プロパーカードと提携カードについて

プロパーカードと提携カードは何が違う?

突然やけど嬢ちゃんに質問や。クレジットカードは“プロパーカード”と“提携カード”の二種類に分類できるんやけど、その違いって知っとる?
えっと、プロパーカードは国際ブランドが定番カードのことですよね。思ってたよりも 難しいことではないですけど、発行会社の説明の前に、プロパーと提携の違いを確認しておきたいです。

プロパーカードと提携カードの違い

クレジットカードの中でも、各カード会社の名前が堂々と!入った、代表的かつベーシックなカードのことを、プロパーカードといいます。

わかりやすいところでいうと、「アメリカン・エキスプレス・カード」「ダイナースクラブカード」「JCBカード」「三井住友VISAカード」「セゾンカードインターナショナル」など。

これらは一般カードですが、ゴールドやプラチナが付いたものも、各カード会社の定番カードはプロパーカードといいます。

一方、それ以外の航空会社や交通機関、家電量販店、スーパー、コンビニなどと提携して発行しているのが、提携カード。

提携企業による特典が付加されているため、自分がよく使う店や交通機関などで、割引やポイント特典を受ける機会が多い人にはお得なクレジットカードです。

プロパーカードの特徴

プロパーカードでも、国際ブランドのプロパーカードそれ以外(楽天、セゾン、イオンなど)では、少し位置付けが違います。

国際ブランドのプロパーカードには以下の特徴があります。

  • どんな人でも利用することが多い、クレジットカードのベーシックな機能が備わっていて、安定感やステータス性がある
  • 自社発行のため、発行までのスピードが速い
  • プラチナなど、よりステータス性の高いグレードのカードを目指す第一歩としてオススメ
実際、定番の三井住友VISAクラシックカードなどは、メインカードとして持つ人が多いです。

 

その他のプロパーカードでは、楽天市場でのショッピングが便利でポイントも貯めやすい「楽天カード」や、永久不滅ポイントと西友・リヴィンなどで割引特典がある「セゾンカードインターナショナル」、イオン系列店での買い物で割引や特典がある「イオンカード」などが挙げられます。

これらのカードの特徴は「それぞれの系列企業でのお得度や利便性が高い」こと。

提携カードの特徴

自社の顧客囲い込みなどを目的に、企業(1社とは限らない)が、クレジットカード発行会社と提携して発行しているのが、提携カード。

提携カードが続々発行されているのには、カード会社と提携企業が「お互い顧客・会員を増やし、どんどんカードで買い物をしてもらうことで収益アップにつなげたい」という思惑が絡んでのこと。

でも、会員になる側からすると、クレジットカードに備わっている基本的な機能やポイント特典+提携企業ならではの割引やポイントがあるのは、うれしいことです。

また、最近は各企業独自のポイントを、他のポイントやマイルへ移行できるサービスも行われています。
たとえば、楽天スーパーポイントとANAマイルは相互交換ができるし、JALマイルはWAONに交換が可能。

こうしたポイント集約の方法を調べておけば、せっかく貯めたポイントを有効期限までに使えずに、泣きを見ることもありません。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。