2017-06-30

「アメックスグリーン」って何がすごいの?今もう一度アメックスグリーンを見直してみた

[最終更新日]2017/07/03

01


ステータスのあるクレジットカードといえば、まず筆頭とされるのがアメリカン・エキスプレス、通称アメックスカードです。あまりクレジットカードの知識がない人でも、名前くらいは知っているというほど有名ですが、一体なぜそれほどの知名度があるのでしょうか。

アメックスの一般カードであるアメックスグリーンにスポットを当てて、そのスゴさや魅力について迫っていきます。

アメックスグリーンとは?

生まれながらのスペシャルT&Eカード

アメリカン・エキスプレス社が誕生したのは、日本でいえば何と江戸時代のことです。前進となったのは高級品専用の運送業で、その後1891年にトラベラーズ・チェック事業を開始しました。

旅行者の利便性をはかる事業内容は、その当時から引き継がれたものです。T&E(トラベル&エンタテインメント)カードの草分けといわれていることにも、十分うなずけます。

アメックスの歴史は、世界各地へ出向くアメリカ国民の現地サポート的な役割を担いながら重ねられてきました。世界中の高級ホテル、各種旅行チケット、旅先にあるサポートデスクなど、すみずみに行き届くサービスは当然のことともいえます。

さらにアメックスのカード会員は、各国の富裕層が中心です。セレブリティたちを満足させるカード特典こそ、アメックスカードの真髄ともいえるでしょう。

国際ブランドのプロパーカード

アメックスグリーンはアメックスカードの最下位に位置するカードですが、すでに他社ゴールドカード以上のレベルを誇ります。

アメックスは世界的な決済システムを有する7大ブランドの中で、シェアは世界第4位です。VISAやMasterCardはトップシェアブランドとして有名ですが、自社独自のブランドカードは発行していません。

アメックスカードは、国際ブランド企業が発行するプロパーカードです。提携カードでは持ちえない信頼性とブランド力が、アメックスグリーンには備わっています。

年会費無料のクレジットカードがいくらでもある中、一般カードとはもはやいえないほど高額の年会費を必要とするのが、アメックスグリーンです。そこにはアメックスブランドカードとしてのステータス、持つ人のプライドが反映されています。

アメックスグリーンは最初のカードに最適?

高みを目指す人のファーストカード

アメックスカードには申し込みで入手できる、アメックスグリーン、アメックスゴールドカードの他、利用実績に応じてインビテーションされるアメックスプラチナやセンチュリオンカードがあります。

上位クラスのカードになると、インビテーションの基準がどこにあるのかわからないほど、取得難易度が高いです。世界のどこでもVIP待遇が受けられることに、間違いありません。

アメックスゴールドカードは、年会費でみるとアメックスグリーンの2倍以上になりますが、各種保険が手厚くなるなどの特典があります。ポイント還元率はアメックスグリーンと変わりません。

インビテーションまでの実績に関しては、アメックスグリーンでもゴールドでもさほどの違いはないといわれています。アメックスグリーンをある程度保有し、利用実績が高ければアメックスプラチナへの昇格が可能です。

クレジットカードなんて使えれば良いという考え方をする人もいます。しかし、将来的に高みを目指すのであれば、20代、30代でアメックスグリーンを使いこなすのが理想的です。

他のカードでは味わえない満足感、優越感が確実に手に入れられます。

アメックスグリーンの基本情報

アメックスグリーンのカードスペックを確認しておきましょう。

・申込資格: 20歳以上、日本国内定住所、定収入

・年会費:初年度無料 ・2年目以降 12,000円(税抜)

・基本ポイント還元率:0.33~0.4%
メンバーシップ・リワード・プラス登録(年間税抜3,000円)でマイル換算1.0%

・プライオリティパス無料付帯:スタンダード会員

・海外旅行保険
傷害死亡・後遺障害:最高5000万円
傷害治療費用:最高100万円
疾病治療費用:最高100万円
賠償責任:最高3000万円
携行品損害:最高30万円
救援者費用:最高200万円

・国内旅行保険
死亡・後遺障害補償:最高5000万円

・ショッピング・プロテクション:最高年間500万円
この他にも、国内空港のアメックスラウンジを同伴者1名まで無料で利用できたり、手荷物無料宅配サービスがあったりと、旅行の際にはまず詳細一覧をチェックするほど特典が発見できます。

カード専用コンシェルジュサービスも充実しており、わからないことがあればすぐに回答してもらえます。レストランについて予算を伝えたところ、同伴者が無料となる店を探してくれたという嬉しい声もあり、このあたりからも並大抵のサービスではないことが伺えますね。

アメックスグリーンがゴールドやプラチナカード並みといわれるのも、無理のない話です。

アメックスグリーンの特徴

02

ファンが多い券面デザイン

アメックスグリーンが好まれるのは、その「男前」な券面デザインにも秘密があるようです。他のカードとは明らかに異なり、ひと目で「アメックスユーザー」であることがわかります。

意外なことに、世界の富豪たちの中でも上級カードにせずアメックスグリーンを持ち続けている人が多いようです。それだけアメックスグリーンには一般カードを超えるステータスがあり、これ1枚で十分と感じさせるメリットが詰まっているのでしょう。

例えば、アメックスで海外旅行を計画する際には孤独感と無縁です。トラベルコンサルタントと一緒に、交通手段から宿泊施設、旅程、観光スポット、グルメ情報などのあらゆるプランを作成できます。

世界中にはられたアメックスの情報網から、リアルタイムの現地情報が提供され、最高の満足度が約束された時間を過ごすことが可能です。

海外旅行でのステータスはピカイチ

アメリカのエスタブリッシュ階級では、子息を海外に留学させる際など、必ずアメックスを持たせて送り出すといわれています。何があっても現地のアメックスサービスが何とかしてくれるという、絶大な信頼感があるようです。

単なるクレジットカード以上のサポート力が伝わるエピソードですが、海外旅行関連サービスの充実を見る限り、決して大げさとはいえません。

日本国内では現金主義が主流ですが海外では、クレジットカードが身分保証の代わりという扱いです。ホテルのフロントでは例えすでに宿泊料が支払われている場合でも、必ずクレジットカードの提示が求められます。アメックスグリーンを差し出せば、文句なく信頼性のおける人物として扱われるのはいうまでもありません。

アメックスカードが築いてきた信用度とステータスが、カード1枚に集約されている、それがアメックスグリーンのスゴさといえるでしょう。

おわりに

アメックスカードを持っているというと、何だかスゴイという印象ですが、何がどうスゴいのかは所有して見なければわかりません。年会費から見ると他社のゴールドカードに匹敵する金額ですが、その内容は負担をはるかに上回ります。

実際、アメックスグリーンを一度手にすると、手放す人はごく稀です。所有することの喜び、満足度、利便性や頼りがいといったクレジットカードに求められるすべてを満たしたいのならば、取得に向けてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


[最終更新日]2017/07/03

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事