楽天カードを徹底比較

楽天カードの選び方 クレジット比較|100枚以上のクレジットカードを比較可能

楽天のクレジットカード~クレジットカードおすすめ|比較するならランキングで

  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位
楽天カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

エントリー+新規入会と利用で5,000円分のポイントプレゼント!

常にポイント1%還元で楽天市場でのお買い物利用で3%など、とにかくポイント獲得に優れたカード。

年会費永年無料ながら、最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付帯。その他、ネット不正あんしん制度、カード盗難保険など、保険、補償も充実。

ガソリンスタンドでのポイント2%や街のポイント加盟店では最大3%など、ネットのみならず日常のお買い物でカードをよく利用される方にもおすすめの1枚。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 100円 = 1ポイント ANA Edy × × ×
楽天カードの調査結果を見る 楽天カードをお気に入りに追加 楽天カードの公式サイトでチェック
2位
楽天ゴールドカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

エントリー+新規入会と利用で10,000円分のポイントプレゼント!

楽天カードに比べて楽天市場でのポイント還元率が1%高い上に国内主要空港ラウンジが利用できる。楽天ゴールドカードは年会費2,000円で所持することができるので、出張や旅行で空港ラウンジを利用される方であればすぐに元を取ることができる。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
2,160円(税込) 2,160円(税込) 100円 = 1ポイント ANA Edy ×
楽天ゴールドカードの調査結果を見る 楽天ゴールドカードをお気に入りに追加 楽天ゴールドカードの公式サイトでチェック
3位
楽天プレミアムカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

エントリー+新規入会と利用でもれなく14,000円分のポイントプレゼント!

楽天プレミアムカードではライフスタイルに合わせて旅行、買い物、エンタメの3つのコースを選ぶことが可能。どのコースを選んでも関連する楽天のサービスでポイント2倍。
さらに毎年誕生月はポイント付与率3倍とポイントの貯まりやすさは相変わらず。

また、楽天プレミアムカードは世界120以上の国や地域で700ヵ所以上の空港でラウンジを無料利用できるプライオリティ・パスが付帯するカードの中では最も年会費が安いのも特長。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 100円 = 1ポイント ANA Edy
楽天プレミアムカードの調査結果を見る 楽天プレミアムカードをお気に入りに追加 楽天プレミアムカードの公式サイトでチェック
4位
楽天ANAマイレージクラブカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

エントリー+新規入会と利用でもれなく9,000円分のポイントプレゼント!

年会費は初年度無料、年1回の利用で翌年以降も年会費が無料。マイル移行手数料も不要でマイルユーザーにおすすめの1枚。

貯めたいポイントに応じて「楽天スーパーポイントコース」と「ANAマイルコース」の2つのコースから自由に選択。コース登録後の変更可能

マイルを貯めたり、空港で便利な「ANAマイレージクラブ」と海外旅行傷害保険やカード盗難補償で安心な「楽天カード」の2つサービスを装備。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 500円(税抜) 100円 = 1ポイント ANA Edy × × ×
楽天ANAマイレージクラブカードの調査結果を見る 楽天ANAマイレージクラブカードをお気に入りに追加 楽天ANAマイレージクラブカードの公式サイトでチェック

口コミ

楽天銀行の口座を作るのでついでにカードも一緒にした

楽天銀行に口座を作る必要がありました。
楽天銀行のキャッシュカードを作る時に一緒に楽天クレジットカードも纏めて作る事が出来ます。
楽天カードを作ると楽天ポイントが貰えますし、楽天で通販を利用してもポイントが数倍多く貰えるのです。
私は楽天で通信販売をよく利用しますから、とてもお得だと思いました。

楽天カードがあると通信販売を利用した時にもらえるポイントはどんどん貯まります。
本当にお得でポイントを利用して好きなものが買えるのは嬉しいです。
時にはポイントを利用して無料同然で物が買える事もあります。

今は楽天で通販でしか利用はしていませんが、とてもお得でいいカードです。
女性 30代 自営業手伝い

魅力的な入会キャンペーンを実施していてそれに惹かれた

大変お恥ずかしい話なのですが、自営業をしており売上が思ったように上がらない時期がありました。
そのため僅かな収入を家計にまわすと私自身の小遣いがほぼ0円となってしまう有様です。そんな時に楽天のキャンペーンがCMで流れました。
「入会するだけで、8000ポイント!」、これは現金に換算すると8000円です。
自由に使えるお金が無い自分には魅力的でした。
しかし、普段からクレジットカードを利用することがないため、取得するまでには至りませんでした。

