JCB一般カードの口コミ・評判と入会金/審査や特典等全まとめ

保険もお買い物も心強い
JCBのスタンダードカード

JCB一般カード
  • JCB

日本が誇る国際ブランドJCBのスタンダード。

オンラインで申込めば初年度年会費が無料、使い方次第で翌年以降もずっと年会費が無料になる。

保険の充実度は高く、海外・国内とも旅行傷害保険は最高3,000万円。ポイントが2倍になる海外利用では年間で100万円限度のショッピング保険(JCBカードでご購入のお品物を購入日から90日間補償してくれる保険)も付帯。

また入会キャンペーンをはじめ、提携企業とのキャンペーンがとにかく豊富。特にオフィシャルスポンサーでもある東京ディズニーリゾートのキャンペーンはカード会員限定のものもあり大人気。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費(初年度) 1,250円(税抜) 「MyJチェック」に登録し、年間利用額50万円以上で翌年年会費無料 (無料)
審査/発行 最短3営業日 インターネットでの支払口座設定ができる場合。
利用限度額 公式サイト参照
ポイント還元率 0.47%
JCB一般カードを公式サイトでチェック
キャンペーン情報
  • 新規入会+登録+利用等の条件を満たすと最大10,000円分の特典プレゼント!(03月31日カード利用分まで)
  • 初年度年会費無料キャンペーン!(03月31日申込分まで)

特典豊富なJCBブランド

日本で唯一の国際ブランドでもあるJCBならではの特典はクレジットカードの利用の幅も広がるメリットが豊富。

国内エンターテイメントにおけるサービスが充実

テーマパークやライブ施設、スポーツ観戦やチケットサービスなど、国内のエンターテインメントにおけるサービスに長けており、充実のラインナップとなっている。

JCBは東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサー。クレジットカード利用で貯めたポイントをチケットに交換できたり、他社のカードでは味わえないJCBブランド限定のキャンペーンが行われることも。
ほかにも、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンやキッザニア、JリーグやBlue Note Tokyo等、様々な分野に協賛している。

JCBのチケットサービスではコンサートやミュージカルをはじめ、多彩な公演のチケット情報が閲覧でき、インターネットで申し込みが可能。JCB会員だけの先行販売や割引などのサービスも充実。

JCBブランドの電子マネー「QUICPay」

JCBブランドのカードに付帯可能な電子マネー「QUICPay」はポストペイ型(後払い型)の電子マネー。

利用した分はクレジットカード利用分と一緒に請求されるシステム。「QUICPay」で利用した小額利用分もポイント対象になるので利用シーンが広がりポイントも貯まってお得。チャージ式の電子マネーと異なり残高不足などを気にすることなく利用できるのも便利。

お申し込みはこちらから

ポイントのお得な貯め方と使い方

ポイントを貯める

Oki Dokiポイント:1,000円=1ポイント付与/有効期限2年

  • JCB ORIGINAL SERIESパートナーに登録する(※1)
  • ネットショッピングはOkiDokiランド経由でポイント2倍~最大20倍
  • 「検索スタンプ」システムを利用する(※2)
  • 電子マネー「QUICpay」利用
  • 前年度の利用額に応じてポイント最大60%アップ
  • JCBトラベル利用でポイント最大10倍

1.イトーヨーカドーやその他優待店でポイントUPや昭和シェル石油/ESSOのガソリン代でもポイントが貯まる
2.Oki DokiランドやMyJCBでのインターネット検索でOki Dokiポイントが貯まる

ポイントを交換する

最低交換条件:100ポイント

各種ポイント移行

楽天スーパーポイント/nanaco/楽天Edy/au/docomo/ベルメゾン/ビックカメラ/Joshin/セシール/JTBトラベルポイント/ANAスカイコイン/ちょコムポイント/カエトクカード/スターバックスカード

マイレージ移行

ANA/JAL/デルタ航空スカイマイル

クーポン/チケット

東京ディズニーリゾートパスポート等/東京ディズニーランドホテル ペア食事券等/ユナイテッド・シネマ/シネプレックス共通映画鑑賞引換券/TOHOシネマズ映画鑑賞引換券その他多数

キャッシュバックコース

キャッシュバック1ポイント=3円コース(500ポイント以上)1ポイント4.5円コース(1,000ポイント以上)(カード利用代金に充当)/JCBトラべル(旅行代金ポイント充当プラン)/Amazon.co.jpでパートナーポイントプログラム登録で1ポイントが3.5円で利用可能

