Orico Card THE POINT

年会費永年無料
還元率1.0%以上の高還元率カード!

Orico Card THE POINT
  • VISA
  • Master
  • JCB

年会費永年無料でいつでも還元率1.0%以上!入会後6ヶ月間は還元率が2.0%に!

いつものネットショップのお買物もオリコモール経由なら、通常ポイントにショップごとのポイント(0.5%~15%)加算、さらにカード特典の0.5%が加算され、断然お得に。

電子マネ―「iD」と「QUICPay」が同時搭載で小額のお買物もカードをかざすだけでスピーディーに決済、さらにポイントも貯まる。

貯まったポイントは500ポイントから様々な提携サービスへポイント移行やギフト券と交換可能。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン

Get Adobe Flash player

年会費(初年度) 無料 (無料)
審査/発行 最短8営業日オンライン申込の場合最短8営業日
学生・未成年は郵送申込のみ
利用限度額 10万円~300万円
ポイント還元率 1%
Orico Card THE POINTをお気に入りに追加 Orico Card THE POINTを公式サイトでチェック
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用+各種設定+申込等、条件を満たして最大8,000オリコポイントをプレゼント!(03月29日カード発行分まで)

Orico Card THE POINTの評価・評判・感想

Orico Card THE POINTで特に好評なのが、年会費が完全無料(本人会員、家族会員、ETCカード含む)でありながら、高還元率であるというところです。有効期限が1年という短期間であることを除けば、不満の声は聞かれません。そのうえ、ポイントの貯まりが良いので、使い残しなく利用できているというユーザーがほとんどです。オリコモール経由の破壊的な威力については、AmazonカードよりもAmazonポイントが貯められるという例でも良くわかります。しかもポイントの交換先が、楽天ポイント、Amazonギフト券、Tポイントなどかなり使い手があるのも支持されている理由となっています。

また、他社カードを利用していた人が、ポイント蓄積の差に驚いて即刻メインカードに変更したというケースもあります。リアル店舗の利用が多い人向きとはいえませんが、ネットショッピング主体の生活であれば是非持つべき、というおすすめの声が多数です。さらに電子マネーがチャージ不要で、「iD」・「QUICPay」の両方利用できるのが気に入っているという人もいます。保険の付帯がないことを差し引いても、年会費無料でポイント還元が大きいOrico Card THE POINTを高く評価する声は圧倒的です。

お申し込みはこちらから

口コミ

カードの年会費が永久無料なのが嬉しいです

オリコカード暦7年くらいです。持ったきっかけは旅行会社エイチ・アイ・エスで、カードで支払いをしたかったので、旅行を申し込んだ時にクレジットカードも入会しました。キャンペーン中でいくらかキャッシュバックがあったと思います。よく旅行にいくので、その都度オリコカードで決済していました。ポイントは毎年どのくらい利用したかでポイント2倍になったりする仕組みです。今はANAカードも利用しているのであまりポイントが貯まりません。ポイントが貯まると、エイチ・アイ・エスの商品券に交換したり、図書カードや、デパートの商品券に換えたりしています。いろいろな種類があるので交換するのが楽しみです。ネットですぐに申し込みができ比較的商品めすぐ届きます。
女性 30代

リボ払いに変更したが変更されてないことがあり焦りました

オリコカードは、年会費無料のカードが多くあるので、利用シーンに合ったクレジットカードを作ることが出来ます。後からリボ払いに変更出来る点に魅力を感じて、オリコカードを使っていましたが、リボ払いへの変更締め日が実際のカード締め日と5営業日ほどズレるので、ギリギリに後からリボ払い変更をすると、変更されていないことが何度かあり焦る事態になりました。コールセンターに電話しても門前払いとなってしまうので、リボ払い専用カードに作り直そうかと本気で考えました。ポイントを多く貯めるためと割り切って、リボ払いへの変更を一切しない1回払い専用カードとして使うことが適していると考えるキッカケとなったので、オリコカードの利用限度額を下げてもらい1回払い専用カードとして使うようにしています。
男性 40代

コストコで使えて便利。ポイントが貯まると欲しい物と交換できる。

コストコでは購入金額も大きいのに普通のカードが使えないのでオリコが使えてとても便利です。ポイントも貯まりやすくてポイント交換でコストコのギフト券とも交換できるので大変ありがたいです。今は入っていませんが、安いお得な保険もあるようで検討しています。困ったことは、特に今のところありませんが、引き落としの明細が来るのがほかのカード会社さんよりも少し遅い気がするので、もう少し早いといいなーと思います。どこもお店でも使えるし、ネットでも使えるので日々便利に使えています。もっといろいろなキャンペーンが日ごろからあるとうれしいなと思います。家族カードもあるので家族でもポイントも貯まって共有できて便利ですね。
女性 40代