そこから数日が過ぎると、CMだけではなくネットサイトの広告スペースに楽天カードのオススメが出現するようになりました。
それに気付く度に一層気になり始め、そしてとうとう申し込みを行ったのです。

ポイントに惹かれてという理由で恥ずかしいのですが、今ではカード自体が便利そうなので、積極的に利用していこうと思っています。
男性 50代以上 自営業

楽天グループでの利用でポイントがとても貯まりやすい

楽天カードを取得しようと思ったのは、楽天市場でインターネット通販の利用が多くなってきたからでした。
楽天カードを取得するまでは別のクレジットカード払いをしていたのですが、楽天市場での利用では楽天カードを利用したほうが圧倒的に楽天スーパーポイントを貯めるのに有利となるからです。
それに楽天カードは年会費が必要ありませんので、持っていてもあまりデメリットは感じませんので、かなり決断は早かったです。

一つだけ楽天カードのデメリットとして考えていたのは、楽天スーパーポイントは楽天グループ以外ではほとんど使えないことでしたが、楽天のグループサイトが増えてきたこともあり、今ではそれもデメリットとして感じなくなりました。
男性 50代以上 自営業

カード入会でポイントがたくさんもらえるキャンペーンをやっていたから

総合ショッピングモールの楽天市場というサイト内でカード取得以前から頻繁にショッピングを楽しんでいた私。
そんな折、楽天市場内のネット広告で期間限定の楽天カードを作ると、楽天ポイントが5000ポイントもらえるというキャンペーンをやっていたのです。
つまりクレジットカードを作るだけで、楽天市場内で5000円分の買い物ができるということに魅力を感じたのがきっかけでした。
また楽天カードは年会費もかからない点にも魅力を感じましたし、楽天市場に限らずカードを使えばどんどんポイントが貯まるポイントの還元率の良さにも他のカードにはないメリットを感じました。
ネット上での簡単な記入項目の記載のみでカードが発行されることには、手軽さも感じました。
女性 20代 主婦

ネット通販でよく買い物をするので、ポイントが貯まる

テレビのCMで、楽天カード取得でボーナスポイントがもらえるというのを見たのがきっかけでした。
それまでクレジットカードは持っておらず、どこのカードにしようかと悩んでいたので、ボーナスポイントがひとつの決め手になりました。

私はネット通販でよく買い物をします。
楽天市場での買い物の際、楽天カードでの支払いにすると購入した金額に応じてポイントが貯まっていきます。
そのポイントを使えば通販でお得に買い物ができるので、楽天市場での買い物が多い方には楽天カードがオススメです。
ネット通販をしなくても、コンビニでの利用でもポイントが貯まります。

郵送ですべての登録が完了したのも良かったです。
女性 20代 会社員

CMをよく見ていて、発行まで最短1週間と聞き

発行までの期間が短く、楽だなあと思った。
海外旅行に行こうと思った際に、急ぎクレジットカードが必要になり、発行までの期間が短いことを最優先に考えて楽天カードを選んだ。
CMをよく見ていたし、よく知っている会社なので安心できると思った。
また、世界で使えるVISAが選べるところもポイントが高かった。

楽天カードは入会特典として楽天ポイントがもらえるが、それが5000円分以上もらえると聞き、ただただクレジットカードを作るだけで得をするというところが良いなと思った。
場合によってはもらえるポイントがより多い時もあるので、そういう時期を選んで作成すればよかったな、と思っている。友達にも勧めて周りでも使っている人が多い。
女性 20代 会社員

楽天での買い物が多くなり、ポイントが貯まり次の商品購入に使えると思った

楽天市場での購入頻度が年々増えてきたので取得することにしました。
日常での買い物は現金払いが多かったのですが、出来るだけ楽天カードで支払いをすることによってポイントを貯めるようにしています。
今まではポイントがつかない現金払いや利用頻度の少ない会社のクレジットカードを利用していたのを見直すことによってポイントを効率よく貯める事が出来ました。
毎月5万円から10万円ほどの商品購入や光熱費の支払いがある為に利用頻度の高い楽天カードにすることによってポイントが貯まるようになりました。

すぐにポイントが貯まる為、楽天市場で購入することが以前よりも多くなりました。
楽天市場での購入が増えることで更にポイントが貯まり一石二鳥です。
男性 40代 公務員

楽天カードの審査は学生・主婦・生活保護・年金未納者でも通るのか?

