Suica付帯でお得なおすすめクレジットカード5選

全国で使えるSuicaが付帯したクレジットカードを特集でご紹介
【今月のイチオシ!】「ビュー・スイカ」カード

チャージ・定期の購入はポイント3倍!
通勤通学や出張などで電車を利用する方には非常にお得なカード。

の公式サイトでチェック

Suica付帯のクレジットカードは便利でお得

クレジットカードとSuicaの機能がひとつになったSuica一体型のクレジットカード。

通常のクレジットカードとしての決済も可能なので、クレジット払いとSuica払い、利用する場所や金額によって決済方法の使い分けができて便利です。

Suica付帯のクレジットカードの一番の特徴は、クレジットカードの機能を利用したオートチャージ機能
Suicaの残高が一定金額以下になると自動改札入場時に自動的にチャージ。
券売機や精算機でのチャージの手間が無く、Suicaの残高不足を気にすることなく使い勝手◎。

SuicaのICカードを購入する際に発生するデポジット(預り金)500円が不要なので、年会費永年無料のカードならSuicaのみのICカードを持つより確実にお得!

また、年会費が多少発生してもSuica一体型のクレジットカードならポイント還元や多彩な特典やサービスがあるので、SuicaのみのICカードを持つよりもお得になること間違いありません。
  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位
「ビュー・スイカ」カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
定期券一体型!Suica付帯のクレジットカードの定番カード

年会費477円(税抜)で海外・国内旅行傷害保険付き!
年会費は格安でも補償はしっかりな一枚。

特徴・特典
  • オートチャージ可能PASMOエリアでも可
  • 定期券一体型可能
  • Suicaチャージ・定期券やきっぷの購入でポイント3倍
ポイント付与
  • 買い物や公共料金支払い等のクレジット利用1,000円=5ポイント
  • オートチャージや定期券・きっぷの購入1,000円=15ポイント
  • Web明細ポイントサービスで毎月50ポイント
主なポイント交換
  • 1,000ポイント=Suica1,000円分
  • プレゼントや商品券・提携ポイントなどに交換
  • ポイントを寄付して社会貢献
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
477円(税抜) 477円(税抜) 1,000円 = 5ポイント Suica - × ×
「ビュー・スイカ」カードの公式サイトでチェック
2位
イオンSuicaカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
イオンカードならSuica一体型も年会費永年無料!

年会費永年無料。
電車や駅での利用はもちろんのこと、イオンで買い物が多い方に便利!

特徴・特典
  • オートチャージ可能
  • 毎月20日、30日はクレジット払いで買い物代金が5%OFF
  • イオングループの対象店舗でポイント2倍
  • 毎月10日はクレジット払いでポイント2倍
  • ときめきポイントTOWN経由で最大21倍
ポイント付与
  • 買い物や公共料金等のクレジット利用200円=1ポイント
  • JR東日本での利用は400円ごとに1ポイント
主なポイント交換
  • ときめきポイント1,000ポイント=Suica1000円分へ交換
  • 商品の交換や1ポイント=1円~ネットショッピングで利用可能
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 200円 = 1ポイント SuicaiDWAON JAL × ×
キャンペーン情報
  • 【Web限定】新規入会+利用で最大6,000ときめきポイントプレゼント!(02月28日申込分まで)
イオンSuicaカードの公式サイトでチェック
3位
ルミネカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ルミネでの買い物がいつでも5%OFF!

初年度年会費無料。
通勤・通学時はルミネに寄って買い物をする機会が多い方ならこのカード!

特徴・特典
  • オートチャージ可能 PASMOエリアでも可
  • ルミネでのショッピングがいつでも5%OFF!(年に数回10%OFF開催!)
  • 定期券一体型可能
  • Suicaチャージ/オートチャージ/定期券やきっぷの購入でポイント3倍
ポイント付与
  • 買い物や公共料金支払い等のクレジット利用1,000円=5ポイント
  • オートチャージや定期券・きっぷの購入1,000円=15ポイント
  • Web明細ポイントサービスで毎月50ポイント
主なポイント交換
  • 1,000ポイント=Suica1,000円分
  • プレゼントや商品券・提携ポイントなどに交換
  • ポイントを寄付して社会貢献
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 953円(税抜) 1,000円 = 5ポイント Suica - × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用等で最大3,500円相当のJRE POINTプレゼント!(12月31日申込分まで)
ルミネカードの公式サイトでチェック
4位
ビックカメラSuicaカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ビューサンクスポイントとビックポイントダブルで貯まる!

