住友法人クレジットカード利用明細」がデータ連携。経理の知識がない社員でも簡単に操作確認可能です。
この他にも、レンタカー割引、有名ゴルフ場の優待・優先予約、宅配サービス割引、海外旅行予約手配など、ビジネスに必要なあらゆるシーンでの特典が提供されています。三井住友ビジネスクラシックカードを利用することで、時間や手間、余分な経費が大幅に削減され、効率的な業務を実現していきます。

三井住友ビジネスクラシックカードの審査基準

【法人設立1年目から?】
三井住友ビジネスクラシックカードは、従業員が20名以下の中小企業や個人事業主を対象とするビジネスカードです。公式サイトで公表されている申込対象の記述は、以下の通りとなっています。
“満20歳以上の個人事業者もしくは中小企業代表者の方”
“お申し込みご本人の個人名義口座、もしくは個人事業者(屋号)名口座“が必要
出典:三井住友カードマーチャントメンバーズクラブ
三井住友ビジネスクラシックカードには、上位にゴールドカードが存在しています。また、一般カードである三井住友ビジネスクラシックカードは、それほど極端に審査が厳しいといった声は聞かれません。しかし、流通系のカードと比較すると銀行系カードは一般的に審査が厳密とされています。
法人設立1年目で通ったケースもありますが、その場合には申込者の個人信用が審査対象となります。三井住友系列の個人カードでの実績が確かであれば、ビジネスカードの取得も容易と考えて良いでしょう。

【代表者の信用が第一】
一般にビジネスカードの審査通過条件は、「設立3~5年、2期以上の黒字実績」などといわれます。しかし、実際の取得情報を見るとそこまで厳しいものではないようです。
三井住友ビジネスクラシックカードの場合、第一に重要視されるのは代表者の個人信用です。個人的に借入しているローンの返済に延滞があったり、複数の借入口に多額の残金があったりすると、審査通過のハードルが高くなります。特にビジネスローンの返済遅延は致命的です。ビジネスカードといえども、返済能力は経営者の手腕で判断されます。
三井住友の個人カードは一般のクレジットカードの中ではやや難易度が高いとされていますが、三井住友ビジネスクラシックカードの場合もそれに準じた個人信用の問われるカードであることは間違いありません。

おわりに

老舗カード企業が送り出すビジネスカードとして、三井住友ビジネスクラシックカードは企業経営を支える頼もしいパートナーともいえます。是非とも手にしたい1枚ですが、中小企業の場合、経営者個人の信用が審査通過の決め手となります。ビジネスカードだから個人履歴と関連しないと考えるようでは、取得は不可能と考えてください。
審査通過の妨げとなる要素がないか、しっかりと確認してから申込に臨みましょう。

最終更新日:2017/09/28

お申し込みはこちらから

ビジネスには必需のカード!「三井住友ビジネスクラシックカード」の審査に通るためのポイント

経理上の煩雑さをなくし、仕入れなどにも気兼ねなく使えるビジネスカードは事業経営の必須アイテムです。一方、個人事業主や中小企業の経営者の中には、個人カードを持っているから、ビジネスカードを取得したことがないという方も多くおられます。
しかし、個人カードのビジネスユースは厳密には認められていません。そのため、もし個人カードをビジネスユースしている方は、一刻もはやくビジネスカードを持ちたいところです。そこでオススメしたいカードが、抜群の信頼性を誇る「三井住友ビジネスクラシックカード」です。
年会費の安さに対して目を見張るビジネスサポート力は、さすが老舗カード会社と高い評価を受けています。しかしネームバリューがあるだけに、審査の難易度が気になります。「三井住友ビジネスクラシックカード」を持つメリットと、審査通過のポイントをチェックしていきましょう。

三井住友ビジネスクラシックカードはビジネスサポートで力を発揮するカード

【経理事務を効率的&簡略化】
三井住友ビジネスクラシックカードは、日本で初めてVISAカードとの提携を行ったクレジットカードの老舗、三井住友カードが発行するビジネスに特化したクレジットカードです。持つ人を力強くサポートし、どんなシーンでも信頼性を与えてくれます。
さまざまな特典が付帯しているにも関わらず、年会費は1,250円とビジネスカードとしては破格です。しかも、1枚400円で20枚まで追加カードが発行できるので、小規模な事業所であれば十分に対応ができます。
社員の出張や備品の購入で立て替え払いが発生すると、経理事務が煩雑になりがちです。三井住友ビジネスクラシックカードを導入することで、領収書のやり取りや、現金の受け渡しの手間がなくなるうえ、すべてが利用履歴に明記されます。事務処理が効率良く行われ、キャッシュフローが透明化されるので不正経理の心配もなくなります。

