私、実は次に狙ってるのはアメリカン・エキスプレスのカードなんです!
なんでまたアメックスなんや?
だってステータス性のあるカードとして有名じゃないですか!私だっていつかは欲しいですよ!

アメリカン・エキスプレスとは?

American Express(アメリカン・エキスプレス/通称アメックス)は、「世界で最も尊敬されるサービス・ブランドとなる」というビジョンを掲げ、T&E(トラベル&エンターテインメント)に強みを見せる5大国際ブランドの1つ。

加盟店のネットワークは200以上の国・地域に及び、通称ブラックカードといわれるセンチュリオン・カード、プラチナ・カードはステータスカードして知名度抜群!古代ローマ戦士の横顔が特徴的なカードフェイスにあこがれる人も多いはず。

日本で初めてゴールド・カードを発行。これはまた、アメックスブランドの日本で初めてのクレジットカードでもありました。さらに上のグレードのプラチナ・カード、センチュリオン・カードを発行したのもAmerican Express。最上級クラスのカードを、ブラックカードと呼ぶのは、アメックスのセンチュリオン・カードの色が黒だったためと言われている。

現在、日本ではアメリカン・エキスプレス・ジャパン(株)が、会員を対象とした旅行手配やコンシェルジュサービスなどを行っている。

アメリカン・エキスプレスの歴史

1850年、アメリカ・ニューヨーク州のバッファローで、急行運送会社として設立されたAmerican Express。世界初のマネー・オーダー(郵便為替)事業(1882年)・トラベラーズ・チェックの発行(1891年)、旅行サービス事業(1915年)、クレジットカード事業(1958年)と、事業領域を広げ、今日ではグローバル企業として確固たる地位を築き上げている。

American Expressの歴史の中でも、特筆すべきはトラベラーズ・チェックの発行ではないでしょうか? いまでこそ「海外旅行でクレジットカード」は当たり前になりましたが、ひと昔前、海外旅行の必須アイテムだったのがトラベラーズ・チェック(T/C・旅行小切手)でした。

たとえばハワイに行くなら米ドルのT/Cを持っていけば、現地で現金と同じように支払いに使うことができ、現地通貨に両替もOK。また、紛失・盗難の際は再発行してもらえるので、現金より安全で便利ということで、全世界的にヒットしました。

American Expressが「T&Eに強い」といわれるのも、一企業として扱ってきた商品と160年以上にわたる歩みがあってこそなんですね。

アメックスブランドの選び方

American Expressブランドには、自社で発行するプロパーカードと、提携企業が発行する提携カードの2つのタイプがある。

みなさんがよく目にする、ローマ戦士の顔がセンターに入っているグリーンの「アメリカン・エキスプレス・カード」は、いわゆるプロパーカード。このカード、グレード的にいうと一般カードに属するものの、年会費は12,000円(税抜)とゴールドカード並み。

ですが、自宅から空港までの手荷物無料配送や世界600ヵ所の空港ラウンジ無料、最高5,000万円の旅行傷害保険、年間最高500万円のショッピング保険など、海外利用が多い人にはうれしいメリットも。しかも海外では身分証明証として大いに実力を発揮する。

一方、年会費永年無料カードもたくさんあるなか、「海外へはほとんど行かないし、高い年会費を払うのはちょっと…」という人は、アメックスの提携カードを検討してみてはいかがでしょう?

たとえば、条件を満たせば実質年会費が無料になる「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」なら、セゾンの永久不滅ポイントも貯まるうえ、American Expressの日本語対応サービスをはじめとした各種旅のサポートも受けられる。これなら、気軽にアメックスを入手でき、普段の生活でもお得&便利。

ほかにも大手家電量販店、デパートなどの提携カードで、年会費無料~3,150円程度で入手可能なカードもあるので、要チェック。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。