空港ラウンジ無料利用のカードランキング

空港ラウンジを無料で使える旅行に最適なおすすめクレジットカード

空港ラウンジ無料~クレジットカードをランキングで比較

【今月のイチオシ!】 ダイナースクラブカード

持つ人の社会的ステータスを象徴する一枚。
利用金額に一律の制限を設けず、ポイントの有効期限も無し。
今なら新規入会でもれなく-円キャッシュバック!

空港ラウンジとは

空港ラウンジとは、空港に設けられたリラックススペースのようなもの。国内27空港及びホノルル空港など一部海外の空港に設置されている。

空港ラウンジには航空会社運営する上級会員やファーストクラス・ビジネスクラス乗客に向けた「VIPラウンジ」と、クレジットカード会社が提供してるクレジットカード会員向けのラウンジは利用できる場所が異なる。

クレジットカードのサービスで「空港ラウンジ無料利用可能」とうたわれているものは後者となる。

ゴールド以上のカードで利用できる空港ラウンジというのは、主に国内の空港を対象としており、海外の空港はハワイ・ホノルル以外はほぼ利用対象外。

入口でクレジットカードと当日の搭乗券を提示することで入場・利用が可能となり、本人またはその同伴者の利用が可能。

対象のクレジットカードがなければ利用できないわけではなく、1,000円~1,500円程度の利用料金を支払えば誰でも利用可能。

空港ラウンジでのサービス

ビジネスシーンにも役立つ充実の設備

空港ラウンジでは一般的にソファや机などの個人スペースを使用できるほか、共用の電話機やFAX、無線LAN、ビジネス機器なども無料で貸与もしくは利用できる。

快適に過ごせるサービス

リラックススペースとしての側面から、各種新聞や雑誌などが置かれ、テレビを見ることも可能。また、ソフトドリンクやちょっとしたお菓子も無料または安価にて提供。

分煙体制も整っているので、喫煙者非喫煙者双方がリラックスして出航前のひと時を過ごせる。

その他にも羽田空港など国際線が発着する大きな空港では、シャワールームやマッサージチェアなどで、さらに快適なサービスを提供している。

  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位
楽天ゴールドカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
楽天市場で大活躍の低年会費ゴールドカード

年会費2,000円(税抜)で、楽天カードに比べて楽天市場でのポイント還元率が1%UP!

スーパーポイントアッププログラムでいつでも毎日ポイント7倍!

国内主要空港の他、ハワイ・ホノルル国際空港や韓国・仁川国際空港ラウンジを無料で利用可能!

楽天市場のみの利用で年間20万円以上のお買い物をされる方は持っておきたいお得な1枚!

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
2,160円(税込) 2,160円(税込) 100円 = 1ポイント ANA Edy ×
楽天ゴールドカードの調査結果を見る 楽天ゴールドカードをお気に入りに追加 楽天ゴールドカードの公式サイトでチェック
2位
LUXURY CARD BLACK CARD
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
還元率1%!金属製の斬新なデザインが特徴

日本初Mastercard最上位「World Elite Mastercard」のマットブラック金属製カード。

国内最大2倍、海外2倍のボーナスポイント獲得でき、貯まったポイントはマイル移行であったりギフト券や人気プレミアムワインなどに交換可能。

ラグジュアリーカードという名前だけあって、24時間対応のコンシェルジュサービス、世界400都市1000ヶ所以上の空港ラウンジ無料、リムジン送迎サービス、予約困難店のお席の確保、コース料理アップグレード、会員様限定テイスティングセッションなど最上級のステータスカードにふさわしい特典が満載。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
100,000円(税抜) 100,000円(税抜) 1,000円 = 1ポイント ANAJAL Quicpay
LUXURY CARD BLACK CARDの調査結果を見る LUXURY CARD BLACK CARDをお気に入りに追加 LUXURY CARD BLACK CARDの公式サイトでチェック
3位
LUXURY CARD TITANIUM CARD
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
付帯サービスが充実!金属製の斬新なデザインが特徴