【付帯保険・ビジネスオファーが日常から出張までカバー】
三井住友ビジネスクラシックカードが機能するのは、ただのクレジットカードとしてだけではありません。
海外旅行・海外ショッピング保険や福利代行サービス、日常業務の消耗品調達やハイヤー手配、印刷サービスなどビジネスにからむあらゆるオファーに対し、いち早く対応できる特典が提供されています。各種のニーズに対して迅速に応えてくれる心強さは、あたかも強力なビジネスパートナーを得たかのようです。
社員を抱えた企業経営者は、細々とした用件に時間を失いがちです。ワンストップで解決してくれる窓口があれば、どれほど助かるでしょうか。しかし、それは不可能ではありません。たった1枚の三井住友ビジネスクラシックカードを取得できれば、すべてがスムーズに進行できます。企業経営に集中できる環境を整える、それが三井住友ビジネスクラシックカードの力です。

三井住友ビジネスクラシックカードの審査に通るためのポイント

【設立からの期間より個人信用】
三井住友ビジネスクラシックカードは、中小企業のための一般ビジネスカードです。ビジネスカードとしては、特に審査が厳しいといった声は聞こえてきません。個人事業主でも審査過程では、年収の額よりもビジネスの実体が重要視されます。当然審査に際しては、年収証明書類や財務書類の提出が必要となりますが、何らかの事業の実施が確認されれば問題ありません。
法人については設立1年目でも取得できたケースがあるので、審査基準のハードルはかなり低いといっても良いでしょう。しかし、経営者自身の信用情報に問題があると、審査の通過は難しくなります。個人的な自動車ローンやクレジットカード利用であっても、返済遅延や延滞などは、取得の障害となる可能性があります。

【負債を減らし限度枠を抑える】
三井住友ビジネスクラシックカードの申込をする際に、何らかの不安があるという人もいるでしょう。たとえば信用事故のような大きな出来事については、申込はしばらく控えた方が良いかもしれません。
信用情報機関に自分の信用情報を開示してもらい、確認をしてみましょう。返済の遅延については1年以上空いていれば、データは削除されているはずです。現在のビジネスローンなどの借入額が大きすぎても、審査通過ができない可能性が出てきます。返せるものはなるべく早めの処理を行い、負債を減らしておいた方が安心です。
申込時に利用限度額を低めに設定するのも、審査を通りやすくする手段のひとつです。利用実績を積んでいけば、将来的には限度額を上げられます。海外旅行の時だけ一時的に限度額を引き上げるサービスもあるので、不安を抱えながら取得に臨むのであれば、最初は小さ目の額で申込を試してください。

三井住友ビジネスクラシックカードの審査にもし落ちたら…

【審査に落ちた原因を追究】
三井住友ビジネスクラシックカードの審査通過ができなかった場合には、その原因をできる限り究明しておきます。クレジットカード会社では審査の状況を公表しないため、問い合わせても答えてはくれません。自分なりに問題点を見出しておけば、次回の申込に活かしていくことができます。
たとえば、法人の場合には企業の実体が把握されなかった、ということも考えられます。その場合には、時間の経過とともに実績が証明され、取得できるようになる可能性があります。固定電話の設置やホームページの充実など、最低限できることはしておきましょう。個人事業主の場合も、次回の確定申告後に再度申込をすれば、すんなりと通過できるかもしれません。
個人の信用情報に難点があった場合は、時間の経過を待つしかありません。返済が残っている場合には、滞りなく支払うよう心がけます。

【他社カードの申込は慎重に】
三井住友ビジネスクラシックカードが取得できなかったからといって、焦って他社カードの申込を次々に行うのは、少し考えた方が良さそうです。
信用情報などの問題であれば、どこも同じ結果となるでしょう。短期間内の複数カード申込は、信用情報のデータに残り、余計心証が悪くなります。高額の年会費のビジネスカードであれば審査が通りやすいという説もありますが、これも絶対とはいえません。
個人利用のクレジットカードならば、消費者金融系が取得難易度は低めです。そちらのカードで信用あるクレジットヒストリーを作り上げ、三井住友ビジネスクラシックカードに再チャレンジするのもひとつの方法としては考えられます。

