わしは、ゴールドカードというものに興味がある。 一度は使ってみたいのじゃが、一体どんなカードなのじゃ。
ゴールドカードは一般カードより特典やサービスが充実しているカードで、様々な面で違いがございます。 最近では年会費を安く抑えたゴールドカードも人気でござる。

ゴールドカードとは?

ゴールドカードとは、一般カードに比べ保険の補償が手厚かったり、空港ラウンジが無料で使えるなど、より付加価値の高いサービスを付帯したカード。


日本では1980年にアメリカン・エキスプレス・インターナショナルが、カードフェイスが金色の「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を発行。
これが日本初のゴールドカードで、その後他のカード会社も発行するようになりました。

ちなみに「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は「アメリカン・エキスプレス・カード」の上位ランクカードですが、現在では「アメリカン・エキスプレス・カード」自体がゴールドカードと同等の扱いとなっていますので、ゴールドは「プラチナカード」と同じランクとみなすようになっている。

一般的には、30歳以上という年齢制限や、年収の下限が設けられている場合が多く、年会費は1万円~3万円程度が主流ですが、最近では2,000円で会員になれるゴールドカードなど、一般庶民でも気軽に持てるカードも登場。

ゴールドカード充実したサービス

「ゴールドカードがほしい!」ということで、探してみると、年会費が1万円以上かかるカードと、2,000円~5,000円程度で作れるカードがあることに気がつくと思います。

ゴールドといえば、少し前までは、年会費1万円以上というのが当たり前でした。その代わり、一般カードに比べ、サービスや保険が充実していて、ステータス性も高いということで、特に日本がバブルの時代には、人気を呼んでいたとか。

主流派代表のカードでは「ダイナースクラブカード」は22,000円(税抜)。「アメリカン・エキスプレス・カード」は12,000円(税抜)。「三井住友VISAゴールドカード」は10,000円(税抜)となっていて、10,000~15,000程度が主流。

年会費がかかるので節約派は敬遠しがちですが、ゴールドカードは「ポイントやマイルの優遇」、「空港ラウンジの無料利用」、「プライオリティパスの付帯」、「空港への送迎サービス」、「旅行傷害保険の自動付帯」等、様々なサービスが付帯しており、年会費を払うだけの価値が提供されている。

ちなみにアメックスの上位カード「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は年会費29,000円(税抜)ですが、世界600ヵ所の空港ラウンジ無料使用、カード支払いなら最高1億円の海外旅行傷害保険、年間最高500万円のショッピング保険、キャンセル費用の損害を補償するキャンセル保険など、世界中を飛び回るビジネスマンや海外旅行へよく行く人にとっては、毎回の旅行傷害保険やラウンジを無料で使えることを考えたら、年会費は安いくらいかもしれませんね。

ゴールドカードの人気ランキング

低年会費ゴールドカード

一方、年会費を抑えたゴールドカードは、2008年に三菱UFJニコスが、年会費1,905円(税抜)という「MUFGカード ゴールド」を発行したのが最初。

2008年といえば、リーマンショックにより、世界的に景気低迷が始まった年。景気悪化、失業率増加、平均年収も下がる一方だった日本でも、受け入れられやすかった低年会費のゴールドカードは、人気を呼び、他のカード会社もこれに追随。

いまや、庶民派ゴールドカードとして、確固たる地位を築くまでになっている。

低年会費ゴールドカードの特徴としては、サービスの内容や保険の補償額が、普通のゴールドカードより低く設定されている代わり、入会の審査基準も一般カードよりやや厳しいか、ほぼ同等レベルで、年会費が安いこと。

ポイント特典は充実しているカードが多いので、「ステータス性」「利便性」「サービス」「補償」などの点から、年会費有料の一般カードと比較して、どちらか自分に合ったほうを選択するのもよいでしょう。


たとえば、庶民派ゴールドの1つである「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は、アメックスブランドで年会費1,905円(税抜/オンラインからの申し込みで初年度年会費無料)。最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯、年間最高100万円のショッピング保険や航空便遅延保険まで付帯。年会費を考えるとかなり魅力的。

ヤングゴールドカードについて

20代でも作れるゴールドカードが、ヤングゴールドカード。20代限定、22歳から、学生を除く18歳以上…とカード会社により入会基準には若干の差があり、30歳になると自動的にゴールドカードへステップアップするカード、年齢に関係なくそのまま使い続けられるカードがある。

年会費は2,000円~5,000円程度と割と低めながら、付帯サービスは普通のゴールドカードと大差なく、ポイント獲得の点でも優秀なカードが多いのも特徴。また、ステータスという点でも、ヤングセレブの証として優越感に浸れること間違いなし。

将来ゴールドカードを使うつもりであれば、早いうちからヤングゴールドを使ってクレジットヒストリーの信用度をアップしておくことをおすすめする。

ゴールドカードを目指す学生向け

ヤングゴールドカードは学生だと申し込めませんが、学生でも申し込めて、ゴールドカードを目指せるカードも。

たとえば、「三井住友デビュープラスカード」は、満26歳までカードを継続的に使い続けていると、次の更新時にプライムゴールドカードに切り替わり、さらに満30歳以降にはゴールドカードに自動的に切り替わる。

しかも、年1回以上利用すれば、翌年の年会費は無料。将来的にゴールドカードホルダーを目指すなら、ちょっと魅力的では?

学生のうちからコツコツと利用実績を積むことで、早い段階でプレミアムカードの招待状が届く可能性も。学生ならではの特典を付加したお得なカードもあるので、高校を卒業したら検討する余地はありそうですね。