ポイントで商品券に交換できて良いがビジュアルがいまいち

私は、おしゃれが好きで服をよく購入します。その経緯があり、オリコカードを購入しましたが、非常に良かったと思っております。ポイントが他のカードより多くつきますし、ポイントの交換が500円単位からでき、今までも5回ほど交換ができております。さらに、年会費も安く、年間では非常にお得なカードと感じています。困ったことは、カードのビジュアルが格好よくないことです。決しておしゃれなカードではありませんのでデートの際には使用できません。学生が使うようなビジュアルですので、もっとシックにしてほしいです。他によかったことは、インターネットですぐに使用状況が確認できることです。借り入れ状況やリボ払いなどさまざまな利用ができます。
女性 40代

どこでも使えるし、ポイントの交換先が多い。

どこでも使えます。今のところ使えなくて困ったことはありません。携帯のアプリがあるので、登録しておけば、請求額や利用可能額、ポイントなどがすぐにわかります。アプリで明細が見られるので、請求書が届く前に支払い額がわかります。暮らスマイルからオリコポイントへの交換もアプリですぐに出来ます。オリコポイントの交換先が、Amazonや楽天ポイントなど自分の欲しい物に合わせて交換出来ることが、1番いい所です!ETCカードも持っているので、ETCを使うとオリコポイントが貯まるのもいいです。ポイントが早く貯まるのが1番嬉しいです。持っていて困ったことは、今のところないですが、サポートセンターの電話が繋がりにくいことはよくあります。
女性 30代

オリコカードでガソリン代を節約できた

オリコカードでガソリンの給油が値引きされたのでガソリン代節約になって良かったです。仕事で車をよく使うので少しでも安いガソリンスタンドを使わせて頂いていました。限られたとこでしか値引きはされないのである程度給油先を把握していないといけないのが難点です。もちろん他のガソリンスタンドでも使用できますが、やはり一部使えない店もありますので遠出をした際には困りました。最初の申し込みをする際に固定電話が必須でしたのでアパート住まいのときは何度もやり直しがあり大変でした。コールセンターに電話をした時はすぐに対応して頂き、説明も丁寧にして頂いたのでわかりやすかったので良かったです。オリコカードを使って現金払いよりも値引きされるオリコカードで明細書も発行されるので、一石二鳥になりました。
女性 30代

エブリボといういつでもリボ払いとなる機能が便利だと考えたから。

メインで使用していたクレジットカードは、後からリボ払いに変更出来るタイプでした。しかし、リボ払い変更したにも関わらず、一括払いとなっていたケースが複数回あったので、全てリボ払い登録出来るエブリボという制度があるオリコカードならば、年会費永年無料で使いやすいと考えたわけです。マイオリコの会員ページから指定期間内に増額返済を指定出来るので、返済額が少ない時には増やすことも出来ます。店頭では1回払いを指定しても、自動的にリボ払いに変更されている安心感があったので、利用しやすいクレジットカードだと考えられたわけです。ポイント還元率も高く、ポイントで交換出来る商品ラインナップが充実していたので、ツールボックスやキャンプ用品へのポイント交換を楽しみにしていました。
男性 30代 契約社員

最終更新日:2017/11/7

お申し込みはこちらから

とにかくポイントが貯まる!「Orico Card THE POINT」の審査について

クレジットカードにはそれぞれの特徴がありますが、Orico Card THE POINTはその名称にもある通り、よくポイントが貯められると評判のカードです。クレジットカードを利用するときに、ポイントが気になって仕方がないというタイプの人には最高の1枚といえるでしょう。
また、貯めたポイントを効果的に活用したいという人にもおすすめです。でもそんなに使い勝手の良いカードならば、審査基準が厳しいのでは?という心配もありますよね。Orico Card THE POINTのカード詳細と、その審査についての情報を見ていきましょう。

Orico Card THE POINTとは?