おわりに

三井住友ビジネスクラシックカードは、ビジネスマンにとってステータスと信頼感に満ちた頼りがいのあるカードです。事業を行ううえでの、高い利便性があります。
取得に重要なのは、ビジネスの実体と経営者の個人的信用です。過去のクレジットカード利用や返済の状況などを良く把握し、問題がないようであれば是非、申し込んでみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2017/11/9

お申し込みはこちらから
三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カードをお気に入りに追加 三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カードを公式サイトでチェック

スペック表

基本情報

国際ブランド
  • VISA
  • Master
申込資格

法人のみ(カード使用者は20名以下)

審査/発行 約0週間
インターネットで入会手続き+口座振替手続きが完了できる場合は最短3営業日発行。 書類郵送の場合は約2~3週間。
年会費 初年度 1,250円(税抜) -
2年目以降 1,250円(税抜) -
家族カード 初年度 400円(税抜) -
2年目以降 400円(税抜) -
ETCカード 初年度 無料 -
2年目以降 500円(税抜) 1年間に1回以上ETC利用があれば無料
発行手数料 無料 -
特典 -
法人追加カード 年会費 -
引落し口座 -
追加カード枚数 -

利用枠・支払い

利用限度枠 ショッピング 20万円~80万円 支払い方法 1回払い
キャッシング 0万円~30万円
海外のみ
2回払い -
利率 ショッピングリボ
公式サイトにてご確認ください
ボーナス払い -
リボ払い -
キャッシング
公式サイトにてご確認ください
分割払い -
その他 -
締め日 毎月15日 支払日 翌月10日

電子マネー

電子マネー -

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 ワールドプレゼント
付与率 1,000円 = 2ポイント
有効期限 2年間
還元率 0.45~0.97% 最低交換条件 200ポイント
交換・還元方法 キャッシュバック、他社ポイント・マイルへの移行、カタログギフトなど
ポイントモール名 ポイントupモール
提携ネットショップ Amazon.co.jp/楽天市場/Yahoo!ショッピング/ANA SKY WEB TOUR/Shop Japan/ジャパネットたかた/ニッセン/ベルメゾンネット/無印良品ネットストア/イオンショップ/セブンネットショッピング/三越など

キャッシュバック

キャッシュバック機能 -

マイレージ

主な交換・移行可能マイレージ -
交換・還元率 - 最低交換単位 -
移行手数料 - 移行日数 -

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険 2,000万円 (利用付帯) ショッピング保険 100万円

購入日および購入日翌日より90日間
海外での利用のみ年間100万円まで補償

国内旅行傷害保険 -
ネット不正利用保険 - 航空便遅延保険 -
その他の保険・補償 -

引落し対応

電気 東京電力/東北電力/北陸電力/中部電力/四国電力/九州電力
ガス 北海道ガス/東彩ガス/東京ガス/京葉ガス/千葉ガス/大多喜ガス/東邦ガス/大阪ガス/四国ガス/西部ガス/九州ガス
水道 各地域の水道局を参照ください
新聞 朝日新聞/産経新聞/日本経済新聞/毎日新聞/読売新聞/東京新聞/西日本新聞
携帯電話・PHS NTT docomo/au/SoftBank/Y!mobile
固定電話 NTT東日本/NTT西日本/NTTコミュニケーションズ/KDDI/ソフトバンクテレコム/九州電話/東京電話/フュージョン・コミュニケーションズ/メディア
インターネットプロバイダー Yahoo!BB/OCN/BIGLOBE/@nifty/AOL/hi-ho
受信料 NHK/WOWOW/スカパー!/J:COM
その他 国民年金保険料など

空港サービス

空港ラウンジ
利用
国内 - プライオリティ
パス
国内 -
海外 - 海外 -

ロードサービス・ガソリン代特典

ロードサービス -
ガソリン代特典 スタンド -
特典内容 -
三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カードをお気に入りに追加 三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カードを公式サイトでチェック

このカードが掲載されているページ