NTTdocomoのクレジットカード

  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位

dカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
dポイントカードとiDが一体となってdポイントがどんどん貯まる!

ケータイ料金の支払いはもちろんいつものショッピングや公共料金の支払いで100円につき1ポイント。

dポイント加盟店ではカード提示で100円=1ポイント貯まり、クレジットまたはiD決済ならポイントがダブルで貯まる!

dカード特約店やdカードポイントUPモールでdカードを利用すればさらにポイントUP!

貯まったポイントはケータイ料金への充当はもちろん、dポイント加盟店で利用、PontaやJALマイルへ交換など使い道が豊富。

おすすめポイント
  • 年に1回のカード利用で年会費1,250円(税抜)が無料
  • 電子マネー「iD」付帯でらくらくショッピング
  • ローソンのお買い物は5%分もお得
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 1,250円(税抜) 100円 = 1ポイント iD JAL × × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+エントリー+利用+設定でもれなく最大9,000円相当プレゼント!
dカードの公式サイトでチェック
2位

dカード GOLD

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ドコモユーザーにおすすめのゴールドカード

dポイントクラブの最高ステージ「ゴールドステージ」となり、ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金は10%還元!

ドコモのケータイに関する特典や補償が手厚いから、ドコモユーザーなら持っていて損のないゴールドカード。

入会特典としてもらえるポイントは2倍近くになり、入会したときからお得です。

おすすめポイント
  • ドコモのケータイ補償が3年間、最大10万円にパワーアップ!
  • 年間利用額に応じて「選べる特典」をプレゼント
  • 高額の旅行保険、空港ラウンジ無料利用などゴールドカードならではの特典が満載!
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 100円 = 1ポイント iD JAL
キャンペーン情報
  • 新規入会+エントリー+利用+設定でもれなく最大15,000円相当プレゼント!
  • 新規申し込み+アップグレードで1,000円分のiDキャッシュバックをプレゼント!※2019年12月31日まで!※
dカード GOLDの公式サイトでチェック

dカード・dカード GOLDの共通特典

ドコモのクレジットカードならではのお得な特典をご紹介。

dカード・dカード GOLD共通の特典

dカード特約店

通常100円(税込)につき1ポイントが貯まるところ、dカード特約店ならdポイントが+αで貯まります!

お店によって+αのポイントが異なり、100円につき1~4ポイントが一般的。 カード払いのみ、電子マネーiD払いのみ対象の店舗があります
 

dカード ポイントUPモール

dカード特約店のひとつなので、通常100円につき1ポイントが貯まるところ、dポイントが+αで貯まる!

最大で10.5倍にもなるので、ネットショッピングはdカード ポイントUPモール経由が必須!

ポイントUPだけでなく、クーポンを使った割引も豊富です。
 

dカードケータイ補償

dカードで利用している携帯電話端末が、偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)となってしまい、新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップでdカードまたはdカード GOLDで購入した場合に、購入費用の一部をサポート。

dカードなら購入から1年以内で最大10,000円、dカード GOLDなら3年以内で最大10万円まで補償されます。

dカードGOLD dカード
補償期間 購入から3年以内 購入から1年以内
補償金額 最大10万円 最大1万円
 
お買物あんしん保険

dカード(dカードまたはdカード GOLD)で購入した商品が、万一盗難・破損などの損害を受けた場合に購入日から起算して90日間まで補償。

dカードを利用して国内で購入した商品の場合、リボ払いまたは3回以上の分割払いで支払った場合のみ補償され、海外で購入した商品ならすべて補償されます。

dカード GOLDを利用して購入した商品は国内・海外ともに全てが補償対象になります。

お買物安心保険
dカードGOLD dカード
補償の対象者 dカード、dカードGOLDの本人会員・家族会員
補償内容 dカード(dカードまたはdカード GOLD)でご購入された商品が、ご購入日を含め90日以内に盗難、破損などの偶然な事故によって損害を被った場合に補償補償の対象にならない商品もあります
補償の条件 購入場所、購入方法を問わない
  • 国内での購入品:リボ払い、または3回以上の分割払い
  • 海外での購入品:すべてのお支払い方法
補償の金額 年間300万円 年間100万円
自己負担額 3,000円/1事故
 
VJデスク(旅のサポート)

世界各地のデスクにて、現地事情に精通した日本語スタッフが快適で安心な旅をサポートしてくれます。

現地の最新情報や食事やホテルなどの案内などのインフォメーションサービス、レストランや各種チケットなどの予約・手配のリザベーションサービス、ガイドや通訳の手配などのアシスタンスサービス、dカードやパスポートの紛失・盗難時のサポートなどのエマージェンシーサービスなど様々に対応。

出発前の準備に関するお問い合わせなどは国内のVJデスクへ!