日本初Mastercard最上位「World Elite Mastercard」のブラッシュド加工金属製カード。

国内最大1.5倍、海外2倍のボーナスポイント獲得でき、貯まったポイントはマイル移行であったりギフト券や人気プレミアムワインなどに交換可能。

ラグジュアリーカードという名前だけあって、24時間対応のコンシェルジュサービス、世界400都市1000ヶ所以上の空港ラウンジ無料、国内外名門ゴルフコース利用可能など最上級のステータスカードにふさわしい特典が満載。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
50,000円(税抜) 50,000円(税抜) 1,000円 = 1ポイント ANAJAL Quicpay
LUXURY CARD TITANIUM CARDの調査結果を見る LUXURY CARD TITANIUM CARDをお気に入りに追加 LUXURY CARD TITANIUM CARDの公式サイトでチェック
4位
楽天プレミアムカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
国内はもちろん海外でもくつろぎのひとときを

国内主要空港、ハワイ・ホノルル、韓国・仁川国際空港のラウンジが無料で利用可能。また、世界700ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」が無料で登録できる。

楽天市場での買い物がお誕生月ならポイントが2倍から3倍になるのはゴールドカードならではの特典。

旅行傷害保険やショッピング保険、ワンランク上の充実したサービスが受けられることを考えると年会費10,000円(税抜)は魅力的。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 100円 = 1ポイント ANA Edy
楽天プレミアムカードの調査結果を見る 楽天プレミアムカードをお気に入りに追加 楽天プレミアムカードの公式サイトでチェック
5位
三井住友VISAゴールドカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
国内28ヵ所の空港ラウンジが無料で利用可能

年会費は初年度無料で翌年以降も利用方法次第で半額以下まで割引も。

最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険と年間300万円まで補償のお買物安心保険付帯。

海外旅行保険は本人だけでなく家族も補償の対象。

ボーナスポイントの付与率は一般カードの2倍。年間のカード利用額に応じたボーナスも魅力。

国内海外問わず利用可能な店舗数は全世界で3,000万店以上。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 10,000円(税抜) 1,000円 = 1ポイント ANA iDWAONPITAPA ×
三井住友VISAゴールドカードの調査結果を見る 三井住友VISAゴールドカードをお気に入りに追加 三井住友VISAゴールドカードの公式サイトでチェック
6位
ANAダイナースカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
空港ラウンジ無料利用をはじめとする空港サービスが充実

国内外600ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能。

海外国内を問わず旅行保険が最高1億円。ショッピング保険も年間最高500万円までと手厚く、他のゴールドカードを圧倒する特典や優待サービスが味わえる。

厳格な入会基準から持っているだけで社会的信用が上がり、利用限度額に一律の制限がないため高額な支払も可能とするハイグレードなカード。

カードの入会と継続、ANA便搭乗のたびにもらえるボーナスマイルや利用額100円ごとに1ダイナースクラブリワードポイントがもらえ、移行手数料なしでマイルへ交換できるなどマイルが貯まりやすいしくみ。

高額な利用が可能なのでマイルをたっぷり貯めることができる。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
27,000円(税抜) 27,000円(税抜) 100円 = 1ポイント ANA -
ANAダイナースカードの調査結果を見る ANAダイナースカードをお気に入りに追加 ANAダイナースカードの公式サイトでチェック
7位
ダイナースクラブカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
最上級のおもてなしで旅を快適に贅沢に演出

会員制クラブ的な性格を兼ね備え、入会するだけで社会的信用を意味するほどの高いステータス性を誇る。

国内外600ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能。カードと当日の搭乗券を提示するだけでOK。

旅行傷害保険は国内/海外を問わず最高1億円まで補償。ショッピング保険も年間最高500万円までと手厚い。

利用限度額に一律の制限を設けておらず、カード利用によって貯まるポイントの有効期限も無し。

厳選された特別コースのお料理を1名様分無料や高級ホテルの宿泊優待、空港までの送迎サービスなど、あらゆるシーンで他社では味わえないほどの優待サービスが用意されている。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
22,000円(税抜) 22,000円(税抜) 100円 = 1ポイント ANAデルタ航空Plus -
ダイナースクラブカードの調査結果を見る ダイナースクラブカードをお気に入りに追加 ダイナースクラブカードの公式サイトでチェック
8位
JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ANAマイレージクラブ機能搭載で旅行サービスも充実

