グレードの高いクレジットカードを作るためには、クレジットカードヒストリーとやらが大事と聞いた。 いったい、何のことじゃ?
われわれ忍者の修行のようなものでござる。 カードを持つためには、大変大事なことなので、ここで説明いたしましょう。

クレジットカードヒストリーとは?


グレードが高いカードになればなるほど、重要になってくるのが「クレジットカードヒストリー(クレヒス)」。

これは、日本語では「信用履歴」といわれ、クレジットカードの利用履歴のこと。クレジットカードを作ると、毎月のカード利用や支払情報が、個人信用情報機関に履歴として残る。
カードを定期的に利用し、支払いも滞ることがなければ、その人は優良会員としてカード会社からアップグレードを勧められるだけでなく、たとえば銀行などでローンを組みたいと思った場合、審査が通りやすいという利点も。

逆に、たとえば一度ぐらい延滞があったからといって、持っているクレジットカードをすぐに解約されることはありません。
延滞の記録はその後全く問題なくクレジットカード利用を続けた場合で2年間、その間に退会・解約などになってしまった場合は5年以上も残るので、次にクレカを作ろうとしたら、審査に通らない可能性は大ということに。

個人信用情報機関について

個人の信用情報については、下記の3つの機関で管理されている。
クレジットカード会社や銀行、消費者金融、リース会社、携帯電話会社などは、それぞれ3つのいずれかの機関に加盟。

1.CIC(シー・アイ・シー)
2.全国銀行協会
3.JICC(日本信用情報機関)

クレジットカード会社は、カードの申し込みを受けると、自社が加盟している個人信用情報機関から、信用情報開示報告書を取り寄せ、そこに書かれた情報をもとに審査を行う。
また、3機関では延滞情報や債務整理といった事故情報を共有しているので、申し込もうとしているクレジットカード会社がどの機関に加盟しているかに関わらず、過去に事故扱いを受けたことがあれば、審査には通りにくいと言えるでしょう。

信用情報開示報告書は、個人でも取り寄せることができるので、たとえば「自分では何の問題もないと思うのにクレジットカードの審査に通らない…」という人は、取り寄せてみるのもいいかもしれません。

手続きは、直接機関に出向くほか、インターネット、郵送も可能。

入金状況の$マークが◎

信用情報開示報告書にはいったいどんなことが記入されているのでしょうか?

CICのサイトには、次のような説明がある。

『「信用情報開示報告書」表示項目の説明』

見るとわかるとおり、かなり細々とした情報が記載されていますね?
なかで、特に注目してほしいのが入金状況という部分。

表には、記号が並んでいますが、クレジットカード会社が文句なく認める優良会員になるには、毎月「$」マークがきれいに並ぶこと。つまり「請求どおり(もしくは、それ以上の)入金があった」=「当月にカード利用があり、しかもきちんと入金された」証拠が「$」マーク。

そのほかのP、R、A、B、Cは、1つでもあると、次にカードを作りたいと思っても審査に落ちる可能性が高くなる。


「‐」や空欄は、当月にクレジットの利用がなかったということなので、問題になることはありませんが、クレジットカードを使ってくれていないということで、カード会社にとって「いいお客様」とは言えない。

プラチナやブラッククラスに限ったことではありませんが、クレジットカードのグレードアップを望むなら、若いときから“美しいクレヒス”をせっせと積む、こうした積み重ねが大事なんですね。