キラキラしたゴールドもいいけど、姫はプラチナも好き! クレジットカードにもプラチナがあるってホント?
ゴールドカードの上には、プラチナカードもございます。 姫もこれから修行を積めば、プラチナカードを持つことも夢ではありませぬ。

プラチナカードとは?

プラチナカードとは、ゴールドのさらに上位のカードで、ゴールドよりも1ランク上を行く特典やサービス、保険などが付帯されているもの。


日本では、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルが、1993年にカードフェイスが白金色の「プラチナ・カード」を発行したのが最初で、以降、他のカード会社からも同様のカードが発行されるようになりました。

「プラチナ・カード」はアメックスの商標登録ですが、「プラチナ・カード」クラスのグレード(ランク)のカードを、総称してプラチナカードと呼ぶことが多い。

プラチナカードのサービス

ゴールドカードの利用限度額が、200万円~300万円程度なのに対し、プラチナカードは最低でも300万円と言われている。カードによっては500万円とか、あるいは特別な上限を設けず、会員ごとに設定されるケースも多く、かなり高額な商品でもカード1枚で決済が可能。

また、ホテルの部屋をアップグレード、室料優待割引、ダイニング優待、スパ・エステ優待、航空機の座席アップグレード、ヘルプデスクも専用回線で24時間どんな無理難題にも迅速に対応などなど、特典や至れり尽くせりのサービスも付帯。

海外旅行傷害保険の最高補償額1億円、国内旅行傷害保険の最高補償額5,000万円など、補償が手厚いのも特徴。また、世界600ヵ所以上の空港ラウンジを自由に使えるプラオリティ・パス付帯と、国内外問わず、さまざまなサポート機能が充実している。

招待制カードと申込制カード

プラチナカードについては、ゴールドカードで利用実績を積み、カード会社からインビテーション(招待)を受けて初めて会員になれるものと、直接申し込み可能なものと2種類ある。

招待制の場合は、カードを定期的に利用しきちんと支払いながら、優良会員としてカード会社に認められるのを待つしか方法はありません。ゴールドカード会員になってから、最低でも1年以上はかかる。


直接申し込み可能なカードには、「三井住友VISAプラチナカード」「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」「シティ セレクト VISA プラチナカード」などがあります。これらのカードは、インターネットからでも申し込むことが可能。

申込条件も、「満30歳以上で、安定継続収入のある方」など、一見誰でも入会可能そうなのですが、実際には、年収・職業・居住形態のほか、それまでのクレジットカード利用実績・利用店舗の状況などなど、各カード発行会社によりさまざまな角度から審査されることになるので、相当厳しいことは、覚悟してくださいね。