今回はVISAについて勉強していくんですが、VISAには2種類の意味があるんですよね?
嬢ちゃん、さすがやな~。せやで!VISAってひとことでいっても意味が2種類あるんでややこしいんや。
そのややこしい点について、ちゃんと勉強したほうがよさそうですね。

VISA(ビザ)は2つある?!

「VISA(ビザ)」と聞いて、「あぁVISAカードのことね」と思う人と「あぁ査証のことね」と思う人、2つに分かれるのではないでしょうか?

査証という意味のVISAは、たとえばインドへ旅行しようと思ったら、必ず必要となる入国許可証明書のようなもの。
夏休みにハワイや韓国へ旅行に行くくらいでは、まずお目にかかることはないですが、旅行会社で「ビザが必要ですね」と言われたら、こっちのビザ(査証)のことだと思ってください。

クレジットカードのVISAと査証という意味のVISAが、スペルも全く同じ。
しかも、どちらも海外旅行を扱った雑誌などで頻繁に登場するので、間違える人も多いはず。

海外旅行の際に、「持っていると何かと便利」なのはカード(ブランド)のVISA、「持っていないと入国できない国もある」のが査証のVISAなのです。

VISA(ビザ)とは?

国際ブランドのVISA(ビザ)はVisa International Service Associationの略称。

世界200ヵ国・地域で14,900の金融機関と提携、クレジットカード発行枚数は2億枚(2012年6月現在)という認知度、シェアともに世界No.1のアメリカ生まれのブランド。

日本国内でも100社を超える会社から発行されていて、加盟店も多いので、「まずはVISAブランドのカードを1枚作っておく」という考え方もアリでしょう。

「でも、同じVISAブランドでも発行会社によって利用条件やサービスの内容はそれぞれなので、VISAから選ぶのもけっこう大変!」
そういう方もいらっしゃると思います。

もし自分が大勢派(多くの人が持っているものがいい)と思うなら、日本人のVISAカード所有者の5割以上を占めるといわれる三井住友VISAカードがオススメ。
逆に「絶対に個性的な1枚を……」というのなら、(株)丸井と(株)エポスカードが共同発行する101種類のデザインが用意された「エポスデザインカード」というのもあります。

VISA(ビザ)の歴史

1958年に、アメリカ最大手の銀行「Bank of America(バンク・オブ・アメリカ)」が設立した「バンクアメリカード」が、その始まり。
バンクアメリカードは1960年代にアメリカ全土に広まり、70年代には世界中にも進出。
しかし国によってカードの名称はバラバラで、日本での名称は「住友カード」でした。

1976年、それまでいろいろな名称だったカードたちは、ついに今日のVISAへ。
名称の変更とロゴの統一が図られることになりました。

以来、世界中でVISAの名称とロゴが定着。
いまや世界No.1のクレジットカードとして認められています。

VISAとVISAカード発行会社

「使っていいのです~♪VISA」というTVCMを流しているのがVISA。
では、「三井住友VISAカード♪」というTVCMは?
それは、VISAというブランドのクレジットカード発行会社である三井住友カード株式会社のコマーシャルです。

「同じように見えるけれど何が違うのか?」というと、じつはVISAという企業はクレジットカードを発行していないのです。
だから、CMでは「VISAというブランド」のイメージをPRすることで、VISAブランドのカードを多くの人に作ってほしいと考えています。
発行会社がどこでも、VISAカード会員が増えればいいわけですね。

一方の三井住友カード株式会社のほうは「VISAブランドの三井住友カード」をPRすることで、三井住友カードを多くの人に作ってほしいと考えています。
VISAブランドのカードはセゾン、三菱UFJニコスなど多くのカード会社から発行されているので、三井住友のVISAでないと意味がないというわけですね。