初年度年会費無料。2年目以降も前年にクレジット利用があれば無料。
ビックカメラでの買い物にはこれ!

特徴・特典
  • オートチャージ可能 PASMOエリアでも可
  • Suicaチャージ/オートチャージ/定期券やきっぷの購入でポイン3倍
ポイント付与
  • ビックカメラで買い物1,000円=ビックポイント100ポイント
  • ビックカメラ以外でのクレジット利用1,000円=5ポイント+ビックポイント5ポイント(共に5円相当)
  • オートチャージや定期券・きっぷの購入1,000円=15ポイント
  • Web明細ポイントサービスで毎月50ポイント
主なポイント交換
  • JRE POINT1,000ポイント=1,000ビックポイント=Suica1,000円分
  • ビックポイント1,500ポイント=Suica1,000円分
  • ビックポイントは1ポイント1円としてビックカメラで利用可能
  • JRE POINTはプレゼントや商品券・提携ポイントに交換またはポイントを寄付して社会貢献に
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 477円(税抜) 1,000円 = 5ポイント Suica - × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会で最大6,000円相当のポイントプレゼント!(01月31日申込分まで)
ビックカメラSuicaカードの公式サイトでチェック
5位
大人の休日倶楽部ミドルカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
満50歳以上の大人に贈る会員限定の特典・サービス豊富な一枚

男性は満50歳~64歳、女性は満50歳~59歳の方だけが入会可能なカード。
会員限定の割引きっぷや旅行商品等「大人の休日倶楽部」限定の特典が豊富。

特徴・特典
  • オートチャージ可能 PASMOエリアでも可
  • JR東日本線やJR北海道線を201キロ(片道・往復・連続)以上利用できっぷが5%OFF
  • Suicaチャージ/オートチャージ/定期券やきっぷの購入でポイント3倍
ポイント付与
  • 買い物や公共料金支払い等のクレジット利用1,000円=5ポイント
  • オートチャージや定期券・きっぷの購入1,000円=15ポイント
  • Web明細ポイントサービスで毎月50ポイント
主なポイント交換
  • 1,000ポイント=Suica1,000円分
  • プレゼントや商品券・提携ポイントなどに交換
  • ポイントを寄付して社会貢献
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 2,575円(税込) 1,000円 = 5ポイント Suica - × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会で2,000円相当のJRE POINTプレゼント!(01月31日申込分まで)
大人の休日倶楽部ミドルカードの公式サイトでチェック

ライフスタイルに合わせたカード選び

通勤・通学で利用する

毎日使う定期券が付帯可能なクレジットカードを選ぶのがベスト!

通勤・通学に毎日電車を利用する人なら、必ず発生する定期券の購入やオートチャージでもポイントが貯まります。

ランチや休憩時の買い物もSuicaで支払えば、通勤・通学には定期券機能を付帯したSuica付帯のクレジットカード1枚でOK!お財布要らず!

提携カードによく利用する店舗がある

イオン・ルミネ・ビックカメラのいずれかを利用する機会が多い人なら、提携のカードを選ぶと利用するたびにお得な特典があるのでおすすめです。

Suicaの機能自体にはほとんど差がないので、自分のライフスタイルを考えて、買い物の割引サービスやポイントUPなど特典が受けやすいクレジットカードから選ぶとお得度が断然違います。

飛行機利用の旅行や出張が多い方に

国内外問わず、飛行機を利用した旅行や出張の機会が多い人にはマイルが貯まる航空系のSuica付帯のクレジットカードがおすすめ。

ショッピングなどで貯まったポイントはマイルとSuicaどちらへの移行も可能。 国内・海外旅行向けの補償や優待サービスが付いて安心・お得です。

Suicaとは?