オンライン申込で初年度年会費無料。

国内28空港、ハワイ・ホノルル国際空港のラウンジが無料で利用可能。ゴールドデスクの利用やスキップサービス機能も付帯で空の旅がより快適に。

旅行傷害保険は海外で最高1億円、国内で最高5,000万円。航空機遅延保険やショッピング保険も国内外ともに最高500万円まで付帯。
ゴールドカードだけの補償として国内/海外航空遅延保険も付帯。

ANAマイレージクラブ機能搭載でフライトやホテル、レンタカーなどANAマイレージクラブ提携パートナーでもマイルが貯まる。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 10,000円(税別) 1,000円 = 1ポイント ANAJALデルタ航空 Quicpay
JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブの調査結果を見る JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブをお気に入りに追加 JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブの公式サイトでチェック
9位
三井住友VISAプライムゴールドカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
20代で味わえる最高のステータス

初年度年会費無料。2年目以降もweb明細への切り替えなどで年会費が最大1,500円(税抜)まで割引に。

20代限定のゴールドカードとしては珍しく、国内主要空港の空港ラウンジを無料で利用できる。

旅行傷害保険は海外国内問わず最高5,000万円。お買物安心保険は年間300万円まで補償と保険内容は通常のゴールド並み。

また、ポイント付与率が一般カードの2倍になるほか、30歳になるとゴールドカードへ自動でステップアップし、その際には300ポイントのボーナスをプレゼント。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 5,000円(税抜) 1,000円 = 1ポイント ANA iDWAONPITAPA ×
三井住友VISAプライムゴールドカードの調査結果を見る 三井住友VISAプライムゴールドカードをお気に入りに追加 三井住友VISAプライムゴールドカードの公式サイトでチェック
10位
JCBゴールドカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
国内空港ラウンジ無料で海外利用・優待店ではポイント2倍!

日本生まれの国際ブランドJCBのゴールドカード。

海外では最高1億円、国内なら最高5,000万円の旅行傷害保険をはじめ、年間500万円限度のショッピング保険など保険・補償も充実。

さらに海外利用や優待店ではポイント付与率が2倍、国内空港ラウンジ無料利用など充実のサービス。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 10,000円(税抜) 1,000円 = 1ポイント ANAJALデルタ航空 Quicpay
JCBゴールドカードの調査結果を見る JCBゴールドカードをお気に入りに追加 JCBゴールドカードの公式サイトでチェック
11位
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ゴールドメダリオン自動入会で空港でのサービスがさらに充実

国内主要空港ラウンジ無料利用可能で、しかも本人だけでなく同伴者一名も無料に。

また、スカイマイルの上級資格である「ゴールドメダリオン」に自動で入会となるため、デルタ航空及びエール・フランスや大韓航空、アエロフロート(ロシア)など、航空連合「スカイチーム」が運営する世界300以上の海外空港ラウンジも本人及び同伴者一名まで無料になるので、非常にお得。

入会時に8,000マイル、入会初年度のカード利用で最高15,000マイル、入会後半年内のデルタ航空利用で最大25,000マイルなど、入会後最初の一年で最高48,000マイルプレゼント。

これは買い物なら480万円分に相当するマイル数なので、マイルを貯めたいという人にもおすすめ。

アメックス発行なので、旅行系サービスの充実ぶりもうれしいポイント。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
26,000円(税抜) 26,000円(税抜) - デルタ航空 -
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの調査結果を見る デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをお気に入りに追加 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトでチェック
12位
dカード GOLD
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
空港から始まる空の旅も快適に

国内外28空港ラウンジが無料で利用可能。海外旅行最高1億円、国内最高5000万円と旅行傷害保険も手厚く補償され空の旅も安心・快適に。

クレジット/iD決済で通常100円=1ポイント。dポイント加盟店では現金払いでもカード提示で100円=1ポイント貯まるので、クレジット/iD決済ならポイントの二重取り!dカード特約店やdカードポイントUPモールではさらにポイントUP。

