クレジットカードにも、いろいろなブランドがあるはずじゃが…。 有名なものを知っておけばいいというわけか?
まず知っておきたいのは「5大国際ブランド」でござる。 カードの価値を決める!とも言われておりまする。

クレジットカードにもブランドがある


「私はヴィトンのバッグしか持たないの」とか、「私は無印良品ブランドにこだわってます」とか、高級志向か庶民志向かの違いはあれ、みんな日常的に「ブランド」と関わりを持っているはず。

銘柄とか商標と訳されるブランド(brand)とは、企業が顧客を惹きつけ、儲けるためのいわば「看板」。各企業はそこでいかに独自性を出し、他の企業との差別化を図っていくかにアタマを悩ませているというわけ。

洋服、コスメ、日用品、食品と、どんな業界にもブランドは必ず存在していて、もちろんクレジットカードの世界にもいろいろなブランドがある。

5大国際ブランドと新興の銀聯

クレジットカード業界では、加盟店も多く世界的に通用するブランドのことを「国際ブランド」と呼ぶ。

現状、「国際ブランド」といわれるブランドは、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェイシービー)、American Express(アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)の5種類。日本で目にするクレカも、ほとんどこの5つのどれかのブランドのロゴマークが入っています。

最近では、中国生まれの銀聯カードもじわじわと世界進出し、5大国際ブランドに銀聯を加えて6大国際ブランドといわれることも。日本では、中国人旅行客が多い家電量販店やコスメ、サプリメントなどを扱う店を中心に、加盟店が増加中。

三菱UFJニコス(株)や三井住友カード(株)などから発行されている。

クレカの価値を決める国際ブランド

店のレジのところで、VISAやJCB、American Express(アメックス)といったロゴマークをよく見かけませんか?これはその店でVISAカードやJCB、アメックスが使える(加盟店になっている)ということ。


国内外問わず、使えるシーンが幅広いのが国際ブランドの大きな魅力。そのため、カード会社はこれらのブランドの使用許諾を得ること(アライアンス契約)で、自社が発行するクレジットカードの価値を高めている。

クレカを作る際に「ブランドはどれにしますか?」と聞かれることがある。たとえば、同じセゾンカードでも、VISAとマスター、JCBの3つからブランドが選べるようになっているため、選ぶブランドによって各ブランド限定の特典やサービスを受けられる場合も。

それぞれのブランドの特徴は、しっかり押さえておきたいですね。