JR東日本が開発した電子マネーSuicaは当初「乗車カード」としてスタート。
従来の磁気式のカードとは異なり、多くの情報を通信できるICカードの機能を利用することで自動改札機にタッチするだけで運賃精算が可能に。 自動券売機でのきっぷの購入や自動精算機での精算機能に加え、残高が不足した場合にチャージ(入金)できる機能、定期券やグリーン券機能、商品代金の支払いに利用できる電子マネー機能等多くの機能を搭載。
繰り返し利用できるので新規購入時にはデポジット(預り金)500円を徴収し、使い捨てを防止。
もともとはJR東日本でのみの利用でしたが、今や利用可能範囲は全国規模に拡大! Suicaを含む交通系ICカード10種類の相互利用が可能となり、全国の駅の約半分近くとなる4,200以上の駅と2万台以上のバスで利用可能。 通勤・通学には欠かせないICカードになっています。
また、鉄道以外でもSuicaマークのあるお店での買い物はSuicaをかざすだけでOK! 駅だけでなく、コンビニ・スーパー・ショッピングセンター、ドラッグストア、飲食店、タクシー他、さらにANA国内線の機内販売での利用と利用範囲も広がり、利便性もUP。 「Suicaポイントクラブ」に登録して「Suicaポイント」のマークのあるお店で買い物をすれば、Suicaポイントも貯まってお得に!

相互利用可能なICカード

「Kitaca」「PiTaPa」「TOICA」「manaca」「PASMO」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」

電子マネー選びのポイント

普段何気なく使っている小額の支払いに便利な電子マネーはクレジットカード付帯が断然お得!

おサイフケータイを設定しておけば、携帯ひとつでお出かけも可能。

支払い方法やポイント付与などの特徴で電子マネーを比較!

電子マネー比較表
チャージ型
(プリペイド式)
後払い型
(ポストペイ式)
電子マネー

Suica
PASMO
楽天Edy
WAON
nanaco

iD
クイックペイ

支払い方法

事前チャージ(オートチャージ含)

クレジットカード利用請求

ここが便利

・公共交通機関も利用できる(Suica/Pasmo)
・相互でポイント移行、ポイントチャージ可能
・支払いがスムーズ

・面倒なチャージ不要
・支払いがスムーズ

ポイント

・オートチャージでクレジットカードポイントが貯まる
・利用で電子マネーポイントが貯まる

・クレジットカード利用ポイント対象となり、マイル等への交換もスムーズ

紛失・盗難

原則自己責任
※紛失・盗難連絡時のチャージ残高・定期等の補償対象も有

クレジットカード補償適用

チャージ型電子マネー付帯のメリット

クレジットカード一体型やクレジットカード付帯なら、残高不足の心配いらずのオートチャージ機能もあって便利で安心。
オートチャージ分でもクレジットポイントが貯まるカードなら、一層お得にポイントが貯まります!

Suica付帯カードのメリット

Suica付帯のカードは、通勤・通学などで交通機関をよく利用する人におすすめ!
2013年からは「交通系IC全国相互利用サービス」も始まり、関東圏以外でも活躍の場が広がった点もメリットです。

別途登録は必要ですが、Suicaポイントメトロポイントといった電子マネーのポイントも貯まり、電子マネーやマイルに交換することもできます。
自動販売機やコンビニなど、少額の利用分が無駄なくポイントとして貯められるのが嬉しいですね。

さらに、クレジットカードポイント+電子マネーポイント+ANA(提携のカードのみ)と二重、三重でポイントが貯められ、相互移行できるメリットもあるのです。

楽天Edy・WAON付帯カードのメリット

楽天Edy付帯のカードWAON付帯のカードは、電子マネー利用でポイントが貯まり「1ポイント=1円」にチャージ可能です。
また、クレジットカードのポイントも電子マネーに移行・チャージ可能です。