ローソンとマクドナルドの買い物はクレジット/iD決済で請求時に3%OFF!さらにdポイントがクレジット決済分と提示分ダブルで貯まるから最大5%のおトクに。

貯まったポイントはケータイ料金にの充当はもちろん、dポイント加盟店で利用、PontaやJALマイルへ交換など使い道が豊富。

dポイントクラブの最高ステージ「ゴールドステージ」となり、ドコモケータイ/ドコモ光の料金は最大10%還元!ケータイ購入優待券やdカードGOLD ケータイ補償(3年間/最大10万円)など、携帯電話サービスも充実。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 100円 = 1ポイント JAL iD ×
dカード GOLDの調査結果を見る dカード GOLDをお気に入りに追加 dカード GOLDの公式サイトでチェック
13位
ANA JCBワイドゴールドカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
空港ラウンジ利用が無料!補償も充実で安心のゴールドカード

ANA JCBワイドゴールドカードは日本国内の主要空港はほとんど無料で利用可能。空の旅を快適かつ、お得に過ごすことができる。

入会・更新時にはボーナスマイルをそれぞれ2,000マイルプレゼントされ、Edyの利用・チャージでもマイルが貯められる。

最高1億円の海外旅行傷害保険と最高5,000万円の国内旅行傷害保険付帯で補償面も安心のゴールドカード。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
14,000円(税別) 14,000円(税別) 1,000円 = 1ポイント ANAデルタ航空 EdyQuicpayPITAPA
キャンペーン情報
  • 新規入会+キャンペーン登録+利用等の条件を満たすと最大31,000マイル相当プレゼント!
  • 今なら抽選で10名様に5万円分の旅行券をプレゼント!(04月30日申込分まで)
ANA JCBワイドゴールドカードの調査結果を見る ANA JCBワイドゴールドカードをお気に入りに追加 ANA JCBワイドゴールドカードの公式サイトでチェック

口コミ

海外出張が多く、スタンバイの時間がもったいなかったから

今では空港内でWi-Fiが使える空港が増えていますが、少し前は有料ラウンジでないとネットが使えませんでした。海外出張が増え、日本に帰国してはすぐ海外という感じになってきてデスクワークの時間も取れない状況になっていました。そんな時に空港でのスタンバイ時間がとてももったいないし、ラウンジを使えたらネットも出来ると思い、空港ラウンジが無料のクレジットカードを取得しました。早めにチェックインしてラウンジで仕事をすれば、とても効率よく仕事が出来る事に気が付きました。ラウンジには軽食もありますので、わざわざレストランに行かなくてもラウンジで十分です。レストランで高額な出費とネットが必要な状況下でのデスクワークの時間を考えたら高めの年会費を払ってもお得だと思いました。
男性 50代以上 会社員

家族と飛行機に乗る機会が増えたためです。

今までよく飛行機に乗る機会はあったのですが、空港のラウンジを利用したことはありませんでした。空港のラウンジは高いお金を払っている人が利用するというイメージもあったので、まさか自分が利用できるとは思ってなかったです。そのカードの存在を知ったのは楽天カードからです。今まで使っていた楽天カードは年会費無料ですが、ラウンジが無料になるカードは年会費がかかるカードでした。しかし、特典としてポイントが10,000円分貰えるというキャンペーンをしていたので入会することにしました。国内のラウンジが無料になるほか、韓国の空港でもラウンジを利用できたり、海外用のWi-Fiルーターを借りる際も割引があるので入会して良かったです。
女性 20代 契約社員

仕事で海外出張や旅行でよく飛行機を使う為

ANAのJCBはたまたまネットで拝見していて、いつも飛行機たくさん乗るのになぁ…なんて思っていたので、この機会を逃す手ないと思い、カード申し込みをしました。取得しようと思ったのはマイルが貯まることそして安心のJCBであることが大きかったです。よく分からないカードに申し込みはやはり恐怖を感じるのでJCBと書かれているなら誰しも安心してカード申し込みできるかと思います。もうカードがきてから飛行機何回も乗ってどれくらい貯まったことか…笑。出張の時でも飛行機乗るときも沢山貯まってポイントみるのが楽しみです。あーまた貯まると思って海外出張が楽しみになります。よく飛行機乗る方でカード申し込み迷ってる方安心ですし、ポイントが貯まるので是非申し込みをしていただきたいです。
女性 20代

