• デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位
ライフカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

年会費永久無料でクレジットカード業界最高水準のポイントプログラム。

入会後1年間は1.5倍、お誕生月は5倍、会員限定のショッピングモール「L-Mall」経由のネットショッピングで最大25倍と業界最高水準のポイント還元率。
年間の利用額50万円以上で翌年のポイントが1.5倍、150万円以上で2倍と2年目以降もポイントUP!さらに1年間の利用金額が50万円以上なら、毎年300ポイント(=1,500円相当)のボーナスポイントも。

ポイントの有効期限が最大5年間まで繰り越し可能なので、じっくりたっぷり貯めて交換ができる。還元率の高いANAマイルや商品券などポイントの交換先も充実。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 1,000円 = 1ポイント ANA iD × × × ×
キャンペーン情報
  • プロパーカード新規入会でもれなく最大12,000円分プレゼント!(12月31日申込分まで)
ライフカードの調査結果を見る ライフカードをお気に入りに追加 ライフカードの公式サイトでチェック
2位
学生専用ライフカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

業界最高水準のポイントプログラムのライフカードの学生専用クレジットカード。

年会費は在学期間中だけでなく卒業後もずっと無料なので、社会人になる前に作るはじめてのカードに最適。

ライフカードの学生専用限定特典として、海外利用分が5%キャッシュバックや海外旅行中の事故などを補償してくれる海外旅行傷害保険が在学中最高2,000万円まで自動付帯。
カードの紛失や盗難により不正利用された場合も損害を補償してくれるカード会員保障制度や学生専用お問い合わせ窓口など、学生のための補償プログラムも充実。

さらに、携帯電話利用料金を学生専用ライフカード決済にするとAmazonギフト券(500円分)が毎月10人に1人当たる。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 1,000円 = 1ポイント ANA iD × × ×
学生専用ライフカードの調査結果を見る 学生専用ライフカードをお気に入りに追加 学生専用ライフカードの公式サイトでチェック
3位
ライフカードビジネス(スタンダード)
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

年会費永年無料でETCカード発行もできる!追加使用カードは発行上限なし!!

ショッピング限度額最大500万円!海外アシストサービスや旅行サービスの他にも「福利厚生サービス」などが充実!

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 - - - × × × ×
ライフカードビジネス(スタンダード)の調査結果を見る ライフカードビジネス(スタンダード)をお気に入りに追加 ライフカードビジネス(スタンダード)の公式サイトでチェック

口コミ

海外旅行に行く時に使いたかったため

海外に行くために免税をするためにはクレジットがなければならない。ホテル予約の時に自分のクレジットカードの確認が必要、とのことでクレジットカードを作りました。色々なクレジットカードを比べてみて学生で初めてのクレジットカードにはライフカードが良いと書いてありこのカードを取得しました。ライフカードの利点は誕生日月に還元率が上がることです。学生用のライフカードは簡単に取得することができ、スムーズにカードを作れたのでとても満足しています。海外に行くギリギリに申し込みをしましたが余裕を持って間に合うことができたのでとても良かったと思っています。年会費もかかることがないのでとても学祭に優しいカードだと感じました。
女性 10代 大学生

誕生日月のポイントアップが気に入りました

ライフカードを取得しようと思ったキッカケは誕生日月の還元率の高さです。基本的に私はもったいながりやなので、年会費無料のものにしようと決めてました。これは第一条件ですね。年会費無料のカードは結構あったのですが、その中でライフカードにしたのはポイント還元ですね。普通に買い物する分には0.5%しかポイントは付きませんが、誕生日月だとその5倍の2.5%もポイントが貯まるんです。誕生日月以外だとたいしたことありませんが、誕生日月はライフカードしか使わないようにしてます。誕生日にちょっと贅沢をしたいなとか、自分へのご褒美的な買い物をする私にはライフカードはほんとに大助かりです。貯まったポイントも交換しやすいですし、お気に入りのクレジットカードです。
男性 40代 サラリーマン