例えば三井住友VISAクラシックカードは、クレジット利用でワールドプレゼントポイントが貯まります。
WAONポイントへの移行は「1ワールドプレゼントポイント=5WAONポイント」です。
よく利用するお店の提携電子マネーと付帯しているカードを選び、賢く使いたいですね。

もしもカードを紛失・盗難してしまうと、電子マネー部分については原則自己負担です。
ただし、連絡した時点での電子マネー残額の補償や、ポイント補償がついている場合もあります。

後払い型電子マネー付帯のメリット

iD付帯のカードQUICPay付帯のカードは電子マネーを利用した分だけクレジット利用分と同様に後から支払代金が請求されるので事前チャージ不要。

後払い型の最大のメリットは、チャージ不要の利便性に加え、紛失・盗難などではクレジットカードの補償適用となるセキュリティ面です。
おサイフケータイではロック機能なども使えばセキュリティはさらに万全に!

電子マネーの利用で貯まるポイントも、クレジット利用分と同じクレジットポイント。
それぞれ利用次第でキャッシュバックやプレゼントなどお得なキャンペーンも豊富です。

全国で利用できる店舗もコンビニ、スーパーからガソリンスタンド、飲食店、アミューズメントまで幅広く、サインレスで簡単スピーディに支払完了。

電子マネーでの支払いは普段からクレジットカードで支払うことが多い人にとって非常に便利です!

どのSuica一体型クレジットカードがいいか悩んでいる方に、それぞれのSuicaカードのメリットを解説

交通系ICカードの先駆けとして誕生したSuicaは、すでに生活に欠かせない存在となっています。
Suicaカードは単体で持つよりもクレジットカードと一体型の方が何かと便利に使えます。

「でも結局どれがいいの?」と、続々と登場するSuica一体型クレジットカードの中でどれを選べば良いか迷っている人も多いようです。 Suica一体型のおすすめクレジットカードと、その詳細について解説していきましょう。

Suica一体型のおすすめクレジットカード一覧

「ビュー・スイカ」カード

JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行する「ビュー・スイカ」カードは、みどりの窓口でのチケットや定期券購入や駅中ショップでもポイントが貯まります。
基本的なカード情報は次の通りです。

  • 年会費:477円(税抜)
  • 家族カード: 477円(税抜)
  • ポイント還元率:0.5~1.5%
  • 国際ブランド:VISA、Master、JCB
  • ポイント付与対象電子マネー: Suica、モバイルSuica
イオンSuicaカード

毎月開催されるお客様感謝デーで5%オフになることで人気のイオンカードにも、Suica一体型カードがあります。
イオングループの利用が多い人にはおすすめです。

  • 年会費:永年無料
  • 家族カード:なし
  • ポイント還元率:0.2~0.5%
  • 国際ブランド VISA、Master、JCB
  • ポイント付与対象電子マネー:Suica、モバイルSuica、WAON
ANA VISA Suicaカード

Suicaにチャージするだけでマイルが貯まるANA VISA Suicaカードは、電車と航空機両方の利用が多い人向きです。

  • 年会費:初年度無料、翌年以降2,000円(税抜)
  • 家族カード:なし
  • ポイント還元率:1.5%
  • 国際ブランド:VISA
  • ポイント付与対象電子マネー:Suica、モバイルSuica
ビックカメラSuicaカード

ビックポイントとSuicaの連動性抜群なのが、ビックカメラSuicaカードです。
家電が大好きでビックカメラによく通うという人には、超おすすめの1枚です。

  • 年会費:初年度無料、翌年以降477円(税抜)
  • 家族カード:なし
  • ポイント還元率:0.5~1.5%
  • 国際ブランド:VISA、JCB
  • ポイント付与対象電子マネー:Suica、モバイルSuica

それぞれのカードを利用するメリット

「ビュー・スイカ」カード

定期券・Suica・クレジットカードの三位一体型で、パスケースの中がすっきりします。
Web明細サービスの設定をすれば600円相当分のポイントがもらえるため、477円(税抜)の年会費が実質無料にできます。

通常の利用のポイント還元率は0.5%ですが、切符やSuica定期券の購入、オートチャージの際は3倍の1.5%とJR利用者には嬉しいシステムとなっています。
貯まった「JRE POINT」は、1ポイント1円分のSuicaに交換。
つまり1,000ポイントがSuica1,000円分になり、色々な店舗で利用できます!

