国際ブランドは確か5つあるんでしたよね?
せやな。クレジットカードを語る上では、この国際ブランドははずせんで~。
師匠も大事だとおっしゃってる国際ブランドについて今回は勉強していきましょう。

クレジットカードにもブランドがある

「私はヴィトンのバッグしか持たないの」とか、「私は無印良品ブランドにこだわってます」とか、高級志向か庶民志向かの違いはあれ、みんな日常的に「ブランド」と関わりを持っているはず。

銘柄とか商標と訳されるブランド(brand)とは、企業が顧客を惹きつけ、儲けるためのいわば「看板」。各企業はそこでいかに独自性を出し、他の企業との差別化を図っていくかにアタマを悩ませているというわけ。

洋服、コスメ、日用品、食品と、どんな業界にもブランドは必ず存在していて、もちろんクレジットカードの世界にもいろいろなブランドがある。

5大国際ブランドと新興の銀聯

クレジットカード業界では、加盟店も多く世界的に通用するブランドのことを「国際ブランド」と呼ぶ。

現状、「国際ブランド」といわれるブランドは、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェイシービー)、American Express(アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)の5種類。日本で目にするクレカも、ほとんどこの5つのどれかのブランドのロゴマークが入っています。

最近では、中国生まれの銀聯カードもじわじわと世界進出し、5大国際ブランドに銀聯を加えて6大国際ブランドといわれることも。日本では、中国人旅行客が多い家電量販店やコスメ、サプリメントなどを扱う店を中心に、加盟店が増加中。

三菱UFJニコス(株)や三井住友カード(株)などから発行されている。

クレカの価値を決める国際ブランド

店のレジのところで、VISAやJCB、American Express(アメックス)といったロゴマークをよく見かけませんか?これはその店でVISAカードやJCB、アメックスが使える(加盟店になっている)ということ。

国内外問わず、使えるシーンが幅広いのが国際ブランドの大きな魅力。そのため、カード会社はこれらのブランドの使用許諾を得ること(アライアンス契約)で、自社が発行するクレジットカードの価値を高めている。

クレカを作る際に「ブランドはどれにしますか?」と聞かれることがある。たとえば、同じセゾンカードでも、VISAとマスター、JCBの3つからブランドが選べるようになっているため、選ぶブランドによって各ブランド限定の特典やサービスを受けられる場合も。

それぞれのブランドの特徴は、しっかり押さえておきたいですね。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。