ここでは、小売店・コンビニ系と言われているクレジットカードについて、紹介いたしまする。

小売店・コンビニ系カードとは?


スーパーやデパート、コンビニなどが発行しているカードで、食料品、日用雑貨などの買い物でのお得が売り。

代表的なのは、イオンカード、セブンカード、ファミマTカードなど。最近は、アウトレットや専門店街、中小のスーパーなどでも続々と提携カードを発行し、独自の特典を設けるなどして、お得度を競っている。

たとえば、セブンカードを持っていると、毎月8日・18日・28日(8の付く日)は、全国のイトーヨーカドーとネットスーパーで、食料品・衣料品などが5%OFFに。イオンカードでは、イオングループでの買い物が毎月20日・30日が5%OFF、5日・15日・25日はポイント2倍など。

○○デーという特定日に割引、増ポイントで会員にお得をアピールするケースが多い。

小売店・コンビニ系は主婦の味方

食料品・日用品の買い物の支払いを、このタイプのカードでまとめれば、月々の生活費の動向が支払明細書からある程度読めて便利。また、高価な買い物は割引やボーナスポイントの付く○○デーを狙って買うことで、節約のメリットもアップ。

日々の生活に欠かせない食料品、日用雑貨等を買うのは、一家の主婦の役割であることが多い。
こまめに割引やポイントアップデーを狙って、賢く節約…使い方次第で、主婦の強い味方になってくれるのが、小売店・コンビニ系クレジットカードだと言えるでしょう。

また、コンビニ大好き!ひとり暮らしの人にも、便利でお得とは言えます。が、コンビニ通いはほどほどに、スーパーで食材を買ってきちんとした食生活をしてくださいね。