イオンSuicaカード

イオングループでのお買い物が5%オフになるのは毎月23、30日に開催される「お客さま感謝デー」。 毎月10日はポイントが2倍です。 さらに特別パスポートによる割引キャンペーンも随時開催しているので、イオンを日常的に利用するのならかなりお得です。

定期券購入やチャージでは、400円ごとに1ポイントのときめきポイントが付与されます。
貯まったときめきポイントは、WAON、JALマイル、ドコモポイントへの移行が可能です。

ANA VISA Suicaカード

飛行機と電車のベストマッチングを果たしたい人にぴったりのANA VISA Suicaカードでは、オートチャージも可能な上、チャージするときにポイントが付与されます。

貯まったワールドポイントは1ポイントでSuica5円分、マイルなら5マイルまたは10マイルのコースが選択できます。
ANAに搭乗するとボーナスマイルが25%もらえるのも、嬉しい特典です。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラでの買い物でビックポイントがなんと10%もらえます!
さらにオートチャージに対応しており、Suicaへのチャージで付与されるポイントは1.5%とこちらも破格な高還元率です。
同時にJRE POINTもダブルで貯まり、1,000ポイントがビックポイント1,000円分と交換できます。

ビックカメラSuicaカードのポイントシステムは、ビックカメラを利用する人にとってどのカードよりもお得です。
Suica一体型クレジットカードの中で、もっともポイント還元率が高いカードといわれることにも十分うなずけます。

それぞれのカードの審査基準

ビュー・スイカカード

申し込み条件は“日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる18歳以上の方”となっており、収入などについての言及はありません。
申し込みから可決されている状況を見ると、職業や属性などには特に偏りはないようです。

Suica一体型クレジットカードを多重申し込みしている場合や、社会人でクレジットヒストリーがない場合には審査通過が難しくなっています。
逆に学生の場合には、収入がなくても取得に問題はありません。

イオンSuicaカード

イオンSuicaカードは、取得しやすいクレジットカードといわれています。
専業主婦、学生、年金生活者でも申し込み可能で、かなりの確率で審査通過しているようです。

流通系のクレジットカードは販促的な役割もあるため、審査通過難易度は低めに設定されています。
Suicaが搭載されていてもその事情にはあまり変化はなく、基本的には18歳以上であれば誰でも取得が可能です。

年収金額からの影響はありませんが、信用情報に問題があればさすがに審査通過は困難です。
半年以内の極端な多重申し込みや、過去の返済遅延などにも注意が必要です。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは、三井住友のクレジットカードです。
一般的に三井住友VISAカードの取得難易度は高めといわれています。
その中にあってANA VISA Suicaカードは取得のしやすいクレジットカードです。

審査基準は“高校生以外の18歳以上”となっており、専業主婦や学生の申し込みもOKです。
扶養されていない無職の場合には取得が難しくなりますが、親権者や配偶者に収入があれば問題ありません。

不安のある場合にはキャッシング枠を付帯せずに申し込むと、審査の通過率を確実に上げられます。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードの申し込み条件は、“国内在住の高校生を除く18歳以上で電話連絡ができること”のみで、定期収入などには触れていません。
流通系カードということもあり、審査の難易度は低めと考えて良いでしょう。

過去のクレジットやローンの利用履歴に問題がなく、近々でクレジットカードの多重申し込みなどをしていなければ、基本的には専業主婦や学生でも手に入れやすいクレジットカードといえます。

まとめ

Suica一体型クレジットカードは都市型生活者にとって、便利この上ないカードといえます。
たとえカバンを忘れても、生活のほぼすべてを1枚のカードで乗り切ることが可能です。

多彩なSuica一体型クレジットカードの中から最適なカードを選ぶコツは、自分のライフスタイルを良く考えることです。
利用する場所、移動のパターンなどから、よりぴったりとマッチするSuica一体型クレジットカードを探してみてください。

Suica付帯のクレジットカードを利用するユーザーの口コミ

Suicaに対応しているので電車を利用する自分にちょうどよかった(女性 20代 学生)

当時、学生で電車に乗る機会が多かったため、Suica機能が付いているクレジットカードはとても魅力がありました。
しかも、いちいちチャージしなくてもオートチャージ機能が付いているので、状況に応じて金額を設定することができます。
混雑している朝夕のラッシュ時でも周りの人に迷惑をかけずにスムーズに電車に乗り降りすることができます。
しかもバスにも使えます!

