ブランドって言ったら、シャネルやエルメスみたいな?
似て非なるもんやなあ。クレジットカードを作るなら、国際ブランドとランクも覚えておいたほうがええで?

国際ブランドとは?

国際ブランドとは決済ネットワークブランドのこと。

クレジットカードの下に「VISA」や「JCB」などのロゴが入っていますが、そのロゴが国際ブランドにあたります。

たとえば「VISA」のロゴが入ったクレジットカードなら、VISAの加盟店でカードが使えます。

  • VISA(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)
  • American Express(アメックス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)

この5つのブランドが代表的なブランドで「世界5大国際ブランド」と呼ばれることもあります。

最近では中国の 中国銀聯(ユニオンペイ)もシェアを拡大しており、これを含めて「世界6大国際ブランド」と呼ぶこともあります。

それでは、それぞれ国際ブランドの特徴を簡単にご紹介します。

 

VISA(ビザ)

世界No.1のシェアを誇るVISA!

世界中に加盟店が多いので、国内だけでなく海外へ出張や旅行に行くなら1枚は持っておきたい国際ブランドです。

VISAは決済機能のみの提供で、カードの発行は行っていません。

たとえば、日本で有名な三井住友VISAカードを発行しているのは三井住友カード株式会社です。

VISA(ビザ)について詳しくはこちら

 

Mastercard(マスターカード)

マスターカードはVISAに次ぐシェアの多いクレジットカードです。

世界中のさまざまなシーンで利用することができ、特にヨーロッパ方面で強いと言われています。

VISAと同様でMastercardも決済機能のみの提供で、カードの発行は行っていません。

Mastercard(マスターカード)について詳しくはこちら

 

JCB(ジェーシービー)


日本ブランドのため、日本国内では発行枚数No.1!

VISAやMastercardと比べると海外で使える場所は少なくなりますが、国内では幅広く使うことができます。

海外では日本人がレジャーでよく行くハワイや韓国、香港などに加盟店が多く、世界各地にある日本語対応可のJCBプラザなども利用することが可能です。

前述のVISAとMastercardとは違い、JCBはプロパーカード(国際ブランドが発行するクレジットカード)を発行しています。

JCB(ジェーシービー)について詳しくはこちら

 

American Express(アメックス)


アメックスはVISAやMastercardよりもシェアは低くなりますが、ステータス性の高い国際ブランドとして有名です。

ちなみにアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、日本で初めて発行されたゴールドカードなんです。

JCBの加盟店でも使えるので、日本はさまざまなシーンで利用することができます。
全てのJCBの加盟店で使えるわけではありません。

American Express(アメックス)について詳しくはこちら

 

Diners Club(ダイナースクラブ)


ダイナースクラブは世界で初めてのクレジットカードといわれていて、世界でもトップクラスのステータス性を誇るカードです。

最近のカード審査基準は以前と比べると低くなってきていますが、昔は弁護士や医者しか持てないといわれていました。

ダイナースクラブのターゲットは富裕層がメインなので、基本のダイナースクラブカードでも2万円を超える年会費ですが、ほかのカードとは一線を画する高品質なサービスが用意されています。

Diners Club(ダイナースクラブ)について詳しくはこちら

 

中国銀聯(ユニオンペイ)


中国銀聯(ユニオンペイ)加盟店は世界中で増えつつあり、特にシンガポール、香港、マカオなどは中国人観光客が多いため、ほとんどの店舗が中国銀聯(ユニオンペイ)に対応しています。

日本でもネットショップやコンビニなど利用できる店舗が増加中です。

中国で利用されているのは、ほとんどがデビットカード(カードを利用したと同時に口座から引き落としされるタイプ)になります。

日本では三井住友カードで三井住友銀聯(ぎんれん)カードを発行しているので、中国に旅行や出張に行く予定がある方はぜひチェックしてみてください。

中国銀聯(ユニオンペイ)について詳しくはこちら

国際ブランドについて詳しくはこちら

クレジットカードのグレード(ランク)

クレジットカードにはランクがあり、年会費が上がれば受けられるサービスが充実していきます。

通常のカードは自分で申し込むことができますが、カード会社から招待(インビテーション)が必要なブラックカードという、簡単には持つことができないカードもあります。

カード会社によって各クレジットカードの呼び方は様々ですが、ここでは大きく5つのグレードに分けて説明します。

クレジットカードのランク

学生カード

満18歳以上(高校生は除く)の学生のみが申し込みできるクレジットカードです。

ほとんどのカードは年会費が無料や安めに設定されおり、ポイント還元率アップや海外利用でキャッシュバックがあるなど、学生向けのサービスが付帯されていることがあります。

学生カードについて詳しくはこちら

 

一般カード (スタンダードカード)

各クレジットカード会社が発行するカードのなかで、最も“一般的な”クレジットカード

カード会社によって「クラシック」「スタンダード」など呼び方が違っています。

カードの種類の中では年会費が安く、サービスもあまりたくさん付いていないことが多いです。

初めてクレジットカードを作るなら、学生カードか一般カードがおすすめです。

一般カードについて詳しくはこちら

 

ゴールドカード

一般カードより上のサービスを付加したクレジットカードです。

券面はその名の通り「金色」です。

年会費は一般カードよりも高くなり、審査も少し厳しくなる傾向があります。

ゴールドカードについて詳しくはこちら

 

ヤングゴールドカード

20代の若者向けのゴールドカードです。

カードによっては18歳から入会可能なものもあり、利用限度額やサービス内容もゴールドカードと変わらないこともあります。

ゴールドカードと比較すると年会費は安めに設定されていることが多いので、「安い年会費でゴールドカードを持ちたい」という若い年代の方におすすめです。

ヤングゴールドカードについて詳しくはこちら

 

プラチナカード

ゴールドカード以上のステータス性を誇るクレジットカードです。

カード会社によってはプラチナカードに該当するカードを発行していないこともあります。

プラチナカードにはカード会社からの招待(インビテーション)が必要ですが、一部のプラチナカードは自分から申し込むことができます。

年会費はさらに高額になりますが、その分贅沢なサービスを受けることができます。

プラチナカードについて詳しくはこちら

 

ブラックカード

最高峰のステータス性を誇るクレジットカードです。

そのため、ほぼ全てのブラックカードはカード会社からのインビテーションがなければ発行できません。

年会費が10万円を超えるカードもあり、代表的なブラックカードでもある「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」の年会費は35万円(税抜)と言われています。

ブラックカードについて詳しくはこちら

最終更新日:2020/1/9

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。