2017-07-05

人気ナンバー1と呼び声も高い、プロミスのカードローンについて

[最終更新日]2017/07/05

01


「やっぱり君はプロミスだ!」というコミカルなCMですっかりおなじみの、大手消費者金融プロミスは、なかなか評判の良い貸金業者です。

人気の秘密は申し込みから融資の速さにあるようですが、実情はどうなのでしょうか。キャッシング、カードローンを検討している人が参考にできる、プロミス利用のメリットや口コミ情報を見ていきましょう。

プロミスのカードローンのスペック

プロミスの運営元は銀行系子会社

プロミスは消費者金融サービス名であり、「プロミス」という企業名ではありません。プロミスを運営しているのは、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」です。

名称からわかるように三井住友銀行が属している三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の子会社になります。つまり、プロミスはれっきとした大手金融業の系列のサービスです。

消費者金融というと何かしら怪しいイメージを持つ人がいますが、プロミスの利用にはそうした心配は要りません。三井住友銀行と密接なつながりがあり、三井住友銀行カードローンのローン契約機を使ってプロミスの申し込みができたり、三井住友銀行ATMから手数料無料で借り入れや返済ができたりします。

三井住友カードローンと同様に安全性が高く、しかも審査のハードルは銀行カードローンよりも低めです。銀行カードローンはちょっと難しいと感じる人でも、プロミスならば借り入れできる可能性があります。

プロミスの基本情報

プロミスにはいくつかキャッシング商品がありますが、もっとも一般的なカードローンについて詳細を確認しておきましょう。

・利用目的:生計費(個人事業主は、生計費および事業費)
・申込年齢:年齢20歳以上69歳以下
・申込対象:本人に安定した収入があれば主婦、学生でも可
・返済期間:最終借入後原則最長6年9ヶ月
・返済回数:1~80回
・金利:4.5%~17.8%(実質年率)
・借入限度額:1~500万円
・審査時間:最短30分
・即日融資:可能(最短1時間)
・無利息期間:あり(初回のみ借入日翌日から30日間)
・契約期間:1年毎の自動更新
・返済方式:残高スライド元利定額返済方式
・収入証明書:借入額50万円以下不要
・担保・保証人:不要
・保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスは個人向けの無担保融資商品です。保証会社の審査が通れば、個人的に保証人を立てる必要もありません。

無職の人は申し込みできませんが、主婦や学生でもパートやアルバイトで収入があれば申し込みは可能です。借り入れできる金額の上限は500万円で、審査によって各個人の利用限度額が設定されます。

プロミスは貸金業法で定められた総量規制の対象です。他社からの借り入れを合算して、収入の1/3を超えた新たな借り入れはできません。

プロミスのカードローンのメリット

家から出ないで借入れが可能

プロミスを利用する大きなメリットは、とにかく融資までの時間が短いことが挙げられます。広告でも最短1時間融資を謳っているとおり、消費者金融業界でも最速で融資が受けらるでしょう。

勇気を出してカードローンを申し込んだ後、審査結果までが長いと不安になったり、やきもきしたりしますが、プロミスならば30分ほどで審査結果が通知されます。店頭窓口や自動契約機を利用すれば、その場でカードが発行され、銀行やコンビニATMから現金振り出しが可能です。

手続きのために自宅から出たくない、という人であれば、インターネットか電話で申し込みから融資まで完了できます。平日の14時までに手続きが終えられれば、指定口座へ即時振り込みをしてもらえます。

カードローンは後日郵送してもらえるので、その後はATM利用も可能です。自宅への郵送物を一切希望しない人は、Web完結のみのカードレスキャッシングを選ぶこともできます。

また、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、パソコンやケータイから、24時間365日、最短10秒で口座へ振り込まれる「瞬フリ」という会員サービスもあります。プロミスのカードローン会員になっておけば、いざというときいつでもお金の融通が利く状況を作れるでしょう。

初めてならば利息がつかない?

初めての利用者に好評なのが、30日間無利息サービスです。

プロミスの上限金利は17.8%。これは消費者金融としては平均値となっています。しかし、銀行カードローンなどの商品と比較するとかなり高めです。

通常は1日でも借り入れすれば、必ず利息が付き、そこがカードローンのネックでもあります。プロミスでは初めての借り入れに限り、借り入れた日の翌日から数えて30日間は利息が付きません。この間に借金を完済すれば、利息を払わずに済みます。

返済までに30日を超えるというときでも、30日分の利息がないのでかなり楽です。給料日まであと半月あるけれど手持ちが乏しいというときや、どうしても現金出の支払いが必要などの場合、返済の目途があれば有利に借り入れができます。

金利の低さで銀行カードローンを考えている場合でも、返済までの期間が短いのであれば、プロミスを選択する方がお得かもしれません。

プロミスのカードローンの口コミ・評判

02

とにかく審査・融資が速いという声が多数

webから申し込みした場合、1時間後には審査や契約が完了し、3時間で融資ができた例があります。電話による応答がまったく要らなかったケースですが、急ぐ場合には電話連絡という方法をとってもいいでしょう。

夜間でも時間によってはwebから当日中に契約が可能です。19時に申し込み、webだけのやり取りで21時には契約完了。三井住友の口座があったため、その後瞬フリで入金ができたそうです。

希望融資額10万円のところ、50万円までの枠がもらえ、融資まで1時間という超スピード派からの声もありました。簡単入力申し込みを行い、その後は電話でオペレーターとやり取りをすると、時間短縮ができるようです。

プロミスの審査状況は?

銀行系列の消費者金融というと、審査が厳しそうなイメージですが、プロミスの場合はその柔軟さも高い評価につながっている理由のひとつです。

年収200万円台のシングルマザーでも、即日融資が得られ、子どもの学費が助けられたという声が上がっています。三井住友銀行のおまとめローンの審査には落ちたが、プロミスでの少額融資が通り、その後少しずつ増額ができているという話も耳にするほどです。

中にはブラックリストに限りなく近いという、かなり厳しい条件ながらなんとか借り入れができたというケースも見られます。

全体から判断すると、
・できるだけ少額の融資を希望する
・他社の借り入れがあってもコツコツと返済する
というのが、条件が悪いときにでも借り入れできるポイントとなっているようです。

もちろん、自己破産など大きな信用事故がある場合には、プロミスといえども審査は通りません。しかし年数を経ており、その間に信用が回復できていれば、融資の可能性はあります。

他の貸金業者と比較すると、状況を丁寧に判断し、柔軟性のある対応が期待できるというのが、プロミスの審査に関する印象です。

おわりに

お金がないときには藁にもすがりたい気持ちになりますが、借入先の選定はその後の生活に大きく関わります。安全性が高く、きちんとした対応をしてくれる業者を利用することが借り入れの鉄則です。

プロミスは業界の中でも評判が高く、安定した業績を上げています。運営元が確かなのも、利用者にとっては安心感がありますよね。

金利は消費者金融としてはごく普通ですが、無金利サービス期間を上手に活用すれば、余裕ある生活設計に役立てられそうです。


[最終更新日]2017/07/05

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事