 

海外緊急サービス

海外でdカードまたはdカード GOLDを紛失・盗難されてもご安心ください。

現地で暫定的なクレジットカード(緊急カード)発行してくれる緊急(カード)サービスと、1,000米ドル相当額以内の現地通貨をキャッシュサービスとして用立てしてくれる緊急(キャッシュ)サービスがあります。

紛失盗難に気づいたらまずはカード紛失・盗難受付デスク(海外)へ連絡しよう。

 

お得情報メール

お得情報メールを設定すれば、便利でお得なキャンペーン情報などが定期的にメールで配信されます。

お得情報メールを設定している人だけの限定キャンペーンもありますよ。

dカードとdカード GOLDを徹底比較

人気のポインコ兄弟が宣伝しているdカードは、実はかなり強力なカードといわれています。

その秘密はdポイントの高い還元率です。

それならばぜひ1枚もっておきたいところですが、dカードとその上位カードであるdカード GOLD、どちらを取得すればよりお得なのでしょうか?
docomoユーザーであれば、かなり悩むところです。

そこで、申し込む際に役立つであろう、dカードとdカード GOLDの詳細を比較します。

 

docomoユーザーならぜひ所持しておきたい2つのカード

実質年会費無料のdカード

dカードはdocomoが発行する、電子マネーを搭載したクレジットカードです。

利用するたびに貯まる、dポイントシステムを採用しています。

還元率はクレジットカード業界の中でも1.0%の高水準で、100円(税込)につき1ポイントが付与されるため、非常にお得です。

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%なので、そこだけ見ても日常使いに適したカードとなっています。

さらに、docomoユーザーならば毎月の携帯料金でポイントを大きく貯められます。

貯まったポイントは携帯料金の支払いや機種代金に使えます。

またdケータイ払いプラスを利用し、ショッピングやサービスの購入にも利用できるので、せっかく貯めたポイントの使い道に困るという心配もありません。

気になる年会費は1,250円(税抜)ですが、1度でも利用があれば翌年度分が無料となります。携帯料金の支払いに設定しておけば確実に無料となるので、年会費負担の心配はありません。

 

年会費を払ってもお得なdカード GOLD

dカード GOLDは、dカードの上位カードです。

ゴールドカードというだけあって、年会費は10,000円(税抜)となっています。

dカードと比較すると高額な年会費ですが、dカード GOLDにその価値はあるのでしょうか?

dカード GOLDを手に入れると、docomoの携帯、ドコモ光の利用金額1,000円(税抜)につき100ポイントが付与される「GOLDステージ」の対象となります。

携帯料金が月に1万円近い人であれば、1年で約1万ポイント貯まる計算です。

さらに、年間利用額が100万円(税込)以上で10,800円相当、200万円(税込)以上で21,600円相当の特典が選べます。

これらを考え合わせれば、年会費の元は十分に取れそうです。

つまり、スマホもインターネットもdocomoユーザー、という方であればdカード GOLDを保有する価値はあります!

さらに空港ラウンジ利用や海外旅行補償など、ゴールドカードとしての特典にあふれており、年会費を負担しても損とは感じられません。

 

dカードとdカード GOLDを徹底比較

dカードとdカード GOLDの詳細情報を確認しておきましょう。

dカード
  • 年会費:1,250円(税抜)年に1回以上の利用で無料・家族カード:400円(税抜)年に1回以上の利用で無料
  • ETCカード:500円(税抜)年に1回以上利用で無料
  • dポイント還元率:1.0%
  • ケータイ補償:最大1万円補償
  • ステージ特典ポイント:レギュラー500ポイント
  • 利用料金に対するポイント付与: 1,000円につき10ポイント
  • 旅行保険:なし
  • 空港ラウンジ利用:なし
  • お買物あんしん保険:年間100万円まで