収入や職業などに不安があると、自分がクレジットカードの審査に通るのかどうか、気になりますよね。

そこで、実際のところ楽天カードの審査は、学生・主婦・生活保護・年金未納者でも通るのかどうか、調べてみました。
ぜひ自分のケースに当てはめて、チェックしてみてください。

楽天カードの申し込みは、働いてない人でも審査に通るの?

【楽天カードの申し込みは、学生でも大丈夫?】
楽天カードは18歳以上なら、誰でも持てるカードです。
そのため、学生さんでも持つことができます。
高校生は不可ですが、大学生や専門学校生ならば、楽天カードを持つことが可能です。
審査にも十分通りますので、ぜひ申し込んでみるといいでしょう。

ただし、他のカードで過去に事故歴がある場合は、通る可能性は薄いです。
事故歴とは、返済に遅れがあったり、延滞してしまったりしたことです。
そういう経験がなく、他のカードを持っていない、もしくは他のカードは正しく期日通りに返済しているという実績があれば、むしろ有利に働きます。
ぜひ楽天カードを作ってみましょう。

【楽天カードの申し込みは、主婦でも大丈夫?】
楽天カードの申し込みは、主婦でも大丈夫です。
パートや内職であっても、定期的な収入があればより心強いです。
自分自身に安定した収入があることは、審査に非常に有利に働きます。

しかし、収入のない専業主婦の場合はどうでしょうか。
実は、楽天カードは、専業主婦でも審査に通る可能性があるカードなのです。
たとえ自分自身に独立した収入がなかったとしても、夫の収入が十分であれば一定の信用力が認められるためです。

【楽天カードの申し込みは、生活保護受給者でも大丈夫?】
楽天カードの申し込みは、生活保護受給者でも大丈夫です。
生活保護受給者にも、働いている人と、働いていない人がいます。
生活保護受給者であっても、働いていて一部を生活保護費でもらっている人であれば、固定収入があるということですので、審査に通る可能性は高いです。
また、働いていない生活保護受給者でも、収入がないフリーランスという扱いになりますので、審査に通る可能性は高いです。

ですが、収入がない生活保護者の場合は無職の扱いになるので、そこで審査に落ちてしまう可能性はあります。
アルバイトでもいいので一部働いてから、楽天カードの申し込みを行うといいでしょう。

【楽天カードの申し込みは、年金未納者でも大丈夫?】
楽天カードの申し込みは、年金未納者でも審査に通るのでしょうか。
年金が未納かどうかという情報は、日本年金機構や自治体だけが把握している情報ですので、カード会社の信用情報とはつながっていません。
ですので、年金未納者であっても、その他の属性がしっかりしていれば、楽天カードの審査には通ります。

年金を過去に未納していた人でも、収入や資産があれば楽天カードは持てるのです。
年金未納かどうかと、楽天カードの審査は、全く関係がありません。
安心して申し込んでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。学生かどうか、主婦かどうか、生活保護者かどうか、年金未納かどうかでもそれぞれケースは異なってきます。
ご自身がこれらの属性に当てはまる場合でも、安心して申し込んでください。
むしろ、これらのことよりも、アルバイトでもいいので固定の収入があるとか、賃貸に長く住んでいるとか、そういった他の属性の方が大切になります。
たとえ生活保護であっても年金未納であっても、大切なことは、確実に返済していけるかどうかとういことです。
計画的に返済していけるということをアピールして、楽天カードの申し込みを行ってください。

入手困難な激レアカード!「楽天ブラックカード」の特徴

楽天カードはその取得の気軽さと使いやすさから、幅広い年齢層にとても人気の高いクレジットカードです。
一般カードの上位に、ゴールドカードクラスの楽天プレミアムカードがあることは良く知られていますが、実はもうワンランク上位の楽天ブラックカードの存在はあまり知られていません。
まだ所有者数が少なく、手に入れるのが難しい激レアなカードといわれています。気になる楽天ブラックカードのスペックや、取得条件について見ていきましょう。

楽天ブラックカードってどんなカード?

