師匠。私、国際ブランドの中でもJCBがとくに気になってるんですよ~。
ほほう。なんで嬢ちゃん、JCBがいいんや?
日本生まれの信用できるブランドだからですよ!今回はそんなメイドインジャパンのJCBについて学んでいきたいです!

JCB(ジェイシービー)とは?

JCB一般カード

 

日本のブランドとして、唯一5大国際ブランドに名を連ねているのがJCB。

世界190の国・地域で会員数7,746万人、取扱店契約数は2,225万件(2012年3月末現在)。
日本国内ではクレジットカードOKの店ではほぼJCBが使えるし、会員数も6,600万人以上と、圧倒的な強さを誇ります。

海外では、ハワイやグアム・サイパン、韓国、シンガポール、フランス、イタリアといった日本人が海外旅行でよく行く国・地域を中心に、世界60ヵ所に「JCBプラザ」を設置して観光案内や店の予約などを日本語でサポート。
日本人にとっては心強いカードといえるでしょう。

ただし、VISAやマスターに比べると海外での加盟店はまだ少ないのが現状。

JCBの歴史

1961年に設立され、汎用型クレジットカードを日本で初めて発行。

アメリカと同じ規格サイズのプラスチックカードを採用し、民間企業としては初めてカード利用額の銀行自動引き落としを実現。
今では当たり前ですが、60年代当時は画期的なことでした。。

その後、日本人の海外渡航自由化、観光の国際化などにより、アウトバウンド(海外旅行マーケット)が急成長。
これを受けて1981年、JCBは国際ブランドとして海外展開を開始。

同じ年には業界で初めてのポイントサービスである「JOYJOYプレゼント」を、また1988年には業界初のサインレス取引を実現させるなど、さまざまな施策で今日のカード社会を築いています。

ディズニー好きにオススメのJCB

ディズニー★JCBカード

JCBカードは東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの公認カードで、JCBはオフィシャルスポンサーだって知っていましたか?

スポンサーとしては、ディズニーランドの「キャプテンEO」やディズニーシーの「ストームライダー」といったアトラクションを提供しています。

JCBカード会員になると、JCB会員限定の東京ディズニーランド貸切パーティーに参加できるキャンペーンや、招待チケットプレゼントなどの特典が受けられます。
カード発行会社によっては対象外のものもあり

また、オフィシャルサイトからはミッキーやミニーの壁紙がゲットできたり、ディズニー限定グッズのショッピング、最新情報にすぐアクセスが可能。

ディズニー好きならJCBカード!
「ディズニー命!」というほどはまり込んでいる人には「ディズニー★JCBカード」という、ディープなディズニーファン向けのカードも用意されています。

個性的なJCBカードもいっぱい

日本一のクレジットカードとして、大人から子供まで含めて日本人約2人に1人は持っているJCBカード。
日本で発行しているカード会社ってどのくらいあると思いますか?

2013年1月現在、JCBグループだけで80社、提携企業45社の計125社!
これだけ会社があると、各社競って独自性を打ち出すために、ポイントや割引・特典はもちろん、個性が光るカードもいろいろ。

カードの機能重視でいくなら、ポイント還元率が常に通常の2倍以上「JCB CARD W」29歳以下限定だがポイント還元率が高くデザインも選べる「JCB CARD EXTAGE」オススメ!

なかには、地域密着や社会貢献をうたうカードもあります。 たとえば、沖縄らしいデザイン8種類からカードフェイスが選べる「沖縄美ら島(ちゅらしま)JCBカード」とか、福岡県の人しか持てなくて、利用金額の0.5%を地域貢献活動費用に充てている「飯塚ショッピング信販JCBカード」など、ユニークなものもある。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。