さらに、当時、一人暮らしで家電用品を揃えなくてはいけなかったときなので、ビックカメラと対応もしていて、購入時ポイントを貯めたり、ポイント支払いすることもでき節約にもなっていました。
クレジットカード1枚で両方に使え、メリットが多いカードなので、多くの人にオススメなクレジットカードだと思います!

ルミネの買い物がいつでも5%OFFなのでお得感満載(女性 20代 会社員)

Suicaに対応しているお得なクレジットカードとして、私はルミネカードを選択しました。
ルミネカードはviewカードでSuicaのオートチャージにも対応しているカードです。

ルミネカードを選択したきっかけとして、前述したオートチャージに対応していること(オートチャージ機能がついているのはviewカードだけなので)もありますが、特筆すべきはいつでもルミネの買い物が5%OFFになることです!
JR東日本の主要駅に展開されているルミネでは、よく服飾品を購入することが多いのですが、やはり服飾品は安いものではありません。
そんな中でセールでもないのに常に5%OFFというのは、決して裕福ではないOLにとってとても嬉しい仕様です!

外回りの仕事が多いため、ポイントが貯まりやすい(男性 30代 サラリーマン)

スイカビューカードを取得しました。
理由としては、営業で外回りが多く、スイカを利用する機会が非常に多いからです。
特にオートチャージが便利で、規定額を下回ったら改札口で自動チャージされるため、精算所でチャージする手間が省けます。

また、スイカのインターネットページでは、自分の当月の利用額がリアルタイムで調べられるので分かりやすいです。
ポイントも貯まりやすく、通常のカードを利用するよりも3倍ポイントが付与されるため、ビューなどで旅行代金を支払うとすぐにポイントが貯まります。

さらに、会社の出張でビューカード払いして立て替えでも貯まります。
会社の同僚はほとんど使っているため勧められて取得しましたが、もっと早く教えて欲しかったです。

アルバイト先まで毎日電車を利用していたので(女性 20代 アルバイト)

週5~6日アルバイトをしていた頃に交通系のクレジットカードを作りました。
ほぼ毎日電車に乗っていましたが、交通費が結構かさんでなんとか安くならないかと思ったからです。
一定額を超えると割引になりますし、利用する駅を登録しておくと定期としても使うことができます。

また朝のバタバタしている時にいちいち切符を買わなくて済むのがとても有難いです。
朝の1分2分は貴重な時間なので、ピッとかざすだけで改札を通過できて嬉しいです!

割引になることと手間がかからないことがオススメポイントですね。
他の鉄道会社でも利用できるので何枚もカードを作らなくても良いので、財布の中もスッキリしています。
このカードはこれからもずっと使用し続けたいなと思います。

店員さんに勧められSuica5,000円分プレゼントだったため(女性 30代 パート)

子供がいるし、ゲームなどを購入するときによくビックカメラに行っていてポイントを貯めていたところに店員さんから「ちょうどSuica付きクレジットカード作りませんか?」と言われたためです。
審査もパートでも簡単に通りましたし、割とすぐ自宅に届きました。
年会費も一年の間に一度でも使用していれば無料ということもあり、子供のプレゼントや家電を購入するときはクレジットカードを使用しています。

他社のクレジットカードだとポイントの還元が下がってしまいますが、このクレジットカードだとそのままでビックカメラのポイントも貯まるし、クレジットカードのポイントもどちらも貯まるのでお得だと思い、一年に一度ではなく結構使用頻度高いです。

