【海外旅行】人気カード ベスト5!

旅行保険や空港ラウンジ無料など旅行に最適なおすすめクレジットカード

海外旅行で人気~クレジットカードを100枚以上から選べるポータル

  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位
楽天カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
顧客満足度調査7年連続No.1の最強クレジットカード!

エントリー+新規入会+利用で7,000円分のポイントプレゼント!

入会ボーナスをはじめとしたポイントボーナスが豊富で、楽天市場でのお買い物はポイント2倍。その他加盟店では3倍、楽天キャンペーン時は最大10倍など、とにかくポイントが貯まりやすい。貯まったポイントは楽天市場内で1ポイント=1円の高レートで利用が可能。その他ガソリンスタンドでもポイントが2倍になるなど、ポイントをお得に貯めて使いたい方には優れもののカード。

出国前に空港までの移動の際に公共交通機関でカードを利用するか、募集型企画旅行の代金を支払うかで海外旅行傷害保険が適用される。楽天トラベルを利用して海外旅行を予約すれば還元率は最大10%となり、海外旅行傷害保険も適用されるので安心・お得。海外でのレンタカー割引のサービスや手荷物宅配優待など旅行時のサポートも充実。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 100円 = 1ポイント ANA Edy × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用でもれなく7,000ポイントプレゼント!
  • Edy機能付帯を選択で楽天Edy500円分プレゼント!家族カード同時申込で家族カードにも楽天Edy150円分プレゼント!(12月19日09:59申込分まで)
楽天カードの調査結果を見る 楽天カードをお気に入りに追加 楽天カードの公式サイトでチェック
2位
三井住友VISAクラシックカードA
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
信頼性と実績で不動の人気!補償も充実の1枚

日本初のVISAカードとして、いまも不動の人気。クラシックカードに比べ、保険・補償が充実しているので旅行向き。

VISAとMasterCardブランド、2枚同時に申し込みも可能。

顔写真入りICカードを作成すれば、身分証として全世界に通用するうえ、セキュリティ性もアップ。

海外最高2,500万円・国内最高2,000万円の旅行傷害保険と、年間100万円まで補償のお買物安心保険付帯。主な海外旅行関連サービスは詳細ページへ。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 1,500円(税抜) 1,000円 = 1ポイント ANA iDWAONPITAPA × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用+設定等でもれなく最大8,000円分プレゼント!(12月28日申込分まで)
三井住友VISAクラシックカードAの調査結果を見る 三井住友VISAクラシックカードAをお気に入りに追加 三井住友VISAクラシックカードAの公式サイトでチェック
3位
JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ANAマイレージ機能搭載でポイントもマイルもこれ1枚

オンライン申込で初年度年会費無料。

ANAマイレージクラブ機能が搭載され、フライトではもちろんANAマイレージプラス提携パートナーでもマイルが貯まる。

空の旅がよりスムーズになるスキップサービス機能付きで予約・購入・座席指定後に直接保安検査場に進めて楽々搭乗。

国内/海外の旅行傷害保険はともに最高3,000万円、最高100万円のショッピングガード保険付帯。海外利用でポイント2倍。ポイント優待店利用でポイント最大20倍に。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 1,250円(税別) 1,000円 = 1ポイント ANAJALデルタ航空 Quicpay × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+口座登録+キャンペーン登録+利用等の条件を満たすと最大17,800円分の特典プレゼント!(01月15日カード利用分まで)
JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブの調査結果を見る JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブをお気に入りに追加 JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブの公式サイトでチェック
4位
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
海外でも安心・快適な旅をサポートする補償やサービスが充実

海外・国内問わず旅行傷害保険は最高3,000万円まで補償。年間最高100万円のショッピング安心保険も付帯。

旅行の相談から航空券やレンタカー、ツアーの予約や手配などアメリカンエキスプレス・トラベル・サービス・オフィスが世界140ヵ国で快適な旅をサポート。

現地情報の案内や予約の代行など様々な対応をしてくれる海外アシスタンスデスクはすべて日本語なので安心。

手荷物無料宅配サービスなどの旅行サービスが豊富なアメックス特典を利用できるのが魅力。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 3,000円(税抜) 1,000円 = 1ポイント ANAJAL iDQuicpay × ×
キャンペーン情報
  • 【インターネット限定】新規入会+利用で最大600永久不滅ポイントプレゼント!
  • さらに、26歳まではずっと年会費無料
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの調査結果を見る セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードをお気に入りに追加 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトでチェック
5位
VIASO(ビアソ)カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
年会費永年無料でも保険は充実!海外旅行先でも安心!