海外出張が多い勤務形態の職場だったので、航空会社のものがお得なのかなと感じて。

マイルがかなりお得に貯まり、その貯まったマイルを現金や他のポイントに変換できる、などと謳っていたように記憶しています。当時は入社したばかりでそれほど情報もなく、先輩が利用していたことと、友人がANAに勤務していたから、程度の情報だけで会員になったと思います。海外出張に行くだけでマイルがたくさん貯まるし、世界中どこでも信用があってすぐに利用できるので便利だと感じました。これなら何枚も持ち歩かなくても一枚でなんでも済ませられるし、家族でまた数枚持つようになればさらにお得にポイント還元やマイル取得につながるので、もうずっと入社してからずっと大変便利に利用させてもらっています。後輩にも勧めています。
女性 20代

いろんな特典でお得になると思ったからです。

私がdカード GOLDを作ろうと思ったのは、これを作れば通信費が今よりもお得になると思ったというのがあります。実際にこれを作ったおかげでドコモの通信費の10%がポイント還元されるようになって良かったです。またカードを作ったら、クーポンの特典もついてお得に買い物ができるという点でも良いと思いました。それがなければきっとこれを作ってなかったと思います。それぐらいdカード GOLDを作った方がお得だという風に言われて作ったというのがありました。実際にこれを作ったおかげで思った以上にお得になったので良かったです。確かに年会費はかかりますが、それを払う以上の価値があるとこのクレジットカードには感じました。特に私みたいにスマホはドコモという人には良いクレジットカードです。
女性 30代

ポイントが貯まりやすいと、友人に勧められました

JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブカードを申し込んだきっかけは、同僚がカードや金融に詳しくて、その子もファイナンシャルプランナーさんから勧められたからでした。JCBは日本の会社だから信用があり対応もよく、またANAのマイレージカードはポイントの交換率が良いと言われたとのこと。確かにネットで調べてもそのようにありました。私や同僚は、よく旅行していたので、マイレージが貯まるのはとても便利です。普段の買い物やネットショッピング、また旅行でためて、貯まったら再度旅行に行って(海外に行くこともある)。空港でラウンジサービスなども対象になるようです。知らなかったので私はまだ入ったことないですが、友人おすすめです。
女性 30代

新入社員として配属した店にJCBの社員が来て、強制的に入らされた

会社の関連会社にJCBがあり、入社と同時に強制的にカードの勧誘があり、強制的に入らされました。その時に、一般カードの説明も受けたのですが、ゴールドカードだと年会費が10800円で、関連会社のJCBさん的にもノルマが達成できるとのことで、ゴールドカードに入らされました。年間50万円以上使えば、1万円キャッシュバックとかいったキャンペーンも活用して、何年かは年会費を取り返しましたが、現在はそんなキャンペーンもないので、高い年会費を毎年払っています。ゴールドカードだと、空港のカードラウンジが無料で使えるので、旅行の際は、ビール、おつまみが飲み放題、食べ放題で、飛行機の搭乗時間までの間の時間を楽しむ空間として活躍させてもらってます。
女性 30代

初めてのアメリカへの海外旅行で利用するため

20代前半の時に初めてアメリカへの海外旅行に行くことになりました。その際一緒に行く友達に、「アメリカはカード社会だからクレジットカードを作る必要がある」と言われたのが、カードを作ったきっかけです。日本では現金だけでも生活が出来るが、アメリカは現金なんか持ち歩いたら危ないよ、と。実際アメリカに着いて見てみると、どんなに安いもの、例えばコーヒーや日用品などでも、確かにみんなカードで支払いをしていました。現金だと手間取ってしまいがちな会計も、クレジットカードのおかげでスムーズに行えて良かったです。日本ではまだまだ現金を持ち歩いている人も多いですが、カード払いの方が便利だとこの一件で気付いたため、積極的に利用しています。
女性 20代

マイルが貯まりやすいカードが欲しかった為

仕事の出張や旅行などで飛行機をよく利用するので、マイルが貯まりやすいカードにしたくて調べていたら知り合いがこのLUXURY CARD TITANIUM CARDをもっており、勧められたのがきっかけでした。カードのデザインをかっこよくて気付くと周りはみんなこのカードを使用しておりダイニング、スポーツ、ショッピング、アートなど特別優待を受けられたりメリットがたくさんなのがうれしいです。国内で利用すると最大1,5倍、海外の利用では常時2ポイント。貯まったポイントはエアラインマイレージなどに交換できるとあって重宝します。出張の多い知人・同僚にもどんどん良さを知ってもらい広めていけたらいいなと思います。
男性 30代