ルミネでの買い物でお得&定期券利用でポイントも貯まる(女性 20代 会社員)

きっかけは、ルミネでスタッフとして勤務した事でした。
最初はルミネカードでお買い物すれば5%や10%OFFになるし、月1万円ずつくらいでも利用するなら年会費もかからず、年間の利用料金によって商品券ももらえるのでとても良かったです。
Suicaに対応しているので、毎月定期を購入すればポイントもどんどん貯まるし、いい事づくしです。

また、携帯料金の支払いに使ったり使えば使うだけポイントも貯まっていくので、その貯めた分でまた買い物をしたり、電車やバスに乗る際の交通費にあてていました。
明細をネットから確認できますし、そこで利用回数を変更したりもできるので計算しながら活用できています。

Suica利用でもマイルが貯まるお得なカードです(女性 20代 OL)

実家へ帰省する際には飛行機を利用しているため、マイルをお得に貯めたかったので、ANA VISA Suicaカードを取得しようと思いました。
また、通勤で毎日Suicaを利用していたため、毎日の利用でマイルが貯まるし、通販や日々の買い物の際にも利用することで早くマイルを貯めることができると思ったのでこちらのカードの利用をはじめました。

入会時と毎年の更新の時にはボーナスマイルもプレゼントされるのであっという間にマイルが貯まるので、マイルを使ってお得に飛行機に乗ることができるのでとても良いと思います。
また、面倒なSuicaへのチャージもオートチャージ機能がついているので、残高を気にすることなく利用できる点もこのクレジットカードにしようと思ったきっかけの一つです。

このカード1枚でお買い物も通勤もなんでもできるので、取得してよかったと思います。

クレカのポイントとビックカメラのポイント両方貯まるから(女性 30代 パート)

元々、SuicaはSuicaで、ビックカメラのポイントカードはポイントカードでと別々に持っていたのですが、子供の誕生日プレゼントを予約しに行った時にSuica対応のカードを勧められました。
ちょうどキャンペーン中だったみたいで、今入会するとSuica5,000円分がもらえるということと、ビックカメラのポイントがクレジットを使ってもポイント利率が下がらないことから入会することにしました。

はじめから5,000円分チャージされてるのかと思ったらされてなくて「騙された?」と思いましたが、どうやら自分でポイントからSuicaへチャージしなくてはいけなかったらしくやり方がわかったのですぐSuicaにチャージすることができました。
クレジットを使ったポイントがSuicaにチャージできるので結構クレジットで買い物をすることが多いです。

交通機関と買い物を同時にできたら便利だから(男性 20代 サラリーマン)

私は交通機関をよく利用しています。
もともと他のクレジットカードは持っていたのですが、Suicaにもあると知り、取得しました。

きっかけは友人の勧めです。
同じ勤務先の同僚が持っており、朝のラッシュ時にも素早く使えていたことが目にとまりました。
Suicaのメリットは今までわかりませんでしたが、クレジット機能があるならそれも含めて使うことができお得でした。
還元セールなどもあり、それほど手間なくクレジットを作れたのでリターンは大きかったと思います。

これ1枚でなんでもできるっていうスタンスがもっとも気に入りました。
某電機メーカーとも提携しており、その特典が大きいことも私にとってはメリットでした。
今後も使用したいと思います!

仕事柄JRを利用するので、suicaオートチャージ対応は必須です(男性 40代 サラリーマン)

仕事柄、よくJRを利用するので、Suicaオートチャージ対応のクレジットカードは必須です。

カードはJALカードSuicaを利用しています。
JALのマイルも貯めることができるしSuicaポイントも貯めることができます。
以前はSuicaはおサイフケータイで利用していたのですが、紛失するリスクやスマホが故障したときにお金が全部ムダになるのではないかという不安から、Suicaオートチャージ対応のクレジットカードに切り替えました。

駅の改札でしかオートチャージできませんが、普段使いする分には不便に感じたことはなく、逆に非常に便利です。
このカードを利用し始めたら、おサイフケータイはまったく利用しなくなりました。

最終更新日:2018/11/6

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。