誕生月の1ヶ月間はポイント還元率が通常の5倍

ネットショッピング利用時の決済をスムーズにするためにクレジットカードを使っていましたが、節約をしようと思いネットショッピング以外の支払い(普段の日用品や食費、生命保険、自動車保険、携帯代)でクレジットカードで支払えるものは切り替えをしました。支払いをクレジットカードに変えてみたら年間150万円以上利用しそうだと思いライフカードを主人が申し込みました。年間150万円利用すると通常のポイントが2倍になり1%還元になります。また誕生月は通常ポイントの5倍(0.5倍の5倍なので2.5倍)になります。つまり誕生月の5倍と年間利用額120万円を超えるなら還元率が1.125%のカードになります。年会費無料でこの還元率は他にはなかなか無いと思います。ポイントはJCBギフトカードやamazonポイントなど誰もが使うものに交換できるのでライフカードに切り替えをしました。
女性 30代 専業主婦

家を借りた時に、家賃がカード引き落としじゃないと駄目だったから。

家を借りた時に、家賃の引き落としがクレジットカードじゃないといけなくて、そこの指定がライフカードだったからです。それまでは、クレジットカードは何だか怖くて作ったこともありませんでした。実際始めの頃は、家賃の引き落としのみで、キャッシングもショッピングも使ったことがありませんでした。それからしばらくして、高速代がETCを使うと1000円になるということで、ETCカードも作り段々と利用し始めました。現在は、ポイントも貯まるし、ネットショッピングの決済も早いので、ほとんどの支払いをクレジットカード払いにしています。年会費も無料なのがいいですね。しかし、現金を出さないので時々使い過ぎてしまうのが難点です。
女性 20代 会社員

学生時代バスケットボールの試合に出場するため

大学生の時にバスケットボールのサークルに所属していました。男女混合のサークルで週に3回体育館でゆるーく練習をしているくらいの活動でした。年に1回、駒沢公園にある体育館で学生主催のバスケットボールの試合が開催されることになりました。学生なのでみんなお金がないので、企業の協賛金でまかなっている試合でした。そのため、試合に参加するには協賛会社(ライフカード)のクレジットカードを取得することが条件だったので、そのときサークルに所属していた50人全員が取得することになったのです。詳しいことはよく聞いていなかったのですが、先輩に言われるがまま必要事項を記入していたら後日クレジットカードが届いたというくらいの感覚です。
女性 20代 学生

周りの友人たちもライフカードを持っていたから

私が今までに持ったクレジットカードの中でも、今回は特にライフカードを取得しようと思ったポイントについて、以下にまとめてみることにします。まずは、ライフカードのホームページの見やすさが好印象だったのが、大きなポイントになりました。ホームページが見やすいおかげで、クレジットカードの新規入会手続きをしようと、比較的速やかに考えることにつながりました。また、クレジットカードの利用額に応じて、貯まるポイントの倍率が高くなることや、誕生月のポイント倍率が高くなることなど、充実したポイントプログラムがあるところも、ライフカードを取得しようと思った、大きなポイントのひとつになりました。今では、毎日の生活に欠かせないクレジットカードになっています。
女性 30代 営業

年会費無料なのと、ポイントが誕生月に5倍になるから。

年会費が無料でポイントが貯まりやすそうと感じたため、通信費や公共料金の支払いをライフカードでしたいと思い、取得しました。きっかけは、他のカードもいろいろとネットなどで、口コミ等を調べたりしましたが、その時にライフカードに惹かれるものがあった為、ライフカードカードに決めました。入会すると、ポイントとギフトカードがもらえるキャンペーンをやっており、ライフカードに決めました。ポイントをもらえるキャンペーンはよくありますが、ギフトカードがもらえるのは、とてもお得に感じます。ポイントも還元率はさほどよくないですが、誕生月に5倍になったり、カードを使った金額によってステージがあり、ポイント還元率がアップしますので、楽しみながらポイントを貯めることができます。
女性 20代 アルバイト

最終更新日:2017/4/5

ライフカードの入会金・年会費・分割・リボ払い時の金利は?

ポイントの貯まりが良い、還元率が高いなどでなかなかの評判を誇るライフカード。学生専用カードもあり、幅広い年齢層から支持されています。これからクレジットカードを取得するときには候補とする人も多いようですが、入会金や年会費が気になりますよね。また、手数料などは他のカードと比較してお得なのでしょうか?ここではポイント面では評価の高いライフカードを、利用負担の面から分析してみました。

初期費用・継続費用ともに無料の嬉しいカード

【一般カードならば永年無料】
「ライフカード」の種類は現在次の6つです。
 ライフカード
 学生専用ライフカード
 ライフカード Stylish
 Barbieカード
 ライフカードStella
 ライフカード(旅行傷害保険付き)