私の友人が持っていたことが最初の話題になりまして、お付き合いとステイタスのために真似しました。

友人(妻同士)が持っていたので、ステイタスのために取得しました。友人に、当カードは使う機会は少ないけど、持っているのといないでは周囲の接遇に差が出るということで早速夫と相談して検討に入った次第ですが、なんというか今は誰もがどこでも買い物ができる時代です。要するに、富裕層の真似をする若年層もいますし、老若男女ともに同じフロアーで食事や買い物をする人も多いのです。そのような環境において、日頃から思うことがありましたので、差をつけるために習得しました。これは自分の自己満足であり、身を守るための投資というのでしょうか。ダイナーズクラブカードも会費は決して少額とは言えませんが、だからこその価値があるカードです。
女性 40代

毎月のようにアメリカへの出張があり、その際にデルタ航空を利用する機会が多いから。

このカードを取得するとデルタ航空の上級会員資格「シルバーメダリオン」が自動的に取得出来るというのが一番の理由です。年間12回以上アメリカに出張しますし、その際に殆どがデルタ航空を利用する私にはぴったりのカードです。この資格はとても便利で優先的に搭乗出来たり、優先的にチェックインする事が出来て搭乗時にストレスを感じなくて済みます。何せ場合によっては搭乗手続きだけで30分以上掛かる事があり、待つのが苦手な私には優先的に搭乗手続きが可能なのはありがたいです。持っている事自体がステータスになるので人に自慢が出来ます。年会費は1万円以上しますが、マイルが貯まりやすい事を考えると決して高く感じませんね。もう一つの利点は、内縁の妻でも家族カードが作れる事です。内縁の妻がいる私には都合の良いカードでもあります。普段の生活ではあまりカードを使わない私ですが海外ではカードがないと不便なので重宝しています。
男性 50代以上

楽天市場をよく利用するので、ポイントが貯まりやすい。

きっかけは普段からネット通販をよく利用しており、特に楽天市場での買い物が多いのでポイントの還元率が良く、還元されたポイントが使いやすいので楽天ゴールドカードを取得しようと思いました。通常1%の還元率が楽天のサービスを複数利用すると最大8倍の8%まで上がるので買い物が楽しくなるというのも魅力の一つです。またネット通販だけではなく実店舗での加盟店も豊富にあり、特にガソリンスタンドでの利用でポイントが貯まるのはお得です。楽天ゴールドカードには楽天Edyの機能が付いているのでコンビニでの支払いがスムーズになり、またチャージや利用でもポイントが貯まり、生活するだけでどんどんポイントが貯まっていくので、今では欠かせない一枚になりました。
男性 30代

楽天で購入した際のポイントが多くもらえる。

食料以外の生活に必要なものや、運ぶのに重い水などを定期的に楽天で購入してました。楽天プレミアムカードを支払いカードとして登録すると他社のカードよりも多くのポイントが貰えます。そしてその貯まったポイントも楽天で購入した商品に対して使う事が出来るため大変便利です。ポイントもかなり多く貯まります。他社のカードはポイントもなかなか貯まりにくく、貯まった後に商品に交換するのも結構面倒であったり、サイトやアプリも使いづらい所があります。その点も楽天はいつもの購入画面と同じなので親しみやすく使い勝手がいいです。もう一つ取得しようと思ったポイントは新規入会キャンペーンでした。CMなどでよく目にしますが当時は8000ポイント贈呈でした。これは相当魅力的で取得を決意しました。
女性 30代

友人から勧められたので、このカードを取得しようと思いました。

私が三井住友VISAゴールドカードを取得しようと思ったきっかけは、友人から勧められたからです。特に作ろうと思ったポイントは、ゴールドデスクやドクターコール24等のサービスがあり、何かあった時に気軽に相談出来るというのが魅力でした。また、海外や国内旅行の際に何かあった時も五千万円まで補償してもらえるのも安心で、さらには、空港のラウンジでゆっくりくつろげる特典がついていたり、一流ホテルや旅館を割引で利用出来たりするのも魅力です。また、本来であれば、年会費3千円程かかる情報誌VISAを無料で毎月購読出来るのも魅力です。さらには、家族会員の1人目はずっと年会費が無料で、私自身も2年目以降は毎月1万円の年会費がかかりますが、条件が整えば、年会費4千円まで下げられるので今はそれを目指しています。
男性 30代

