アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

旅先や日常で感じる贅沢
日本で最初に発行されたゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • AMEX

旅行、エンターテイメント関連のサービスに定評のあるアメリカン・エキスプレス・カードに、さらに空港送迎サービスなどを強化した最高レベルのクレジットカード。

海外最高1億円(自動付帯は5,000万円まで)、国内最高5,000万円まで補償の旅行傷害保険や100円=1ポイントのポイントプログラム(条件付きで有効期限なし)、旅行先での日本語サポートなど、値段をつけられないサービスが満載。

日本で初めて発行されたゴールドカードとして、その魅力を十分すぎるほど伝えている1枚といえるでしょう。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン

Get Adobe Flash player

年会費(初年度) 29,000円(税抜) (無料) 当サイトからの新規入会で初年度年会費無料!
審査/発行 約3週間
利用限度額 カード送付時に案内
ポイント還元率 0.4%
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをお気に入りに追加 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを公式サイトでチェック
キャンペーン情報
  • 【入会特典】当サイトからの新規入会で初年度年会費無料!

最高の満足を味わえる旅行サービス

アメリカン・エキスプレスのサービスを知るには旅行関連のサービスを知るのが一番。

エアポート送迎サービス

海外旅行の出発・帰国の際に、格安定額料金で自宅と空港との間を送迎してくれるサービス。
対応空港:成田空港、関西国際空港、中部国際空港、羽田空港(国際線利用の場合のみ)

手荷物無料宅配サービス

近年、他社でも同様のサービスを提供していますが、海外旅行の際に出発時に自宅から空港まで、帰国時に空港から自宅まで、会員1名につきスーツケース1個を無料で配送。

無料ポーターサービス

成田空港・関西国際空港で利用可能。出発時は空港入り口からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーからバス停などに荷物を運んでくれるというサービス。

前日までに予約すれば良いので、帰国前にお土産を買いすぎてしまった、というようなケースでも安心。

その他、国内外の空港ラウンジ利用(国内の空港ラウンジは無料利用可能)や海外用の携帯電話のレンタル、空港での手荷物一時預かりなど、空港内で出発前に感じるストレスや不便を、快適な時間に換えてくれるサービスばかり。

お申し込みはこちらから

アメリカン・エキスプレスならエンターテイメントでも大満足

ゴールド・ダイニング

国内外から厳選した約200店のレストランにて、所定のコースメニューを2名様以上でご予約いただくと1名様分が無料。

グローバル・ダイニング・プログラム

国内外のレストランでご利用代金20%オフをはじめ、アラカルトメニューの中から前菜のサービスやボトルワインのサービスなど各店それぞれのサービスが受けられる。
事前のご予約をお願い致します。

メンバーシッププレビュー

アメリカン・エキスプレスおすすめの新作映画試写会情報等をご案内。

ゴルフデスク

国内1,000以上のゴルフ場及び、ハワイ、サイパン、グアムのスタート予約を無料で承っている。
また日本ゴルフ協会発行のアメックス・ハンディキャップの取得が可能。

プリファード・ゴルフ

提携ホテルに2連泊以上の宿泊で、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代が1名様分無料となるプログラムに無料でご登録できる。
通常年会費295米ドル

他にも会員限定を多数用意しており、きっとご満足していただけるだろう。

お申し込みはこちらから

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは保険も充実

国内旅行傷害保険は最高5,000万円、海外旅行傷害保険は最高1億円(自動付帯は5,000万円まで)まで補償。

補償内容(海外) 補償額(自動付帯) 補償額(利用付帯)
傷害死亡・後遺傷害保険金

最高5,000万円

最高1億円

傷害治療費用保険金

最高200万円

最高300万円

疾病治療費用保険金

最高200万円

最高300万円

賠償責任保険金

最高4,000万円

最高4,000万円

携行品損害保険金
(年間限度額100万円)

1旅行中 最高50万円
(免責3,000円)

1旅行中 最高50万円
(免責3,000円)

