クレジットカード忍法帖 運営者ブログ

日本郵便が三井住友信託と提携しカード決済開始 


クレ蔵でござる。
本日はクレジットカード業界のニュースを。
 

日本郵便がクレジットカード決済サービスを実施する方向

 
日本郵便が三井住友信託銀行と提携し、クレジットカード決済を実施する方向で検討しているとのこと。

これまではクレジットカード決済については代行業者に委託して行っていましたが、代行業者が入ることで手数料も高く、小売店や通販ショップにとっては「ゆうパック」を導入しづらいという面がありました。

しかし、業務提携によりクレジットカード決済が導入されれば、VISAマスターカードが取扱い可能となり、利便性はかなり増します。

小売店や通販ショップにとっては既存の配送手段以外にも顧客に選択肢を提供できる為、サービスの充実に繋がりそうです。

三井ショッピングパークカード《セゾン》を掲載。


クレ蔵でござる。
本日は我が忍法帖に新しく記載されたクレジットカードをご紹介いたします。

三井ショッピングパークカード《セゾン》を新規掲載しました

セゾンカードより発行されたこのカード、三井アウトレットパースやダイバーシティ東京プラザなど、三井不動産グループの商業施設で独自ポイントである「三井ショッピングパークポイント」がセゾンの永久不滅ポイントとは別に貯められるという優れもの。アウトレット好きの方には堪りません。

三井系列の商業施設ではカード利用100円毎に1~2ポイントという高還元。しかも同時に永久不滅ポイントも1000円毎に1ポイント堪ります。
両方合わせると1.1%~2.1%も還元されるというかなりお得なカードでござる。

「これだけお得だと年会費が高いのでは?」という方もいるかもしれませんが、心配ご無用。
なんとこのカード、年会費が無料。しかもVISAマスターカードJCBアメリカンエキスプレスと四種類のブランドから選べます。

アメリカンエキスプレスを年会費無料で持てるという事はめったにないので、「アメックスが欲しいけれど年会費が…」という方にもおすすめでござる。
三井ショッピングパークカード《セゾン》の詳細はこちら

浦和レッズVIASOカードを掲載


クレ蔵でござる。関東では大雪となり大混乱しております。
路面が滑りやすくなっておりますので、お怪我をなさらぬようお気を付け下さい。
 

浦和レッズVIASOカードを掲載

 
三菱UFJニコスより浦和レッズVIASOカードが発行されました。

このカード、なんと利用額の一部がチームの強化費として使われるというサポーター必須のカードとなります。

VIASOカードの機能はそのままに、クレジットカード利用代金の0.255%が「選手の育成費用」や「選手移籍の際の移籍金」に使われます。

ということは、サポーターの皆さんでこのカードを持ち、遠征費用の支払いや光熱費の支払い、ETCカードの利用などに利用すれば、浦和レッズの強化費はうなぎのぼり。

超大物選手の獲得につながるやもしれません。
 

浦和レッズファンの皆様は是非ご検討を。

浦和レッズVIASOカードの詳細はこちら

本年もよろしくお願い申し上げまする。

クレ蔵でござる。

遅ればせながら。あけましておめでとうございます。
本年もクレジットカード忍法帖をよろしくお願い申し上げまする。

今年も皆様にとって良い年となりますようお祈り申し上げます。

拙者も良きクレジットカードをご紹介できるよう
日々精進しいたします。

ETCカード専用サイトを作りました。

ご機嫌麗しゅう。クレ蔵でござる。

秋も本番。日に日に寒さを感じる日が増えてきましたな。
気温の変化が激しい季節です。体調管理にお気を付けください。

 

ETCカード専用のサイト

 

秋の行楽シーズン。渋滞の煩わしさを少しでも解消するならETCは必須でござるな。
そこで、これからETCカードを作る方や今お使いのETCカードよりお得なETCカードをお探しの方向けにETCカード専用の比較サイトを立ち上げました。その名もETCカード-navi

 
同じクレジットカードでも、通常のカードとしてお得なのか、ETCカードとしてお得なのかという視点の違いで、ずいぶん持つべきカードは変わります。
このサイトではあくまで「ETCカードを持つならどのカードがお得か」というテーマを中心に、そこからの使い勝手や、生活テーマなどに合わせてカードが選べるようになっております。
 
またETCの基礎知識や割引制度の解説。ETCカードの作り方など、これからETCカードを持つ方に必須な情報も満載でござる。もちろんキャンペーン情報なども満載。
クレジットカード忍法帖と同じくご愛顧くだされ。
http://etccard-navi.jp/

Home

クレジットカード忍法帳
JCB EIT
サイト内検索
リンク

トップへ戻る