【オリコカード史上最強?】
クレジットカードに興味がない人でも、どこかで「オリコカード」という名前は聞いたことがあるでしょう。大手信販会社であるオリエントコーポレーションが発行するカードが、オリコカードです。その中でも代表格となるのが、Orico Card THE POINTになります。
年会費無料でありながら、あまたあるクレジットカードをしのぐ高還元率を誇っており、オリコ自らが「最強カード」と豪語するのも無理はありません。
Orico Card THE POINTが支持されるのには、さらに理由があります。どれほどポイントが貯まろうと、使い道が限られているのでは意味がありません。Orico Card THE POINTのポイントは、さまざまな商品券やギフト券、さらに他社ポイント、マイルに変換が可能。しっかり貯めてお得に使う、それがOrico Card THE POINTを持つ人の特権となります。

【Orico Card THE POINT の基本情報】
Orico Card THE POINTの基本的なカードスペックを見ていきましょう。
・年会費:永年無料(家族カード、ETCカードも無料)
・カードブランド:Visa、MasterCard、JCB
・ポイント還元率:常時1%最大15%も可能
・紛失・盗難保障
・電子マネー:iD・QUICPay搭載
Orico Card THE POINTはポイント還元に特化したカードといっても過言ではありません。そのため残念ながら、旅行保険のような特典について期待はできません。
しかしながら、そういったマイナス面を補って余りあるのが、ポイント付与に関する実力です。Orico Card THE POINTは通常でも1%という業界トップクラスの還元率を有しますが、ネットショッピングの際に「オリコモール」を経由するだけで、さらに0.5%が上乗せされます。さらに店ごとに0.5~12%のポイント付与が受けられるので、最低でも2%は確実に受け取ることができます。
Orico Card THE POINTは非日常のためのカードではなく、まさに毎日の生活で「使える」カードといえるでしょう。

Orico Card THE POINTのメリット

【入会半年でOrico Card THE POINTを味わい尽くす】
年会費が永年無料のOrico Card THE POINTは、持っていてもまったく損をすることはありません。しかし、入会したからには寝かせておくのは勿体ないです。入会後半年間は、通常1%のポイント付与が常時2%と優遇されています。もちろん先に挙げた「オリコモール」経由のショッピングでは、さらにポイントが上乗せされます。
ほかにも、ポイント上乗せができるサイトは、アマゾン、楽天といったネットショッピングの大定番ばかりです。ネット通販で暮らしているというようなヘビーユーザーには、特におすすめできるカードとなっています。
クレジットカードの中には高還元率を謳いながら、ポイント付与が除外されるサービスが多いというケースもあります。Orico Card THE POINTならば、ETCカードやiD、QUICPayといった電子マネー利用でもポイント対象になるので、まさにいつでもどこでもポイントがサクサクと貯まります。

【使えるポイントじゃなきゃ意味がない】
Orico Card THE POINTが“ツカエル”のは、真実です。特筆すべきはその交換先の多様さ。楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONなど、主だったポイントへの交換のほか、Amazonギフト券、iTunesギフトコード、LINEギフトコード、nanacoギフト、ファミリーマートお買い物券、すかいらーくご優待券などなど。しかもほとんどの交換先で、リアルタイムに利用ができるのも嬉しいですよね。
貯まるには貯まるけれど、普段自分が利用しないようなポイントでは価値はありません。使ってこそのポイントであることを体現するカード、それがOrico Card THE POINTです。

Orico Card THE POINTの審査基準

【原則18歳以上で申込受付】
Orico Card THE POINTのお得さを見れば、誰でも申込したくなりますが、その基準とはどのようなものなのでしょうか。公式サイトでは、「高校生を除く18歳以上」であれば、申込は可能としています。学生や専業主婦でも、受付可能です。年収に関しても、特に記述はなく、定収入必須ということはありません。
しかしだからといって、誰もが取得できるというものでもないようです。Orico Card THE POINTの審査については、独自の通過基準があるといわれています。たとえば年収200万円のフリーターで通る場合もある一方、年収400万円のサラリーマンでは不可だったというケースもあります。

【Orico Card THE POINTの審査基準は信用第一】
年収重視のカードが多い中で、Orico Card THE POINTの審査基準はカード利用の安定性です。取得できない原因には、次のようなものが考えられます。
・過去5年以内のカード、クレジット返済遅延
・過去半年以内のカード申込の重複
・現在高額の借入をしている
・クレジットカード利用の実績がない
その他、現在分割やリボ払いで多額の返済責務がある人なども、信用情報機関を通じて明確になります。持ち家か賃貸か、固定電話か携帯電話かなど細々した部分も審査に影響がないとは言い切れませんが、とにかく問題となるのは個人の信用履歴です。
過去のクレジットカードやローンの利用と返済が正常であれば、自営業者でも即時通過が可能です。インターネットから申込後、審査がクリアできれば30分ほどでカード発行の通知が届き、10日前後で郵送にて手続きが完了します。
万が一、審査通過できなかった場合には、半年ほど期間を空けてから再チャレンジしてみてください。もちろんその間、誠実なクレジットカードの利用歴を積んでおくことは必須です。