救援者費用保険金

保険期間中最高300万円

保険期間中最高400万円

カード会員のご家族に対しては最高1,000万円まで補償(※)、家族会員の場合は最高5,000万円が利用付帯となっている。旅行代金をカード決済した場合のみ

ショッピング・プロテクション

国内外問わず、破損・盗難などの損害を購入日から90日間1名様年間最高500万円まで補償。
万が一商品が壊れても安心。

リターン・プロテクション

カードで購入した商品の返品をお店側が応じてくれない場合に、購入金額全額を払い戻ししてくれるサービス。

補償額は1商品につき最高3万円、会員1名につき年間15万円相当額まで。
ただし食品など一部対象とならないものもあるので注意が必要。

キャンセル・プロテクション

旅行のキャンセルや、チケットを購入したものの行けなくなってしまったコンサートなど、キャンセル費用を補償するサービス。

同行する予定のあった配偶者の方の分も併せて補償してくれる。補償対象は以下のとおり。

  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテルなどの宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送
  • 宴会、パーティー用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行

社命出張によるキャンセルは、海外旅行契約に基づくサービスに限る。

補償額は年間最高10万円。「1,000円」または「キャンセル料の10%に相当する額」のどちらか高いほうが自己負担となる。

そのほかにも、オンライン・プロテクションや不正プロテクションも用意されているので、インターネット上のお買い物や不正使用による損害も補償。

お申し込みはこちらから

口コミ

電話がすぐ繋がるのでいつ掛けても安心です

登録された携帯電話からフリーダイヤルに掛ければ本人確認もキー入力するだけで完了なので、オペレーターの方とすぐに本題の話ができて助かります。他社クレカも使っていますが、契約内容開示のために問い合わせるも、毎回本人確認の質問をされるのは煩わしいです。アメックスはそういった手間を事前に省いているので、よく考えられていて嬉しいですね。料金のお支払い方法や振込先などが分からず、困っていたら丁寧に教えてくれました。担当ごとに扱える内容が違うので転送されましたが転送の待ち時間もほとんどなくスムーズでした。わたし自身のカード利用が減ってしまったため、年会費の支払いが大きいのが正直困っています。次の更新までに継続するか、ランクを落とすか検討したいと思います。
女性 30代

年会費が高いと思いますが、優待も充実です。

初回の目安額はとても低いです。年会費がそれなりの額のステータスカードなのでまぁ仕方ないかとは思いますが、ゴールドカードから付帯する招待日和を数回使えば年会費分は取り戻すことができるので問題はないと思います。一律の限度はないとはいえ、目安額の変動がいちいちゴールドデスクに確認しなければいけないのはめんどくさくです。高額決済や換金性の高いものを買うときは事前にお伺いをしなければいけないこともあるので、目安額が変動した時は連絡いただければと思います。メインカードとして使っていますので、ポイント還元率がもう少し高ければもっとよくなると思います。各種保険も充実しているので一枚あれば結構助かるカードです。
男性 30代

お酒、レストランが好きな人にお勧めなカードです

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、世界中から厳選したレストランの優待特典をご利用いただけるのでご飲食代金から20%オフやボトルワインのサービス等の特典があります。私みたいなレストランに行きお酒が好きな方にはお勧めなカードです。よく行く行きつけのレストランにもアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを使えるので利用しています。大人のカードというイメージがあります。なので学生が使ったりするカードではないかもしれません。お酒、レストランが好きな人が持っていたら良い特典だらけだと思います。お気に入りレストランがある方はアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが使えるか確認することが良いと思います。
男性 30代

断トツの信頼感、安心感と、世界中で認められるそのステータス。

電話対応が素晴らしい。過重払いの手続きの際も懇切丁寧に対応していただいた。カードそのものがステータスになるので、海外の高級品を買う際にも販売者側にも安心感を持ってもらえる。補償もきちんとされているので、高額な取引をする際は最も安心感がある。空港手荷物宅配サービスも非常に便利で、他のゴールドカードは数百円かかるのに対し、こちらは完全無料。ただ、世界的に見て、取り扱い店舗が他のカード会社に比べて少ない。「アメリカン・エキスプレスは受け付けておりません」といった主旨の表記は世界中よく見かける。なので、このカード一枚だと支払いが出来ないことも多々あるので、使い分けが必要なカードではある。日常で使う他社カードと、安心安全用にこちらを一枚というのが理想的である。
女性 20代

最終更新日:2017/3/28

お申し込みはこちらから

アメックスゴールドカードの審査は厳しいのか?審査を通す5個のポイント

アメックスカードといえば、国際ブランド、しかもプロパーカードということで、カードの中でも誰もがステータスを感じるカードではないでしょうか。グリーンの一般カードでも十分に信頼性をもっていますが、さらにゴールドカードとなると他のカードよりも数段格上のような気がします。さぞかし審査が通りにくいのでは?と考えてしまいますが、それがそうでもなさそうなのです。意外に手が届きやすいかもしれない、アメックスゴールドカードの実情に迫ってみました。

アメックスゴールドカードが持てるってどんな人?