VISA会員で、夫が薦められたので一緒に取得。海外ではVISAが必須なので必要と感じた。

海外へ移住する計画があり、日本で勤務している間に取得するとそのまま継続が可能なので選択しました。海外においては、VISAカードは必須ですが、海外でクレジットカードを取得するは、収入・在住期間・滞在ヴィザ等様々な制約があります。また、金融機関の残高は厳しいチェックが入るので、海外口座開設にともない、その金融機関でATMカード」デビットカード、クレジットカードを作成しましたが、移住当初は信用問題もあるので、確実に支払ができるように日本での決済ができるクレジットカードが必要でした。その際、VISAのマークは信用が非常に高いので、それが日本で発行のクレジットでもゴールドのVISAであれば、ほとんど問題なく使用ができました。また、海外で生活をしながらも、日本へ帰国する可能性も当然ありましたので、信用度の高いクレジットカードを維持していく必要はありました。
女性 40代

フライト前はゆっくりと過ごしたい方におすすめの空港ラウンジが無料で利用できるカード一覧

航空機での移動には一種の高揚感があります。慌ただしさの中で空港内にゆったりと過ごせる場があれば、旅気分が一段と盛り上がります。それを叶えてくれるのが、クレジットカードの空港ラウンジ利用サービスです。旅行好き必見の、空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカードのラインナップを見ていきましょう。

空港ラウンジが利用できると旅の快適さが格段に上がる

【嬉しいサービス提供のラウンジも多数】
空港ラウンジには座り心地の良いチェアや、ゆったりとくつろげるソファなどが完備され、旅行中の疲れを少しでも軽減させるよう配慮されています。新聞や軽い読みものを読んだり、テレビを見たりと待ち時間が長くなるときでも退屈しないで過ごすことができます。

また忙しいビジネスマンが時間をムダにしないよう、電話、FAX、無線LAN、通信機材、その他のビジネス機器を無料で貸し出しており、デスクも準備されています。
ソフトドリンク、お菓子が無料提供されているところが多く、中にはアルコールや軽食を注文できるラウンジも見られます。

大型空港にあるラウンジでは、シャワールームや仮眠ルーム、マッサージチェアなどが設置されている場合もあります。

【国内と海外いずれの機会が多いかで選択】
空港ラウンジには航空会社が提供するものと、クレジットカード会員向けのラウンジがあります。クレジットカードの特典となるのは、当然クレジットカード会員向けラウンジですが、プライオリティパスがある場合には空港によって利用できるラウンジが異なります。

空港ラウンジが利用できるクレジットカードは多数ありますが、選択する際に気をつけたいのは、国内・海外の対応です。同じブランドであってもカードの種類によっては、利用できる空港が異なります。

例えば楽天プレミアムカードは海外の空港ラウンジ利用に便利ですが、国内旅行や出張が多いのであれば年会費の安い楽天ゴールドカードの方が利用価値を感じます。自分の行動範囲に合わせ、クレジットカードのサービス内容をしっかり確認してから申し込みに臨みましょう。

空港ラウンジが無料で利用できるカード一覧

【ダイナースクラブカード】
高級会員クラブを思わせる高いステータス性のあるダイナースクラブカードは、世界のどこの都市でも一目置かれるハイクラスなクレジットカードです。年会費22,000円(税抜)で国内の主要空港ラウンジ、海外のプライオリティパス対象ラウンジに加え、ダイナースクラブ専用のラウンジも利用可能です。

【楽天プレミアムカード】
年会費わずか1万円(税抜)で、プライオリティパスのフルサービスが受けられることで知られる楽天プレミアムカード。海外へ行く機会が多いのであれば、空港ラウンジ利用のためだけに年会費を払っても惜しくないほどの利用価値があるカードです。

【楽天ゴールドカード】
国内の主要空港をほぼ網羅できるのが、楽天ゴールドカードの強みです。年会費は破格の2,000円(税抜)で、ハワイ・ホノルル国際空港や韓国・仁川国際空港のラウンジも利用可能です。国内旅行、国内出張がメインの人には、かなりのおすすめです。

