ETCとETCカードの歴史

開発から導入までの歴史|ETC利用の前に!知っておくべきETCカードの基礎知識

ETCとETCカードの歴史~ETCカード~知っておくべきETCの基礎知識

【今月のイチオシ!】楽天カード

7年連続顧客満足度No.1!
年会費無料でポイント還元率1%の超高還元カード!
エントリー+新規入会+利用でもれなく7,000円相当のポイントプレゼント!

ETC普及における歴史

ETCはエレクトロニック・トール・コレクション・システムの略称で日本独自の呼び方であり、ETCやそのロゴマークは「財団法人道路システム高度化推進機構 (ORSE)」が登記した登録商標となっている。

ETC技術の歴史は意外に古く、1989年にイタリアで開発された、テレパスという無線式の料金収受システムがその先駆けで、現在のETC技術の元となった。

その後は世界各国で様々な技術が開発され、独自の進化を遂げている。

アメリカ

統一されたシステムは無く、各州でそれぞれのシステムを導入している。日本のETCと似たようなシステムが多いが、日本の方式とは違い料金所にはバーがなく、ナンバーをカメラで読み取ったり、専用のタグをフロントガラスに貼り付けるというシステムが多く、日本のようにクレジットカードを利用するような仕組みでは無い。

中国

都市部では導入がされつつあるが全国的な普及はしていない。日本と方式が違い「速通カード」と呼ばれるICカード(電子マネーのようなもの)にチャージを行い引落しされるタイプとなっている。

シンガポール

ERP(Electronic Road Pricing)というシステムで統一されている。市街地の交通渋滞を解消するために導入されており、制限区域内の通行量に応じて料金が上下するようになっている。

日本

1997年に小田原厚木道路小田原料金所で試験運用が開始され2001年11月に全国での運用が開始された。

日本に関しては国内におけるETCの遷移を参照

現在のETC

2001年11月に全国で導入されたETCだが、当初は登録や車載器の設置負担が大きいうえ、ETCカードを別途申込みするという手間などから敬遠され、中々普及せずにETCレーンはいつもがらがらに空いているという状況があった。

またその当時は磁気プリペイドカードのハイウェイカードというものがあり、5,000円以上のカードにはプレミアムが上乗せされていて、お得感が強く非常に人気があったのもETC普及が進まない一因とされていた。

しかし、1999年5月ごろに偽造されたハイウェイカードの存在が発覚し、様々な対応が取られたが、偽造カードは横行し続けた。

その為、2005年9月15日をもって、ハイウェイカードの販売を全面終了し、道路公団が民営化された2006年4月1日にハイウェイカード制度も廃止された。

その対応策として、法人向けの別納割引をETC利用を条件とした大口・多頻度割引に移行したり、様々な割引制度を導入することで、長距離トラック、や高速バス、観光バスなどの法人車両を中心に急速な普及を成し遂げた。

また、ETC車載器が普及するにつれて、価格も安価となり一般の車両にも急速に普及していった。特に2009年3月に施行された「地方高速道路上限1,000円割引」や「台数限定の車載器助成制度」で購入者が殺到する事態となり、一気に普及が進むこととなった。

なお、2014年6月の時点では61,640,661台のセットアップが完了している。データ参照財団法人道路システム高度化推進機構

ETCカードの歴史

ETCカードはキャッシュカードと同じ規格で同じサイズに作られたカードで、ETC利用をするための情報が書き込まれ、車載器がその情報をETCゲートで無線通信する。

普及当初のETCカードはクレジットカード会社との契約が必須で、クレジットカード会社が発行するETCカードでなければ利用できなかった。

その為、クレジットカードの契約が出来ない人や契約をしたくない人はETCカードを作ることが出来ずにETC利用が出来ない状況があった。そうした状況を改善するために、2005年11月末に「ETCパーソナルカード」が発行された。

パーソナルカードは、NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、首都高速道路、阪神高速道路、本州四国連絡高速道路の各高速道路会社が発行し、クレジット契約では無く、預託金(デポジット)を支払う事で発行される。

しかし、デポジットの計算方法が高くつくこともあり、利用者の金額負担は大きく、あまり人気は無い。尚、パーソナルカードはクレジットカード会社との契約では無い為、信用情報機関への登録は無く、クレジットカードヒストリーにも載らない。

ETCコーポレートカード

法人だけでなく個人でも利用ができる貸し出し式のETCカード。大口・多頻度割引の利用者にNEXCO各社が貸し出しするタイプで、信用保証や預託金の納付をすると発行される。

しかし、カードで使用できる車両が限定され、登録した車以外では利用が出来ない。その為、一般利用者にはあまり普及していない。

ETCカードの種類に関しての詳し以上はこちら

  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位
楽天カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ポイントプログラムが充実!利用すればするほどお得なカード

カード利用は常に1%の高還元。ETC利用でも1%還元とポイントが貯まりやすい。

エントリー+新規入会+利用で7,000円分のポイントプレゼント!

おすすめポイント
  • ETCカード発行手数料:無料/ETCカード年会費:540円(税込)
  • 楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンドまたはプラチナでETCカード年会費無料
  • ETC利用分も1%の高還元、ENEOSの利用は2%
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 100円 = 1ポイント ANA Edy × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用でもれなく7,000ポイントプレゼント!
  • Edy機能付帯を選択で楽天Edy500円分プレゼント!家族カード同時申込で家族カードにも楽天Edy150円分プレゼント!(12月19日09:59申込分まで)
楽天カードの調査結果を見る 楽天カードをお気に入りに追加 楽天カードの公式サイトでチェック
2位
三井住友VISAクラシックカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
使い方次第で年会費は永年無料!

世界シェアNo.1を誇り、不動の人気を集める三井住友VISAカードはETC利用でも人気。

ネット申込みで最短3営業日発行と比較的早く手元に届くので早めにETCカードが欲しい方にもおすすめ。

おすすめポイント
  • ETCカード発行手数料:無料/ETCカード年会費:540円(税込)初年度無料/2年目以降は1回以上ETC利用があれば翌年度無料
  • 年間カード利用総額に応じて次年度にボーナスポイント
  • ガソリンスタンドやコンビニで便利な電子マネー「iD」搭載で便利
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 1,250円(税抜) 1,000円 = 1ポイント ANA iDWAONPITAPA × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用+設定等でもれなく最大8,000円分プレゼント!(12月28日申込分まで)
三井住友VISAクラシックカードの調査結果を見る 三井住友VISAクラシックカードをお気に入りに追加 三井住友VISAクラシックカードの公式サイトでチェック
3位
ライフカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ETCカードも年会費永久無料でポイントがお得に貯まる!

年会費永久無料でクレジットカード業界最高水準のポイントプログラム。ETCカードは同時申込で最短6営業日発行が可能!

ETC利用分もポイントが貯まり、入会後1年間は1.5倍、お誕生月なら5倍とポイントUP!年間の利用額次第では2年目以降のポイントも最大2倍までUP!

おすすめポイント
  • ETCカード発行手数料:無料/ETCカード年会費:無料
  • 入会後1年間はポイント1.5倍/お誕生月はポイント5倍/年間50万円利用で300ボーナスポイント
  • 年間50万円利用で翌年度ポイント1.5倍、150万円利用で翌年度ポイント2倍
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 マイル 電子マネー 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 1,000円 = 1ポイント ANA iD × × × ×
ライフカードの調査結果を見る ライフカードをお気に入りに追加 ライフカードの公式サイトでチェック
このカテゴリーのページ一覧