【アメックスゴールドカードには手が届かない?】
アメックスゴールドカードと聞いて、「俺には無理ムリ」なんて思ってしまう人が多いようです。その輝かしいネームのせいで、最初から高嶺の花とばかりあきらめてしまうのですね。
では、実際にはどの程度のクラスの人がアメックスゴールドを手に入れているのでしょう。年収500万円?1000万円?部長クラス?経営者?
確かに、これまで一般的にいわれてきたアメックスゴールドカードの申し込み基準としては、「25歳以上で年収が400~500万円以上、継続する安定収入があり、勤務先の企業規模も審査対象」という感じでした。
でも最近はどうも様子が違ってきているようなのです。

【意外にも庶民的だった?審査基準】 現在、アメックスゴールドカードを取得できる人の例として、次のような層も対象となっています。 ○アメックスゴールドカード取得可能範囲の例 もちろん、クレジットカードの審査はその人間の信用情報を元にするため、一律ではありません。が、基本的には300万円以上の給与収入があれば、勤務する会社の規模に関わらず、ほとんど審査通過ができるといわれています。 中には中小企業に勤める28歳、勤続年数1年という条件でもアメックスゴールドをもっているというケースや、個人事業で年収が350万円でもOKだったという例もあります。ただし、個人事業の場合には3年以上の実績が必要で、収入を証明する書類提出が求められます。

クレジットカードのステータスとしては相変わらずダントツ

【未だに最強イメージのアメックスゴールド】
そのネームバリューからは想像しなかったほど、審査基準が下がった感のあるアメックスゴールドカードですが、カードイメージは相変わらず高みにあるようです。
恐らくはバブル時代の遺産で、当時のアメックスゴールドカードの価値そのままを、イメージに抱いている人が多いのではないでしょうか。もちろん年会費が他社カードと比べ今でも高めなので、ある意味間違いではありません。
ただ、高次の条件がそろわなければ、手に入れられないというようなカードでなくなったのは事実です。それではなぜ、アメックスゴールドカードは“庶民にも手が届く”カードとなったのでしょうか。

【なぜアメックスゴールドカードのハードルが下がったの?】
アメックスでは今、最高位に“アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード”、通称ブラックカードがあります。さらにその下位カードにはプラチナカードも存在します。
ゴールドカードは直接申し込みが可能ですが、プラチナカードはゴールドカードの優良顧客の一部の中から申し込みの権利が与えられます。そしてブラックカードは、プラチナカードを持っている顧客の中から、特別なインビテーションをもらえる人だけが許されるカードなのです。
ちなみにブラックカードの年会費は数十万といいますから、もはやゴールドカードが一般人のものとなっても、不思議はないのでしょう。

アメックスグリーンカードは意外とハードルが高い

アメックスの一般カードであるグリーンカードの年会費は、12,000円。これでも無料カードが無数に出回っている、国内の他社カードと比較するとかなり高額ですね。楽天ではゴールドカードでも年会費10,000円です。
人によっては、グリーンカードの方がゴールドカードよりも審査が厳しいのでは?という人までいますが、真相ははっきりしていません。常識で考えれば上位カードのゴールドカードの方が当然、取得は難しいはずですが…
恐らくは、近年になって急激に審査基準が下がったゴールドカードについての、イメージの落差からなのかもしれません。ゴールドカードは年会費がグリーンカードよりも2万円近く高いので、アメックス側から見れば、そちらに勧誘した方が確かに利益にはなりますね。
ただ、どう考えても、グリーンカードの審査が通らず、ゴールドカードの取得はOKというのはあり得ません。金額の高い年会費で担保を取るという見方もありますが、いずれにしても、審査の通り具合にはそれほど差がなさそうです。
取得条件の年収にあまり差は無いようですので、「普通のサラリーマンだけどゴールドカードが欲しい!」という人は、アメックスゴールドカードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アメックスゴールドカードの審査が通る5つのポイント

