いつかはランクの高いクレジットカードが欲しい美咲です。夢はブラックカード!
嬢ちゃんにはまだまだ早いわ~!でも、中には嬢ちゃんでも持てるランクの高いカードも世の中にはあるさかい。
そうなんですか?夢が膨らみますね!

ランクの分類

クレジットカードのランク

クレジットカードのランクはカードの種類によっても異なりますが、ここではまず大きく4つのカテゴリに分けてご紹介します。

一般カード


カードの種類の中でも最もスタンダードなカードになります。

年会費無料のカードも多数あり、比較的作りやすいカードです。

年会費が必要なカードでも1,000円~3,000円ぐらいが多くなっています。

年間の利用額やリボ払い設定、Web明細書の登録などにより、実質年会費無料になる場合もあります。

初めてクレジットカードを作るなら、まずは年会費の負担の小さい一般カードを作るのがおすすめです。

 

ゴールドカード


一般カードよりひとつ格上のカードで、券面は金色であることがほとんどです。

カードの種類によって年会費がかなり変わってきますが、2,000円~5,000円ぐらいから、3万円を超えるものもあります。

一般カードより年会費は高くなりますが、その分サービスや特典がグレードアップします。

審査基準は一般カードに比べて、やや厳しくなります。

 

プラチナカード


年会費2万円~10万円ぐらいの、ゴールドのさらに格上のクレジットカードです。

付帯保険の補償額がゴールドより高く、空港ラウンジ利用サービス、コンシェルジュサービスなどが充実しています。

カード会社から招待を受けないと入会できないものもあり、直接申し込める場合でも審査はかなり厳しくなります。

 

ブラックカード


年会費5万円~36万円ぐらいと、年会費がかなり高くなります。

その分、付帯保険の補償額がプラチナより高く、プライオリティ・パス付帯、高級ホテルやショップでの優待サービスなど付帯サービスも超一流です。

限られた優良会員のみが、カード会社からの招待により入会することができます。

トップクラスのランクを誇るブラックカードですが、そのなかでも最上位がアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードと言われています。

ランクの見分け方

カードの名前だけだと、グレードがわかりにくい場合もありますが、「ゴールド」「プレミアム」「プラチナ」がカード名に付いていたら、一般カードよりもランクが上のカードになります。

たとえば、三井住友VISAカードをランク順に並べると以下のようになります。

三井住友VISAクラシックカード

 

三井住友VISAゴールドカード

 

三井住友VISAプラチナカード

高ランクのカードを手に入れるには順序が必要

クレジットカードはランクが上がるごとに審査が厳しくなる傾向があります。

また、プラチナカードやゴールドカードの場合はクレジットカード会社からの「インビテーション(招待)」がないと申し込みができないカードもあるんです。最近ではインビテーションなしで申し込みができるプラチナカードも多くなってきています。

インビテーションが必要なカードは、まずはその下のランクのカードを利用して利用実績を積むことが大切です。

  • ランクについて

    クレジットカードのランクとは?その意味と、一般、ゴールド、プラチナ、ブラックのランクを紹介。

  • 一般カードについて

    一般カードとは?その意味と特徴、選び方、学生向け、女性向けカードについて紹介。

  • ゴールカードについて

    ゴールドカードについて。低年会費ゴールドカード、ヤングゴールドカード、学生向けについても紹介。

  • プラチナカードについて

    プラチナカードとは?その意味と特徴、インビテーション(招待)と申込制のシステムについて紹介。

  • ブラックカードについて

    ブラックカードとは?その意味と特徴、サービス、インビテーション(招待)入手の方法について紹介。

  • クレジットヒストリーについて

    クレジットヒストリーとは?その意味と、個人信用情報機関、信用履歴の見方について紹介。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。