お申し込みはこちらから

追加可能なカード

ETCカード

発行手数料・年会費ともに無料。

ETCカードを付帯すると専用カードの「ETCスルーカード」の申込みとなりクレジットカードとは別途発行される。

家族カード

年会費400円(税抜)。オンラインでの同時申込みは2名まで。

支払い口座が統一できて本会員と同じサービスを受けられ、家族カード利用分のポイントは本会員にまとめて付与される。

電子マネー

後払い型電子マネー「QUICpay」。

カード一体型と専用カード型から申し込み時に選択することが可能。

お申し込みはこちらから

口コミ

仕事をしていた独身の時に作ったカードですので、利用可能額が大きい。

私は、ユナイテッド航空のJCB一般カードを持って、20年近くになります。現在、私は、二人の子どもがいるのですが、独身の時から、このJCBカードを利用しています。【良かった点】●ユナイテッド航空のマイルが貯まること。 マイルが貯まると、ユナイテッド航空のチケットに交換できます。 私は、まだ1度も貯まったマイルを使ったことがありません。 ですから、ヨーロッパをビジネスクラスで往復できる以上のマイルが貯まっています。●仕事をしていた独身の時に作ったので、利用可能額が大きい(高い)こと。●分割払いやリボ払いができること。●ボーナス払いができること。 後からの支払いができますので、高い物が早く欲しい時に便利です。●サポートセンターの対応が親切です。 電話で、オペレーターの人に、1回払いを分割払いやリボ払いに変えてもらったりしたのですが、対応が丁寧です。【困った点】●年間費がかかること。 年間5400円かかります。●貯まったユナイテッド航空のマイルが、飛行機のチケットとホテルにしか使えないこと。 貯まったマイルが、飛行機のチケットだけでなく、商品券やグルメなどにも交換できればいいと思いました。 たくさんのマイルが貯まっているのに、なかなか、飛行機のチケットを使う機会がないからです。 また、ここ最近、ユナイテッド航空のマイルで、飛行機だけでなく、ホテルの予約もできるようになったみたいです。
女性 40代

どこでも使える万能なクレジットカード

私が初めて持ったクレジットカードが、JCB一般カードでした。JCB一般カードを持ったきっかけは、父親が使っているクレジットカードだったので、身近なクレジットカードに感じられたことが大きな理由でした。インターネットから、比較的簡単に申し込むことができましたし、カードのデザインがシンプルなところも気に入っています。もちろん、普段の買い物でポイントが貯まるところも、最大限有効活用するように心掛けているところでした。初めてのクレジットカードを何にするか、色々と悩むこともあると思いますが、私の場合はJCB一般カードにしてとても良かったと思っています。これからも、JCB一般カードと共に暮らしていきたいと考えています。
女性 30代

入会金も年会費も無料でいろいろなサービスが利用できる

よく海外旅行に行くので、現地での日本語サポートやサポートセンターがあるのがいいなぁと思ってJCB一般カードを作りました。入会金も年会費も無料ですし、持っていて決して損はありません。海外旅行へ良く行く人は、各国にJCB日本語サポートセンターが多くあり、サーポートセンターには現地在住の日本人スタッフや、日本が出来る現地人スタッフがいて、お勧め観光地、レストラン、スパなどの情報をくれたり、予約を取ってくれたりします。インターネットやWi-Fiも無料ですし、タイミングがよければ現地でおこなっているプレゼントのプロモーションなど、とても良いサービスが無料で利用できます。大きい荷物など一時無料で預かってくれるので非常に便利です。とにかくサービス料や会費を一切払う事がないサービス満点のカードです。ただJCBなので海外では使えない所が多いのがデメリットです。
女性 40代

ごくごく一般的なクレジットカードですが、使い方次第でいいことたくさん!