【現時点での資産額】
アメックスゴールドカードの審査基準が以前に比べて格段に通りやすくなっているのは事実のようですが、年収だけが対象となっているわけはありません。取得に際しては、銀行口座残高やその他の保有資産についても調査が行われているようです。例として、年収200万円台の自営業者でも、貯蓄残高が多ければ審査に通る可能性が高いといわれています。
また、
 持ち家で居住年数が長くローンがない
 固定電話回線がある
 家庭内所得が高い
なども審査を通過する際の信用度にプラス点となります。

【他社での負債】
ある程度の年収がありながら審査で落とされる場合には、過去に何らかの支払い遅延があったか、他社での負債が収入と比較して多すぎると判断されている可能性があります。特にリボ払いが長期に渡っており、その金額が一向に減らないという人は、新しいカードを取得するのが難しくなります。

【サラリーマンは勤続年数】
最近では勤続1年ほどでも勤める企業によって、アメックスゴールドカードが取得できるようになりました。それでもやはり勤続年数が長い人の方が、確実に審査通過するようです。ある程度の勤続年数を経ていれば、いきなり収入がなくなるリスクは低いととらえられます。年齢の割に勤続年数が短いと頻繁な転職が疑われ、若い人よりも通りにくくなることも考えられます。

【自宅の固定電話は意外と重要】
先にもありましたが、意外とポイントが高いのが固定電話の有無といわれます。最近は個々に携帯電話を持つのが当たり前となったせいか、持ち家があっても固定回線の利用がない家庭も多いようです。しかし、固定回線使用をしているということは、居住の事実がはっきりしており、信用度が高くなります。携帯電話番号のみでも条件が良ければ審査は通りますが、連絡先を記載する際には、固定電話番号を入れた方が絶対に有利です。

【個人事業主はとにかく実績年数】
自営業者であっても3年以上継続して収入を得られていれば、審査を通る可能性がかなり高くなります。サラリーマンの勤続年数同様に、安定して同じ仕事を続けているという事実が認められれば、アメックスゴールドカードも取得ができます。基本的に個人カードは経費への利用が認められていないので、大規模な事業展開が予測される場合には、アメックスビジネスゴールドカードを申し込むことをお勧めします。

やっぱり欲しいアメックスゴールドカード

お財布からさっと取り出した時、一同の注目を浴びるアメックスゴールドカード。付帯するサービスもさすがの充実ぶりです。アメックスゴールドカードの詳細について見ておきましょう。 ○アメックスゴールドカード紹介 アメックスゴールドカードを持つ喜びは、単にステータスを感じるだけではありません。年会費を上回る特典の数々に、取得して良かったと実感するはずです。特にユーザーから評判の良い特典をご紹介しておきます。  「ゴールド・ダイニング by 招待日和」 国内外約200店のレストランで所定のコースメニューを2名様以上で予約すると1名分のコース料理代が無料となる。(年額32400円の会員費が無料)  プライオリティ・パス スタンダード会員 国内外30か所の航空ラウンジ利用(年99ドル相当が無料)  充実の保険内容 国内外の旅行保険は、家族まで対象となる。 自己都合でのキャンセル補償(キャンセルプロテクション) 購入商品の補償(ショッピングプロテクション) 返品補償(リターンプロテクション) 海外旅行の航空便遅延費用補償(最大2万円) 受託手荷物紛失(最高4万円)

まとめ

アメックスゴールドカードといえば、憧れの的というイメージしかありませんでしたが、いつの間にか庶民でも手に入れることができるカードになっていたようです。とはいえ、その実力や魅力は少しも色あせてはいません。たくさんのサービスや特典が満載、持っていて幸せを感じるカード。アメックスゴールドカードを手にする喜びを、是非味わってみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2017/09/15

お申し込みはこちらから

「アメックスグリーン」と「アメックスゴールド」の年会費が無料キャンペーンのご紹介!

アメックスカードに憧れるけれど年会費が高いことに迷っている、という人が多いのではないでしょうか。誰もが知るステータスカードなだけに、持ってみたい気持ちはあっても何しろ年会費が気になってしまいますよね。
そこで利用したいのが、年会費無料キャンペーンです。1年間アメックスカードをタダで利用でき、使い心地をじっくりと確かめられる機会をえることができます。こんなお得を見逃す手はありません。
誰もが気になるアメックスの年会費無料キャンペーンをチェックしていきましょう。

