今回はVISAについて勉強していくんですが、VISAには2種類の意味があるんですよね?
嬢ちゃん、さすがやな~。せやで!VISAってひとことでいっても意味が2種類あるんでややこしいんや。
そのややこしい点について、ちゃんと勉強したほうがよさそうですね。

VISA(ビザ)は2つある?!

「VISA(ビザ)」と聞いて、「あぁVISAカードのことね」と思う人と「あぁ査証のことね」と思う人、2つに分かれるのではないでしょうか?

査証という意味のVISAは、たとえばインドへ旅行しようと思ったら、必ず必要となる入国許可証明書のようなもの。
夏休みにハワイや韓国へ旅行に行くくらいでは、まずお目にかかることはないですが、旅行会社で「ビザが必要ですね」と言われたら、こっちのビザ(査証)のことだと思ってください。

クレジットカードのVISAと査証という意味のVISAが、スペルも全く同じ。
しかも、どちらも海外旅行を扱った雑誌などで頻繁に登場するので、間違える人も多いはず。

海外旅行の際に、「持っていると何かと便利」なのはカード(ブランド)のVISA、「持っていないと入国できない国もある」のが査証のVISAなのです。

VISA(ビザ)とは?

国際ブランドのVISA(ビザ)はVisa International Service Associationの略称。

世界200ヵ国・地域で14,900の金融機関と提携、クレジットカード発行枚数は2億枚(2012年6月現在)という認知度、シェアともに世界No.1のアメリカ生まれのブランド。

日本国内でも100社を超える会社から発行されていて、加盟店も多いので、「まずはVISAブランドのカードを1枚作っておく」という考え方もアリでしょう。

「でも、同じVISAブランドでも発行会社によって利用条件やサービスの内容はそれぞれなので、VISAから選ぶのもけっこう大変!」
そういう方もいらっしゃると思います。

もし自分が大勢派(多くの人が持っているものがいい)と思うなら、日本人のVISAカード所有者の5割以上を占めるといわれる三井住友VISAカードがオススメ。
逆に「絶対に個性的な1枚を……」というのなら、(株)丸井と(株)エポスカードが共同発行する101種類のデザインが用意された「エポスデザインカード」というのもあります。

VISA(ビザ)の歴史

1958年に、アメリカ最大手の銀行「Bank of America(バンク・オブ・アメリカ)」が設立した「バンクアメリカード」が、その始まり。
バンクアメリカードは1960年代にアメリカ全土に広まり、70年代には世界中にも進出。
しかし国によってカードの名称はバラバラで、日本での名称は「住友カード」でした。

1976年、それまでいろいろな名称だったカードたちは、ついに今日のVISAへ。
名称の変更とロゴの統一が図られることになりました。

以来、世界中でVISAの名称とロゴが定着。
いまや世界No.1のクレジットカードとして認められています。

VISAとVISAカード発行会社

「使っていいのです~♪VISA」というTVCMを流しているのがVISA。
では、「三井住友VISAカード♪」というTVCMは?
それは、VISAというブランドのクレジットカード発行会社である三井住友カード株式会社のコマーシャルです。

「同じように見えるけれど何が違うのか?」というと、じつはVISAという企業はクレジットカードを発行していないのです。
だから、CMでは「VISAというブランド」のイメージをPRすることで、VISAブランドのカードを多くの人に作ってほしいと考えています。
発行会社がどこでも、VISAカード会員が増えればいいわけですね。

一方の三井住友カード株式会社のほうは「VISAブランドの三井住友カード」をPRすることで、三井住友カードを多くの人に作ってほしいと考えています。
VISAブランドのカードはセゾン、三菱UFJニコスなど多くのカード会社から発行されているので、三井住友のVISAでないと意味がないというわけですね。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。