ここでは、銀行系と言われているクレジットカードについて、紹介いたしまする。

銀行系クレジットカードとは?


銀行系のクレジットカードとは、銀行で口座を開設しようとすると、必ずと言ってもいいほど勧められるカード。キャッシュカード&クレジットカード一体型のものを、財布に1枚は入れている人も多いのではないでしょうか。

有名どころでいうと、発行枚数もダントツの三井住友VISAカード、三菱UFJニコス(株)が発行しているMUFGカード、三井住友トラスト株式会社(旧シティカードジャパン)が発行しているダイナースカードなど。

また、最近ではソニーカード、SBIカードなど、ネット銀行系のクレジットカードもいろいろ発行されている。

銀行系はメインバンクでメリット大

“銀行系”だけあって、銀行で得するサービスが受けられるのが大きな特徴。

たとえば、クレジットカード利用で、ATMでの時間外引き出し手数料無料、他行への振込手数料割引など、1回あたりで考えると大きなお得とは言えないかもしれません。

しかし、メインバンクだったら、どうでしょう? 日々の生活の中で、銀行の営業時間外にお金を引き出していたり、けっこう銀行振込をしていませんか?

銀行系カードは、作るならメインバンクのものがオススメ。月末合計残高が一定額を超えると、さらにプラスαの特典が付く場合もあるので、預金を増やしながら、クレジットカード会社と銀行に対する実績を積んでください。

すると、数年後に家や車など大きな買い物をする際にローンが組めて、金利も優遇…といった将来的なメリットも生まれてくる。

1枚で多機能な銀行系カード

銀行系クレジットカードは、クレジットカード機能付きカードを申し込むことで、キャッシュカード兼デビットカード兼クレジットカードに、電子マネー付帯といった多機能型カードとして利用することが可能。

「銀行口座から預金を引き出す=キャッシュカード」「現金の持ち合わせがなくても、その場で買い物ができたり、電車に乗れる=デビットカード・クレジットカード・電子マネー」と、1枚のカードで普段の生活のあらゆるシーンに対応でき、お財布の中もスッキリ。

ただし、利用者からは「買い物などの際に、他人に口座番号の入ったキャッシュカードを見られるのはいや」という声や、「機能が集約されているので、紛失したときのダメージが大きい」という声も。

確かに、1日に何度も取り出すことになると思うので、利用する場合は、落としたり、置き忘れには十分注意してくださいね。