【MUFGカード プラチナ・アメリカンエキスプレスカード】
プラチナカードでもインビテーションなしで申し込みできるのが、MUFGカード プラチナ・アメリカンエキスプレスカードです。プライオリティ・パスを無料で発行でき、海外旅行が快適になるだけではなく、何と年会費無料の家族カードにもプレステージ会員権を取得可能です。

これで年会費2万円(税抜)はお得過ぎると言わざるを得ません。コストパフォーマンスに優れたカードをねらうのなら、要チェックです。

【JCBゴールドカード】
日本唯一の国際ブランドJCBから発行されているJCBゴールドカードは、年会費1万円(税抜)で国内28空港と海外1空港のラウンジ利用ができます。主に国内で活動する人向きではありますが、実績を積めばJCBゴールド ザ・プレミアへのインビテーションが為されます。

JCBゴールド ザ・プレミアではプライオリティパスが無料で付帯するので、ステップアップを期待して、JCBゴールドカードからスタートするのもひとつの方法です。

それぞれのカードの審査基準

【ダイナースクラブカード】
ハイクラスのクレジットカードの中でもダイナースクラブカードの審査は、厳しいことで知られています。しかしかつては35歳未満で勤続5年以上、さらに年収500万円以上というラインで機械的に切られていた申し込み条件が、最近になってゆるやかになっているといわれています。

現在の申し込み条件は年齢27歳以上に変更されており、クイック診断による足切りもありません。年収の基準は相変わらず500万円のようですが、世帯年収などによっては主婦でも取得できる可能性があります。

申し込みできる属性の幅が広がったのは、間違いありません。思い切って申し込む価値はありそうです。

【楽天プレミアムカード】
楽天プレミアムカードは、申し込みで手に入れられる最上位カードです。庶民派の楽天ブランドの中では、やや審査が厳しめといえるでしょう。すでに楽天カードを所持している場合には、利用限度額が楽天プレミアムカードの審査通過の目安になります。利用限度額が30万以下であれば、取得は難しくなります。

新規に申し込みする場合は、クレジットヒストリーが正常で、安定した収入であれば年収に関わらず取得の可能性が高くなります。

【楽天ゴールドカード】
楽天ゴールドカードの公表されている申し込み基準は、年齢が20歳以上で安定収入が条件とされています。しかし実際には、楽天カードである程度実績があれば、自営業者や専業主婦でも問題なく取得ができます。

一応再審査はありますが、すでに楽天カードのユーザーならばよほどのことがない限り、審査落ちはないと思われます。

【MUFGカード プラチナ・アメリカンエキスプレスカード】
MUFGカード プラチナ・アメリカンエキスプレスカードの申し込み条件は、原則として20歳以上であり、本人に安定した収入があることです。

プラチナカードの中では、かなり間口の広いカードといえるでしょう。実際の審査の状況では、年収よりもそれまでのクレジットカードやローンの利用履歴の方が重視されているようです。

銀行系のカードであるため多重債務や多重申し込みについては厳しくチェックされるので、近々のクレジットの利用について十分確認してから申し込んだ方が良いでしょう。

【JCBゴールドカード】
日本発祥の国際ブランドとしてのプライドを持つJCBは、一般カードについても審査は厳しめといわれています。

JCBゴールドカードの場合には、JCBブランドの利用実績が重視されます。そのためこれまでJCBカードの利用がまったくない人は、その分ハードルが上がると考えられます。

申し込み条件は、“学生を除く20歳以上の方で、本人に安定した収入がある方”とされていますが、実際には30歳以上で年収が500万円以上の安定した勤務先を持つことが審査通過ラインであるようです。

JCBカードを作るのが初めてであれば、この条件のクリアがJCBゴールドカードホルダーに近づく道といえそうです。

おわりに

国内でも海外でも、空港のラウンジを利用できるかどうかは疲労感に大きな差がでます。一般向けのロビーでは、休憩したくても落ち着きません。空港ラウンジが利用できる特典付きクレジットカードを持っていれば、搭乗まで過ごす時間の過ごし方がぐんと楽になります。

旅行や出張の予定があるならばカード特典をチェックして、もっとも利用価値の高いクレジットカードを入手しておきましょう。

最終更新日:2018/01/10