あのアメックスが年会費無料キャンペーンをやっている

【探せば結構ある年会費無料キャンペーン】
アメックスカードの入り口となるアメックスグリーンの年会費は、税抜12,000円、ゴールドカードは税抜29,000円です。年会費無料のクレジットカードも多い中、アメックスカードはやはりハイクラスなカードのひとつといえるでしょう。しかし調べてみれば、意外に年会費無料キャンペーンのチャンスが数多くあることをご存知の方はあまりいません。
検索サイトでクレジットカード関連を調べたときに出てくるリスティング広告や、画面周辺に現れるバナー広告でも年会費無料の文字をしばしば見かけます。何かの会員になっていてメールで案内されたり、通販で届いた箱にキャンペーンチラシが入っていたりということも珍しくありません。
ポイントサイトなど外部サービスでも年会費無料となるケースが見られますが、公式サイトではかなり頻繁にキャンペーンを展開しています。

【お得度を狙うのならどの申し込み?】
さまざまなキャンペーンの中でも、特にお得度が高いのは公式サイトとアマゾンのキャンペーンです。他のキャンペーンでは年会費無料のみの特典ですが、こちらの2つではポイント加算される場合があります。
例えば公式サイトのキャンペーンでは、アメックスゴールド初年度年会費が無料の上、カードの利用条件によって40,000円相当のポイントがもらえるといった内容です。一方アマゾンのキャンペーンは、ゴールドカードでは初年度年会費無料プラスアマゾンギフト券20,000円、さらに40,000ポイントがプレゼントされます。グリーンカードも同じく初年度年会費無料にプラスしてギフト券が10,000円、さらに15,000ポイントが付いています。
ただしいずれのキャンペーンも設定期間があり、いつでも開催されているわけではありません。お得な年会費無料プラスαを狙うならば、対象となる時期を確認してから申し込みする必要があります。

年会費無料キャンペーンの利用条件

【所定ページからの申し込みが必要】
公式サイトでは、ほぼ通年にわたって年会費無料キャンペーンを行っています。ただし年会費無料にするためには、所定のキャンペーンページからの申し込みが必要です。決められたページから申し込む以外、得に条件を設けていません。
アメックス公式サイトから順当に進んでいくと、年会費無料の対象とならない場合があります。同時期に申し込んで、自分だけ年会費を払うことになったらかなり悔しい思いをするでしょう。必ず「年会費無料特典」と記載があるかを確認してから、申し込み手続きに進むようにしてください。
またすでにアメックスカードを保有している場合や、家族カードの申し込みなどではキャンペーン適用外となるので注意が必要です。

【選べる入会キャンペーン】
年会費無料キャンペーンと並行して、ポイントが獲得できるキャンペーンもあります。特別キャンペーン中では年会費無料とポイント獲得が同時にできますが、それ以外の時期ではいずれかの選択になるはずです。
ポイント獲得を選んだ場合には、アメックスゴールドでは入会後3ヶ月以内に50万円以上の利用で最大40,000ポイント、アメックスグリーンでは3ヶ月以内に30万円以上利用で最大18,000ポイントがもらえます。
アメックスのポイントは同率でANAマイルと交換できるので、マイルを貯めている人にはかなり魅力的な特典といえるでしょう。

この機会にアメックスを手に入れよう

【アメックスグリーンを手に入れるメリット】
アメックスカードはステータスが高いだけで実用に向かない、というのは実際に使ったことのない人の思い込みといえます。「メンバーシップ・リワード」は、世界中の加盟店で100円あたり1ポイントが貯まる高還元なポイントシステムです。提携店ではさらにポイント10倍というサービスもあり、使えないカードのイメージが覆されます。ポイント有効期限は3年となっていますが、ポイント交換の実績があれば無期限に延長されるのでムダはありません。
高還元をうたいながら短期間でポイントが消滅するクレジットカードも多いので、アメックスカードのポイントシステムはかなり現実的なお得感があります。通常年会費が他社ゴールドカード並みといわれるアメックスグリーンですが、特典はプラチナカードにも匹敵するものです。
最高5,000万円補償の海外・国内旅行保険は、家族特約で本会員と同額補償が付けられます。年間500万円のショッピング・プロテクション、返品補償のリターン・プロテクション、もちろんネット上の不正利用に対応するオンライン・プロテクションも付帯し、ユーザーをしっかりと守ってくれるでしょう。
世界中に設置されているトラベルオフィスや空港ラウンジ利用、手荷物宅配など、旅行に強いアメックスといわれる特典の多さはさすがとしかいいようがありません。