 

dカード GOLD
  • 年会費:1万円(税抜)・家族カード:1枚目年会費無料 2枚目以降1,000円(税抜)
  • ETCカード:無料
  • dポイント還元率:1.0%
  • ケータイ補償:最大10万円補償
  • ステージ特典ポイント:ゴールド3,000ポイント
  • 利用料金に対するポイント付与: 1,000円につき100ポイント
  • 旅行保険:国内最高5,000万円(利用付帯)、海外最高1億円(自動付帯)
  • 空港ラウンジ利用:全国29空港
  • お買物あんしん保険:年間300万円まで
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン® ドコモラウンジ利用

 

還元率は同一でも貯まり方に差

dカード・dカード GOLDとも、基本のポイント還元率は同じ1.0%です。

たとえばローソンでのショッピング時にdカードで決済すると3%の割引があり、加えて1%のショッピングポイント、さらに1%のdポイントと合計で約5%の還元率となります。
こちらについても、両カードで違いはありません。

もっとも目につく大きな違いは、ケータイ補償がdカードでは1万円のところ、ゴールドでは10万円になるということでしょう。
さらに、補償期間が1年から3年に延びるという違いもあります。

dカード GOLDは携帯利用料に対するポイントも10%と大きく、毎月1万円以上の利用があれば、それだけで年会費分が浮くということです。


また空港ラウンジ利用権、最高1億円の旅行保険など、ゴールドカードらしい特典も目を引きます。

つまり、dカードとdカード GOLDの違いは通常のショッピングではあまり感じないものの、年間を通せば貯まるポイントにかなりの差が開きがあるということです。

 

自分のライフスタイルにあったカードを選択する

dカードがオススメな人

dカードは年会費をできるだけ払いたくないけれど、還元率の高いクレジットカードが欲しいという人にオススメです。

  • 他のキャリアの携帯を使っている
  • ローソンをよく利用する
  • docomoの光回線を利用していない
  • 携帯の利用料金が5,000円以下

こうした利用状況であれば、dカード GOLDの年会費を払う必要性は感じられません。

dカードで月々のdocomoの携帯料金を支払えば年会費負担がなく、ローソンなどでのクレジットカード利用で、高還元率を享受できます。

 

dカード GOLDがオススメな人

逆に、年会費を支払ってもdカード GOLDをオススメできるのは次のようなタイプの人です。

  • 家族全員がdocomoユーザー
  • docomoの光回線を使っている
  • 携帯利用料金が1万円前後
  • 携帯の破損が心配
  • 旅行好き

ヘビーなdocomoユーザーであれば、dカード GOLDの取得によって、年会費を上回るお得感が間違いなく手に入ります。

docomo携帯の台数が多いほど、ポイントがザクザク貯まるクレジットカードは他にありません。

docomoをこよなく愛するユーザーであれば、dカード GOLDの年会費を支払う値打ちは十分にあります!

 

おわりに

dカードとdカード GOLDは、高還元率でポイントが貯められ、それを暮らしに役立てられるクレジットカードです。

他社携帯会社の発行するどのカードよりも、自社の携帯ユーザーを優遇しているといっても間違いないでしょう。

docomoユーザーがこのカードを見逃しているならば、かなりの損です!

自分の生活に合った1枚を選び、快適なdカードライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2019/5/6

口コミ

携帯代金をカードで支払うとポイントが貯まる(女性 20代 会社員)

携帯電話の機種変更でdocomoへ行った時に、店員さんに勧められました。
機種変更と同時に申し込みをすると端末代金が安くなるのと、月々の携帯代の支払い方法をクレジットカードに変更すればドコモポイントが今までより貯まりやすくなるとのことでした。

実際は年会費がかかりますが、年に1回以上の利用(携帯代の支払いも含む)があれば年会費がかからないというところも良かったです。

携帯端末の値段が昔よりも高くなった為、少しでもポイントを多く貯めていた方が機種代金に使えます。

また携帯を買い替えない場合でも貯まったポイントをコンビニで使ったり、カタログの商品と交換することもできるので使いきれずにポイント失効することもありません。

同時にETCカードも無料発行できるところも良かったと思います。

主人がもう15年以上ずっとドコモユーザーなのでメリットがたくさん(女性 20代 専業主婦)

dカードが新しくできた時にすぐに家族でカードを作りました。
入会時からゴールドカードにしています。

ゴールドカードだとポイントの還元率がとても良いので、年会費の分もすぐ元が取れます。

最近ではローソンやマクドナルドなどでポイントを貯めたり使用できますし、私は光熱費など固定費もすべてdカードで支払いしていますので毎月3000ポイント近く貯まります。