【ブラックだけどプラチナ?】
ブラックカードといえば、アメックスのセンチュリオンカードやダイナースクラブのプレミアムカードが有名ですが、楽天ブラックカードは、このクラスと同等というわけではありません。
年会費も3万円と、10万円を超えるブラックカードよりかなり低め。
実質的にはプラチナカードのクラスに入り、券面フェイスの色はブラックですが楽天ロゴの下には“platinum”という文字が記されています。
年会費1万円の楽天プレミアムカードの上位という位置づけからしても、プラチナカードと考えて間違いはありません。

とはいえ、庶民的な楽天カードから見ればかなりハイクラスなクレジットカードといえます。

【入手の困難さはブラックカード並み】
楽天ブラックカードの入手方法は、楽天カードか楽天プレミアムカードの利用者に対してのインビテーションのみです。
ではなぜ、楽天ブラックカードが注目されるのでしょうか。
その理由は、その保有者数の少なさです。

通販をしている人は必ず持っているとまでいわれる楽天カードの発行枚数は、1200万を超えています。
それに対して、楽天ブラックカードを持つ人はほとんど見かけません。
歴史が浅いという背景もありますが、他社のプラチナカード保有者の割合から考えても、相当取得が難しいようです。

インビテーションの条件など詳細は非公開となっているため、入手についてはブラックボックスといっても差し支えありません。
持つ人が非常に少ない激レアカードであるがために、ブラックカード並みの選考が行われていると考えられます。

楽天ブラックカードのハイスペックさに脱帽!

【楽天ブラックカードを持つメリットは?】
楽天プレミアムカードも、一般カードとしてポイント優待など非常にメリットが大きいカードですが、楽天ブラックカードはさらにお得感があります。
楽天を日常的に利用しているのであれば、年会費は決してムダになりません。

まずはポイント付与に関してです。楽天ブラックカードでは「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」すべてのコースで利用するごとにお得にポイントを貯めることができ、アプリと併用すれば最大6倍のポイント付与がされます。
これはブラックカードならではの特典です。

また、楽天ブラックカードの期間限定利用キャンペーンも多く開催され、一般カードと比較すると総合的なポイント還元率はかなり高くなります。

【あれもこれも驚きの特典】
楽天プレミアムカードと他のゴールドカードの比較で良く取り上げられるのが、「プライオリティ・パス」の無料取得についてです。
世界120か国・400都市、850か所のラウンジをフルに利用できるプレステージ会員権(日本円で4万円弱)が付いています。
楽天ブラックカードでは、さらに同伴者2名までも無料。家族で海外旅行をするのであれば、これだけでも年会費の元はとれそうです。

その他の特典も簡単に見ておきましょう。

・ブラックカード会員専用国内宿泊予約センター・優待付き
・トラベルデスク
・手荷物宅配サービス
・Hertzレンタカー優待価格サービス
・海外旅行傷害保険:最高1億円
・国内旅行傷害保険:最高5000万円
・ショッピング保険:最高300万円
・ネット不正あんしん制度

ネットや店舗でのショッピングで、どのカードよりも楽天ポイントが貯められ、補償も充実しています。さすが楽天の最上位の実力を持ったカードですね。

楽天ブラックカードの審査基準とは

【その厳しさはMaster World 以上?】
楽天ブラックカードは、MasterCardとJCBのブランドがあります。
MasterCardの最高峰ブラックカードはMaster Worldですが、楽天ブラックカードの審査はそれ以上と考えられています。

先にもあったようにインビテーションで取得できますが、その基準は一切不明です。
直接申し込みした場合、ほぼ100%即決で落選します。
楽天ブラックカードの取得は、地道に楽天カード、楽天プレミアムカードで利用履歴を重ねていく他ありません。

【取得の目安は?】
楽天ブラックカードのインビテーションがもらえるおおよその目安としては、楽天プレミアムカード利用を2年・年間の利用額が200万円というあたりが多いようです。
中には、楽天カード歴10年で年間利用額400万円というケースもあります。
カードの種類を問わず、利用額と着実な返済がインビテーションへの道を開きます。

ポイントとしては、楽天グループでの利用実績です。
楽天でのショッピングや旅行・ホテルの利用、楽天銀行・楽天証券など総合的な楽天ユーザーであれば、比較的早期のインビテーションが期待できます。

まとめ

庶民派の楽天カードの最高峰でありながら、突き抜けた難易度を誇る楽天ブラックカード。
その取得の難易度の高さから、熱望される存在となっています。
恐らくは単なる出し惜しみではなく、楽天を長く愛し、利用し続けてくれるユーザーへの返礼として位置づけられているのかもしれません。
楽天のヘビーユーザーとしては、是非、手に入れたい一枚といえるでしょう。

最終更新日:2018/8/23