最高2,000万円の海外旅行傷害保険と年間100万円限度のショッピング保険付帯で海外旅行も安心して楽しめる。三菱UFJニコス発行の銀行系カードなのでセキュリティも安心。

ETC料金・携帯やプロバイダー料金、特定加盟店での利用は1%の高還元!

ネットショッピングは「VIASO eショップ」経由でポイント還元最大10%以上!

貯まったポイントは面倒な手続きや管理不要で毎年現金がキャッシュバックされる。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 1,000円 = 5ポイント - - × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+カード利用+登録で最大10,000円相当のVIASOポイントプレゼント!
VIASO(ビアソ)カードの調査結果を見る VIASO(ビアソ)カードをお気に入りに追加 VIASO(ビアソ)カードの公式サイトでチェック

海外へ行くときは、2枚以上のカードを持てば安心!

VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェイシービー)、American Express(アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)の5大国際ブランド。

これらのクレジットカードを持っていれば、海外でもたいていのところで、クレジットカードでショッピングや食事ができます。

また、現地のATMでキャッシングをすることで、簡単に現地通貨を手に入れることが可能。そのため、最近では「海外へ行くときはほとんど現金を持って行かない」という人も多いのでは?

たしかに、クレジットカード1枚あれば、海外で困ることはあまりありませんし、多額の現金を持ち歩くのは、ひったくりやスリの被害に遭う心配もあるでしょう。
しかし・・・

  • 「現地でクレジットカードを使おうとしたら、カードの磁気が壊れて使えず、真っ青に・・・」
  • 「食事をしようとしたら、持っているブランドのクレジットカードが使える店は高級店ばかり。出費がかさんでしまった・・・」
  • 「日本ではみんな知ってるカードなのに、現地で見せたら『偽物じゃないか?』と疑われた」

なんていう、笑えない話も。

そういった万一の事態に備える意味でも、海外旅行では、クレジットカードを2枚以上持って行くことをおすすめします。

ちなみに、VISAとMasterCard、JCBの3つのブランドのカードを持っていれば、お互いの弱い部分も補強し合うことができるので、最強の組み合わせと言えるでしょう。

また、「海外ではちょっとリッチな気分を味わいたい」という方には、American Express(アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)という選択も。

2枚、3枚あると便利? 保険のお得

クレジットカードに付帯の保険内容は大きく、下記の5つに分けることができる。

  1. 傷害死亡・後遺障害(傷害で亡くなった場合や後遺症が残ってしまったケース)
  2. 傷害治療・疾病治療(病気やけがを負ってしまったケース)
  3. 賠償責任(他人に危害を加えてしまったり、物損を起こしてしまったケース)
  4. 携行品損害(持ち物の紛失や壊れてしまったケース)
  5. 救援者費用(家族等誰かに来てもらう必要があるケース)

通常、最も高額の補償が必要なのが1のケースでクレジットカードの保険の項目でも、1を基準に「最大1,000万円」などという記載がされていて、カード会社のほうでもこの部分を最大限プッシュしていて、2~5についてはどうしても見落としがち。

しかし、2~5も旅先では十分に起こりうるケース。
この2~5の補償内容についてですが、実は意外と知られていない情報が。
というのも、これらの内容については、複数のクレジットカードを持っている場合、その補償金額が合算される。

なのでたとえカード1枚の補償金額の上限は少なくても複数枚カードを持っていればそれだけで安心ですし、補償上限が高くても年会費も高額なゴールドカードを1枚持つよりも、補償上限は低くとも年会費無料のカードを2、3枚持っていたほうがお得なケースも!

意外な盲点。海外旅行保険の自動付帯と利用付帯

クレジットカードの保険を考える場合、その条件には注意が必要です。

通常、クレジットカードに付帯している保険には自動付帯と利用付帯の2つの種類がある。

自動付帯は、文字どおり各カードごとに決まっている保険内容を、万一の際に自動で補償するものですが、利用付帯の場合は、たとえば旅行傷害保険なら旅行代金の支払いをカードで行わなければ補償されないなど、保険に一定の条件が必要に。

利用付帯の場合の条件はカードによってさまざまなので、いちいち調べるのが面倒という方は、自動付帯のカードを選べば安心。