おわりに

ポイントがどっさり貯まり、使い道も豊富なOrico Card THE POINTは、実はそれほど取得が難しいカードではありません。基本的には誰でも申込可能であり、年収がネックとなる心配もありません。過去のクレジットカード利用実績が順調でさえあれば、10日後にはOrico Card THE POINTとの毎日が始まります。
生活に密着し破格のポイント付与が実現できる1枚を、是非この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2017/09/28

お申し込みはこちらから
Orico Card THE POINTをお気に入りに追加 Orico Card THE POINTを公式サイトでチェック

スペック表

基本情報

国際ブランド
  • VISA
  • Master
  • JCB
申込資格

原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)

審査/発行 最短8営業日
オンライン申込の場合最短8営業日 学生・未成年は郵送申込のみ
年会費 初年度 無料 -
2年目以降 無料 -
家族カード 初年度 無料 -
2年目以降 無料 -
ETCカード 初年度 無料 -
2年目以降 無料 -
発行手数料 無料 -
特典 -
法人追加カード 年会費 -
引落し口座 -
追加カード枚数 -

利用枠・支払い

利用限度枠 ショッピング 10万円~300万円 支払い方法 1回払い
キャッシング 公式サイトにて確認 2回払い
利率 ショッピングリボ 15% ボーナス払い
リボ払い
キャッシング
公式サイトにてご確認ください
分割払い
その他 -
締め日 毎月月末 支払日 翌月27日

電子マネー

電子マネー iDQuicpay -

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 オリコポイント
付与率 100円 = 1ポイント
毎月のご利用金額を合算した金額に対して100円につき1P。 オリコモールの利用で通常のオリコポイント獲得分にプラスして0.5%分を特別加算。
有効期限 1年間
カードショッピング利用分や、オリコモールで獲得したオリコポイントの有効期限はポイント加算月を含めて12ヶ月後の月末まで。 各種キャンペーンで獲得したオリコポイントの有効期限はキャンペーン毎。
還元率 1% 最低交換条件 500ポイント
交換・還元方法 他社ポイント・マイルへの移行、カタログギフトなど
ポイントモール名 オリコモール
提携ネットショップ 楽天市場/Amazon.co.jp/Yahoo!ショッピング/ニッセン/セシール/無印良品ネットストア/Shop Japan/ベルメゾンネット/HMVオンライン/イオンショップ/ジャパネットたかた/セブンネットショッピング/livedoorデパートなど

キャッシュバック

キャッシュバック機能 -

マイレージ

主な交換・移行可能マイレージ JALANA
交換・還元率 1,000ポイント = 600マイル JALの場合は1000オリコポイント=500マイル 最低交換単位 1000ポイント以上/1000ポイント単位
移行手数料 無料 移行日数 毎月末日までのお申し込み分を、翌月15日頃に移行致します。
JALの場合、1日~15日の申し込み分は翌月1日頃、16日~月末の申し込み分は翌月22日頃

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険 - ショッピング保険 -
国内旅行傷害保険 -
ネット不正利用保険 航空便遅延保険 -
その他の保険・補償 紛失・盗難保障

引落し対応

電気 北海道電力/東北電力/北陸電力/東京電力/中部電力/関西電力/中国電力/四国電力/九州電力/沖縄電力
ガス 東京ガス/仙台市ガス局/大阪ガス/大和ガス/広島ガス/九州ガス
水道 東京都水道局/多摩地区都営水道26市町(多摩地区のうち/武蔵野市/昭島市/羽村市/檜原村を除く)
新聞 朝日新聞/産経新聞/日本経済新聞
携帯電話・PHS NTT docomo/au/SoftBank/Y!mobile
固定電話 NTTコミュニケーションズ/KDDI/ソフトバンクテレコム/フュージョン・コミュニケーションズ
インターネットプロバイダー BIGLOBE/@niftyなど
受信料 NHK/スカパー!/WOWOW
その他 家賃(大東建託/ミニミニ/積和不動産/株式会社インボイスMYM/株式会社ケイ・アール・エム)/国民年金保険料など

空港サービス

空港ラウンジ
利用
国内 - プライオリティ
パス
国内 -
海外 - 海外 -

ロードサービス・ガソリン代特典

ロードサービス -
ガソリン代特典 スタンド -
特典内容 -
Orico Card THE POINTをお気に入りに追加 Orico Card THE POINTを公式サイトでチェック

このカードが掲載されているページ