ここでは“信販系”って言われとるカードについて紹介するで!人によっては「信販」っちゅう言葉自体なじみが薄いかもしれへんな。
一言で“信販系”っていっても2つに分類できたりと、奥が深いんですよね~。

信販系クレジットカードとは?

通販などで、よく「分割払い可」ってありますよね?
この分割払い(割賦販売)の仕組みを支えているのが、信販会社。

商品の代金を店に立て替えて支払い、商品を買った人にあとから請求する。
クレジットカードが普及したいまでも、利用している人は案外多いのではないでしょうか。

こうした販売信用がメイン事業である信販会社が、クレジットカード事業に続々と参入。
その後、統合や合併により会社名やカード名を変えつつ、今日に至ります。

信販系クレジットカードの特徴

信販系クレジットカードの特徴は、とにかくラインナップが幅広いこと。
しかし、大きく2つのタイプに分けることができます。

1.ポイントが「貯まりやすい」「還元率が高い」「有効期限がない」「マイルへの交換も可能」など、普段使いの1枚として持っておきたいカード。

代表的なのはセゾンカードオリコカードライフカードセディナカードなど。


2.「ブランド力」「ステータス性」「信頼度の高さ」「海外利用で実力を発揮」など、クレジットカードの王道を行くカードがJCBカードアメックスカードダイナースカード

この3社は、他のカード会社とライセンス契約を結ぶことで、国際ブランドとして「ブランドを付与」しながら、自分の会社でも独自のクレジットカード(プロパーカード)を発行。

「信販会社とは言えない」という考え方もあるようですが、当サイトでは信販系として紹介

信販系の賢い組み合わせ

どちらのタイプを選ぶかは難しいところですが、もし2枚持つなら、旅行や人との食事の際、さっとかっこよく出すメインカードは「2」のタイプから。

自宅でのネットショッピング、水道光熱費の支払い用は「1」のタイプから、というのもアリ。

注意してほしいのは、国際ブランドの組み合わせです。

たとえば、マスターブランドのオリコカードとJCBカードの2枚持ちなら、マスターカードとJCBのサービスの両方をカバーできるので○。

しかし、JCBブランドのオリコカードとJCBカードの2枚持ちはJCBのサービスしかカバーできないのでもったいない!


クレジットカードの組み合わせ方についてはクレジットカードは2枚目で補おう!おすすめの組み合わせ5選をご覧ください。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。