このうち年会費が必要となるのは、ライフカード(旅行傷害保険付き)、ライフカードStellaで、それぞれ年間1,250円かかります。
ライフカード、学生専用ライフカード、リボ払い専用ライフカードの Stylish、女性向けのBarbieカードはどれも永年無料。使っても使わなくても、負担は発生しません。
入会金についてはいずれもゼロ円です。事務手数料や郵送費の負担もなく、初期投資せずにカードが手に入れられるので気軽に申込が検討できますよね。

【年会費がかかるカードって魅力あるの?】
年会費1,250円がかかる2種類のうち、ちょっと気になるのが「ライフカードStella」。こちらは女性向けカードとして登場したのですが、非常に特典がユニークです。
海外旅行利用金額5%キャッシュバックや、国内1000万円・海外2000万円の旅行傷害保険、シートベルト保険(200万円)などまでは良くみられる補償です。
Stellaにはさらに、子宮頸がん、乳がん検診の無料受診クーポン、健康や身体についての悩みを相談できる「カラダメディカ」がついています。
アクティブな現代女性の暮らしをサポートするカードとしては、なかなか頼もしく感じられませんか?年間1,250円で安全と安心を付加できると考えれば、そう高くはないのかもしれません。

【お得なETC年会費無料も】
ライフカード利用のもうひとつのおススメが、ETCカード。ETCカードは楽天ETCカードのように、年会費や発行手数料が必要となるものも珍しくありません。ライフカードのETCカードは、年会費無料で利用できます。
また、ライフカードのETCは、利用時に貯まるポイントが本カードと同じ付与率。ドライブの際にも、ポイントがしっかり貯まるお得感満載のカードです。
お手持ちのETCカードを確認して、年会費負担があるのならば、移行を考えて見てはいかがでしょうか。

1回じゃ払いきれない!分割&リボ払い手数料は?

【2回分割で手数料がかかる場合も】
ライフカードの分割回数は基本的には20回まで。手数料の年率は最大で14.9%です。分割手数料は各カード会社によって少しずつ違っていますが、MUFGカードを例にすれば20回で15%ですので、ライフカードは平均的といって良いでしょう。
ただ、気をつけたいのが2回分割です。国内カードは一部店舗をのぞいて2回分割が利きますが、ほとんどの場合手数料はかかりません。
ライフカードは、店舗によっては2回の分割でも負担が発生することもあります。気になるようであれば、レジで確認してみてください。

【えっ!こんなに払えない…というときの“後から分割”】
ライフカードでとても便利なシステムといえば、「後から分割」。明細書が届いてからビックリ、という場合や、分割をし忘れたとき、またボーナス払いが思ったよりも多額だったなどでも、後から分割に切り替えられるという“お助け”的なしくみです。
請求書を見て真っ青になった後からでも、ネット上のLIFE-Web Deskで変更ができるので安心。買い物ごとに分割できるので、高額商品だけを10回払いにするというのでもOKです。
庶民としてはかなり救われるシステムですよね。ちなみに支払変更回数と、実質年利は次の通り。
変更可能支払い回数:3・5・6・10・12・15・18・20・24回

回数が1回分追加となっています。

【ライフカードリボ払いの金利は平均的】
ライフカードのリボ払いの実質年利は15%と、これはクレジットカード会社の中の平均値です。年利というのは、1年間借りた場合にかかる利率なので、半年で返せればその時点では7.5%ということになります。
ライフカードのリボ払いコースは3,000円・4,000円・5,000円から選ぶことができます。返済の途中で、金額変更が可能。その時々の懐具合に合わせて支払い額を決められます。
例として10万円のショッピングを5,000円定額コースで支払うと、24回払いとなり支払総額は115,782 円です。

分割払いは1回のカード利用に対して設定されますが、自動リボ払いにしている場合にはカードを利用した度に元金が加算されます。そのため、支払いが長期化してリボ払い手数料が気づかないうちに高額になってしまう可能性もあります。
カード利用を行なった金額と支払い状況については、常にチェックを行ない、必要以上に返済先延ばしをしないことが大切です。自動リボ設定はカード利用額に対し、無頓着になりがちです。
自分の支払い設定を確認し、気になるようであれば早めに解除しておく方が安全です。

まとめ

ライフカードは誕生月にポイントが5倍になるなど、使い方次第でとてもお得なカードです。また、支払い方法を後から柔軟に変更できるなどの、使いやすさも感じられます。まずは入会費、年会費がかからない一般カードやETCカードで利用価値を確かめてみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2017/05/08