貯まったポイントは携帯の機種変更時や修理時、携帯電話料金の支払いなどに使えるのでドコモユーザーにとってはとても良いカードだと思います。

ゴールドカードだと毎月ホテルの宿泊券やテーマパークのチケットなどの抽選にも参加できます。

今ドコモユーザーでこれからもドコモを使い続ける人には是非オススメしたいカードです。

ポイントの貯まり方と、そのポイントの利便性が大きいカードです(男性 20代 会社員)

現在はd-cardとなっているdocomoのクレジットカードですが、私が取得した時は、DCMXという名称でした。
そもそもdocomoの携帯電話を契約すると同時に、DCMXカードによる決済を行うことで、ポイントが貯まりやすく、また後の機種変更や様々なポイントの活用方法の説明を受け、利用する価値があると考え、契約をいたしました。
家族のdocomo携帯の回線もDCMXカードにて支払いをまとめていましたので、思った以上にポイントが貯まるのが早かったです。

今ではローソンなど加盟店も増えているので、d-cardのポイントを貯めやすくなっているのも相まって、品揃えに文句のないd-ショッピングにて、生活用品の補充などがまかなえている状況です。

docomoのポイントサービスの恩恵を受けられる(男性 30代 サラリーマン)

docomoのスマートフォン料金は、同業他社と比較すると、割高です。
一番安いプランでも、消費税込みで7000円前後でした。格安SIMに切り替えることを検討しましたが、その時たまたまdocomoのクレジットカードについてホームページで見る機会がありました。

docomoのゴールドカードを持てば、様々なお店で使えるクーポン券や、抽選によって旅行券が当たる等のサービスが広がることが分かりました。

また、10000ポイントをもらうことができ、年会費は10000円かかるものの、10000ポイントをスマホ代に充当できることを踏まえるとお得感もありました。

結果として、docomoのゴールドカードをゲットし、docomoのスマートフォン生活を楽しめるようになりました。

ドコモで機種変更をしに行ったときに、受付の人に勧められた(女性 20代 会社員)

実は、ドコモの受付の人が若い方で、ノルマ大変なのかな、と思って契約してあげたのですが、貯まったポイントでドコモの携帯料金の支払いに充当できるので取得しようと思いました。

また、今までカードを複数枚持っていて管理がわからなくなるので、いろいろな支払いを一つにまとめたい思いもありました。

ドコモのクレジットカードですと、利用明細をネットですぐ見ることができるのでそれも魅力的でした。

また、ドコモのサイトのゲームなどでポイントも貯めることができるのも魅力的です。

途中からローソンでもポイントが貯まるようになったのも良かったですね。

携帯料金はカードで払っているので年会費もかかりませんし、見た目も悪くないので作って良かったなと思います。

携帯電話の機種変更をする際にdocomoショップに行った時に勧められた(女性 20代 派遣社員)

携帯電話の機種変更をするために、docomoショップに来店した際に、docomoショップの店員から勧められたのが取得しようと思ったきっかけです。
それまでは、クレジットカードを持っておらず興味もなかったのですが、携帯料金を支払いに使用すれば年会費もかからないと案内されたため軽い気持ちで取得しました。
年会費がかからないというポイントが実際に取得を決断した理由です。
docomoショップの店員の方が熱心に進めてきたので少し断りにくい雰囲気もありました。

しかしながら、実際取得してみるとインターネットショッピングの支払いにも使用できるため、今では取得してよかったと思っています。
また、dポイントも貯まるのでお勧めです。

テレビCMをみて興味を持ち、詳しく調べたところ得だと思い取得しようと思いました(女性 30代 会社員)

きっかけはテレビCMを見て気になっていたクレジットカードのことを、携帯を買い替える際に相談したことです。

その当時、両親と自分の携帯料金をコンビニ払いにしていたのですが、クレジットカードを取得すればポイントがつくことを知り取得しようと考えました。

更に、ゴールドカードにすると月々の携帯料金の支払い分のポイントが通常の10倍つくのでゴールドカードのクレジットカード年会費1万円を差し引いてもそれ以上のポイントが確実に貯まるので取得しようと思いました。

また、家族カードが一枚無料で作れたので生活費もできる限り、カードで支払うようにすることでポイントを多く貯めようと考えていました。

携帯の保証サービスがついていたのも魅力に感じたひとつでした。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。