JCB一般カードは、私が初めて持ったクレジットカードです。こちらは、日本で唯一の国際的なクレジットカードになっています。日本のカードだけあって、いろいろな企業と提携しており、Amazonやイトーヨーカドーなどでの買い物の際に利用するとポイントが3倍になるのでポイントが貯まりやすくて良いと思います。ポイントを貯めると、ディズニーランドのチケットと交換できるので私の家ではそれを目指してポイントを貯めています。また、年会費も条件次第でずっと無料になるという点がとても良いと思います。困ったことは、海外で使う際に使えないこともあるというところです。VISAやMasterカードのほうが海外では使えるかと思いますが、JCBカードももっと使える範囲が広がったらいいなと思います。
女性 20代

大きな買い物や海外旅行が分割で支払えた。

中国に海外旅行に行く際、3泊4日で10万程度が必要になりました。10万のまとめたお金が用意する事が難しかった為、JCBで2回分割払いにできたおかげで、お金を気にすることなく旅行を楽しむことができました。さらに海外先の買い物でも利用でき、大変便利で良かったです。また、パソコンが急に壊れ、急遽必要になりましたが、給料前で8万程の資金を用意する事が困難でした。そこで、一括で準備するのが難しかった為、2回で分割してもらいました。おかげで現在もそのパソコンが役に立っています。JCBカードは急に買い物や旅行をしたい時等、1枚でもあると大変便利。時折カスタマーセンターにカードの事で問い合わせしますが、待ち時間はやや長いものの非常に丁寧かつ迅速に解決していただけました。
男性 30代

ゆめカードのJCBで色々機能がついていて、ポイントカードとしても使えたから作りました。

その時私が作る時に大好きなディズニーのデザインだったので、作りました!ゆめカードはクレジット機能もついているし、チャージ機能もついていて、現金で支払う時もポイントカードとしてもポイントがつくので、すぐに貯まります。ゆめタウンなど…系列店が5倍、10倍の日はポイントがすぐに貯まるので嬉しいです。中には、クレジットの日はクレジットで支払うとポイントが更につきます。しかも500ポイント貯まったら500円券がでてきて、それが買い物する時に現金として扱われるので、凄く便利です。ゆめカードのクレジット機能にして本当に良かったです!それに無料でETCもついてきたの使っています!凄く便利なカードを作ったなと思いました。これから違う機種のクレジットカードも作ってみたいです。
女性 20代 専業主婦

多くの店舗で使えることに加え、貯めたポイントをAmazonで利用できるため

学生生協のカードから継続して取得したカードです。カードの契約期間が終了した後、そのままJCB一般カードを取得できる旨の案内が届きました。大学時代からコンビニやスーパーマーケットをはじめとする多くの店舗で利用できる便利さを感じていたため、そのまま持っていればなにかと役に立つと考えて継続を決めました。JCB一般カードは利用金額に応じてOkidokiポイントという独自のポイントが付与されますが、商品を買う機会の多いAmazon.co.jpでポイントを利用できることも取得のポイントとなる部分でした。ポイント使用時の変換レートが優遇されるキャンペーンが開催されていたことも魅力的でしたね。年会費はかかってしまうものの、ポイントでの還付分を考慮に入れれば十分元がとれると判断した形です。
男性 20代 学生

最終更新日:2017/12/5

お申し込みはこちらから

国内で使用するならNo.1?「JCB一般カード」の審査について

JCBは日本唯一の国際ブランドカードを発行しています。日本国内では最大の加盟店舗数を誇り、突出した信頼性をもつクレジットカードとして君臨しており、その名を聞いたことがない人はまずいないでしょう。
そんなJCBブランドのなかでもっとも多い保有数を誇っているのが、JCB一般カードです。年会費も安く親しみがもてるカードですが、一方で取得の難易度はなかなかのものといわれています。日本人ならば是非取得しておきたい、JCB一般カードの魅力と審査条件について迫っていきましょう。

JCB一般カードとは?

【日本を代表する正統派カード】
世界のクレジットカードには、5大ブランドと呼ばれる決裁システムがあります。VISA、MasterCard、AmericanExpress、Diners Club、そしてJCBです。JCBは日本発の国際ブランドを保有し、プロパーカードと呼ばれるオリジナルカードを発行しています。
JCBブランドとして発行されているカードは、次の5アイテムです。
・JCB一般カード
・JCB CARD EXTAGE
・JCBゴールドカード
・JCBゴールド ザ・プレミア
・JCBザ・クラス
JCB CARD EXTAGEは若年層向けとして、取得難易度があまり高くはありません。しかし上位3カードについては、カード実績を着実に積まなければ決して手に入れられないという、高いハードルの先に存在します。そして、JCB一般カードはこの段階を経て、高みに到達するための初級編的な存在です。
JCBブランドがゆるぎない信頼を得ているのは、厳然とカードの格が守られているからなのでしょう。JCB一般カードは、正統派カードを保有したいと願う層から選ばれるクレジットカードです。

【JCB一般カードの基本情報】
JCB一般カードの主な情報を確認しておきましょう。
・年会費:1,250円(税別)・家族カード400円(税別)
・ポイント還元率:0.5%
・電子マネー:QUIC Pay
・海外・国内旅行傷害保険:最高3,000万円
・ショッピングガード保険(海外):最高100万円
年会費は1,250円と気になるような金額ではありませんが、年会費無料のカードと比較すると気が進まないという人がいるかもしれません。
しかし、利用代金明細書の送付を停止する「MyJチェック」に登録し、1年間のショッピング利用が50万円以上であれば翌年の年会費が無料となります。公共料金や携帯電話料金の支払いをまとめれば、簡単に稼げる額なので実質的には無料でカード利用しているケースが多いようです。
これだけ見ると、JCB一般カードは取り立てて目立つところのない、地味なクレジットカードという印象を受けます。生真面目さが際立つ、優等生な1枚というところでしょうか。しかし、実はJCB一般カードの実力はそれだけではありません。さらにJCB一般カードのメリットを見ていきましょう。

JCB一般カードのメリット

【ポイントが次々と加算される!】
JCB一般カードのOki Dokiポイントプログラム は、ベースこそ還元率0.5%ですが、提携しているJCB ORIGINAL SERIESパートナー企業の利用すれば、2~20倍にポイントが跳ね上がります。JCB ORIGINAL SERIESパートナーに名を連ねるのは、アマゾンやイトーヨーカドー、スターバックス、セブンイレブンなど有名店ばかりです。
インターネットでの買い物は、JCBのポイントアップモール「OkiDokiランド」を経由すれば最大20倍のポイント付与となり断然お得になります。
こちらもアマゾン、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ポンパレモール、dショッピング、DeNAショッピング、ヤマダモール、イオンショップ、セブンネットショッピングなどなど、有名どころはすべて網羅しているといっても間違いではありません。
毎日普通に暮らしながら、サクサクとポイントを貯められます。

【applepayもJCB一般カードで安心安全に】
JCB一般カードをiPhone かApple Watchに登録設定すれば、QUICPayマークのある店舗でスマートな支払いができます。片手でレジ端末にかざすだけなので、財布から小銭を取り出す煩わしさがありません。
iPhoneのアプリ内やウェブ上でショッピングする際にも、Apple Payを利用すればいちいちクレジットカードの情報を入力する手間が省けて便利です。もちろん、Apple Payからの買い物でもOki Dokiポイントはちゃんと貯まっていきます。
Apple Payを使えばクレジットカード情報をショップに伝える必要がなく、セキュリティ上も安心です。iPhone内のカード情報はいつでも変更や削除ができ、万が一紛失してもオンライン操作でApple Payの停止もできます。
Suicaが登録されている場合には、JCBカードからiPhone内のSuicaに直接チャージが可能です。わざわざ機械を通す必要もなく、電車での移動時も楽になります。

JCB一般カードの審査基準

【プロパー審査は厳しい?】
JCB一般カードの申込条件として、正式にアナウンスされているのは
“原則として年齢18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。”
という項目のみです。
他の審査状況については、一切知ることができません。しかし、プロパーカードであるJCB一般カードは、他の流通系カードのような外部の保証会社ではなく、JCB独自の審査基準で判断されています。普通の会社員で過去に信用事故や、返済遅延などがなければ、問題なく審査通過ができるでしょう。
実際に申込んだ人の審査通過率は8割弱ですが、やはり定期収入がないと取得は難しいようです。一方で専業主婦でも配偶者の勤務先がしっかりしていれば、取得ができています。

【収入額より信用が大事】
年収については250~300万円程度でも、通過している例があります。多重クレジットや、収入に対して借入額が大きいといった情報は、信用情報機関の個人データを照会されれば一目瞭然です。返済の遅延や延滞は、過去1年間に渡ってデータが保管されています。
また、重大な信用事故については、5年間は削除されません。どれほど現在の年収が多くても、個人信用に問題があればJCB一般カードの取得は不可能です。
逆に個人事業主であっても、クレジットカードの利用履歴が優秀であれば、即日審査通過の通知がなされています。誠実なカード利用があれば、比較的難易度が高いといわれているJCB一般カードを手に入れることは可能です。

おわりに

JCB一般カードは、ステータスあるJCB ORIGINAL SERIESの入り口となるカードです。実績を地道に積んでいけば、将来的には上位カードへとつながっていきます。
JCB一般カードは国内屈指の高い信頼性をもつクレジットカードであるだけではなく、充実したポイントプログラムの充実などの特典で、想像以上に暮らしに役立ってくれます。正統派の1枚として、是非手に入れておきたいものです。

お申し込みはこちらから
JCB一般カードをお気に入りに追加 JCB一般カードを公式サイトでチェック

スペック表

基本情報

国際ブランド
  • JCB
申込資格

原則として18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方。

審査/発行 最短3営業日
インターネットでの支払口座設定ができる場合。
年会費 初年度 無料 -
2年目以降 1,250円(税抜) 「MyJチェック」に登録し、年間利用額50万円以上で翌年年会費無料
家族カード 初年度 400円(税抜) -
2年目以降 400円(税抜) 本会員の年会費が無料の場合は家族会員も無料
ETCカード 初年度 無料 -
2年目以降 無料 -
発行手数料 無料 -
特典 -
法人追加カード 年会費 -
引落し口座 -
追加カード枚数 -

利用枠・支払い

利用限度枠 ショッピング 公式サイト参照 支払い方法 1回払い 公式サイト参照
キャッシング 公式サイト参照 2回払い 公式サイト参照
利率 ショッピングリボ 7.92% ~18%
公式サイト参照
ボーナス払い 公式サイト参照
リボ払い 公式サイト参照
キャッシング
公式サイト参照
分割払い 公式サイト参照
その他 公式サイト参照
締め日 毎月15日 支払日 翌月10日

電子マネー

電子マネー Quicpay -

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 Oki Dokiポイント
付与率 1,000円 = 1ポイント
有効期限 2年間
還元率 0.47% 最低交換条件 200ポイント
交換・還元方法 キャッシュバック/マイル・他社ポイントへの移行/カタログギフトなど
ポイントモール名 Oki Doki ランド
提携ネットショップ Amazon.co.jp/楽天市場/Yahoo!ショッピング/リンベル/Shop Japan/ジャパネットたかた/ニッセン/ベルメゾンネット/無印良品ネットストア/イオンショップ/セブンネットショッピング/三越など

キャッシュバック

キャッシュバック機能 -

マイレージ

主な交換・移行可能マイレージ JALANADelta
交換・還元率 500ポイント = 1500マイル 最低交換単位 500ポイント以上/1ポイント単位
移行手数料 無料 移行日数 約4週間

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険 最高3,000万円 (利用付帯) ショッピング保険 100万円限度(海外のみ)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円 (利用付帯)
ネット不正利用保険 航空便遅延保険 -
その他の保険・補償 -

引落し対応

電気 北海道電力/東北電力/東京電力/中部電力/北陸電力/関西電力/中国電力/四国電力/九州電力/沖縄電力
ガス 北海道ガス/仙台市ガス/北陸ガス/東彩ガス/新日本ガス/東日本ガス/千葉ガス/京葉ガス/大多喜ガス/東京ガス/昭島ガス/東邦ガス/大和ガス/大阪ガス/河内長野ガス/広島ガス/山口合同ガス/四国ガス/西部ガス/九州ガス/日本ガス
水道 各地域の水道局を参照ください
新聞 朝日新聞/読売新聞/毎日新聞/産経新聞/日本経済新聞/東京新聞/北海道新聞/北日本新聞/山梨日日新聞/中日新聞/中国新聞/日本海新聞/大阪日日新聞/西日本新聞/神戸新聞
携帯電話・PHS NTT docomo/au/SoftBank/Y!mobile
固定電話 NTT東日本/NTT西日本/NTTコミュニケーションズ/KDDI/ソフトバンクテレコム/QTNet
インターネットプロバイダー ASAHIネット/AOL/OCN/So-net/BIGLOBE/Plala/Yahoo!BB/@nifty/au one net/ケイ・オプティコム/hi-ho/BBIQ/MEGA EGG/リムネット
受信料 NHK/スカパー!/WOWOW/SOUND PLANET
その他 国民年金保険料など

空港サービス

空港ラウンジ
利用
国内 - プライオリティ
パス
国内 -
海外 - 海外 -

ロードサービス・ガソリン代特典

ロードサービス -
ガソリン代特典 スタンド エッソ、モービル、ゼネラル、昭和シェル石油
特典内容 ポイント2倍
JCB一般カードをお気に入りに追加 JCB一般カードを公式サイトでチェック

このカードが掲載されているページ

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。