【アメックスゴールドを手に入れるメリット】
アメックスゴールドは持つ人を心地良い毎日に導いてくれるカードです。高級レストランの優先予約や1名分が無料となる優待サービス、会員制クラブや各種ラウンジの利用など、セレブ感あふれる特典が提供されています。
もちろん旅行への備えも万全です。海外旅行保険の補償額は、死亡・後遺障害が最高1億円、治療疾病費用が最高300万円、救援者費用は最高400万円とクレジットカードの補償内容としてはトップクラスとなっています。
世界中の空港ラウンジでくつろげるプライオリティ・パス利用権や、各種チケットのキャンセル・プロテクション、航空便遅延費用保険などその充実度は他に類を見ません。保有する優越感だけではなく、使うたびに満足感を味わえる、それがアメックスゴールドの魅力といえます。

おわりに

アメックスカードは「クレジットカードなんてどれも同じ」、と考えている人にこそ是非1度体験してほしいカードです。年会費負担のないお得なキャンペーンを使えば、お試し気分で1年を過ごすことができます。期間内に退会すれば、もちろん翌年の年会費の請求はありません。
とにかくアメックス体験をし、それからじっくりと費用対効果を検討してみてください。アメックスカードがあなたの生活をサポートしながら、新しい世界を開いてくれるはずです。

最終更新日:2017/10/18

お申し込みはこちらから
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをお気に入りに追加 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを公式サイトでチェック

スペック表

基本情報

国際ブランド
  • AMEX
申込資格

20歳以上で定職につかれている方
※パート、アルバイト不可

審査/発行 約3週間
年会費 初年度 無料 当サイトからの新規入会で初年度年会費無料!
2年目以降 29,000円(税抜) -
家族カード 初年度 12,000円(税抜) 1枚目は無料
2年目以降 12,000円(税抜) 1枚目は無料
ETCカード 初年度 無料 -
2年目以降 500円(税抜) 1年間に1回以上ETC利用があれば無料
発行手数料 850円(税抜) -
特典 -
法人追加カード 年会費 -
引落し口座 -
追加カード枚数 -

利用枠・支払い

利用限度枠 ショッピング カード送付時に案内 支払い方法 1回払い
キャッシング 取り扱い無し 2回払い
利率 ショッピングリボ 14.9% ボーナス払い
リボ払い
キャッシング
取扱いなし
分割払い
その他 -
締め日 毎月10日、21日、26日から選択 支払日 翌月10日

電子マネー

電子マネー -

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 メンバーシップ・リワード
付与率 100円 = 1ポイント
有効期限 3年
一度のポイント交換またはポイント換算レートがアップする「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると無期限になる
還元率 0.4% 最低交換条件 1,000ポイント
交換・還元方法 マイル・他社ポイントへの移行、カタログギフトなど
ポイントモール名 -
提携ネットショップ トレンドマイクロ/日比谷花壇/ミキハウスチャオ/MoMAstoreなど

キャッシュバック

キャッシュバック機能 -

マイレージ

主な交換・移行可能マイレージ ANADelta
交換・還元率 2,000ポイント = 1000マイル メンバーシップ・リワード・プラス登録で1000ポイント=1000マイル 最低交換単位 2000ポイント以上/2000ポイント単位 ※メンバーシップ・リワード・プラス登録で1000ポイント以上1000ポイント単位
移行手数料 無料 メンバーシップ・リワード・プラス登録の場合、3,000円(税抜/年間)
ANAコース:5,000円(税抜/年間)が別途必要 移行日数 約2週間

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険 1億円 (自動+利用付帯) ショッピング保険 500万円
国内旅行傷害保険 5,000万円 (利用付帯)
ネット不正利用保険 航空便遅延保険
その他の保険・補償 リターン・プロテクション、キャンセル・プロテクション

引落し対応

電気 北海道電力/東京電力/中部電力/関西電力/中国電力/九州電力/沖縄電力
ガス 北海道ガス/京葉ガス/東京ガス/広島ガス/西部ガス
水道 各地域の水道局を参照ください
新聞 朝日新聞/毎日新聞/読売新聞/産経新聞/日本経済新聞
携帯電話・PHS NTT docomo/au/SoftBank/Y!mobile
固定電話 NTT東日本/NTT西日本/NTTコミュニケーションズ/KDDI/ソフトバンクテレコム
インターネットプロバイダー au one net/@nifty/OCN/ODN/JENS SpinNet/So-net/BIGLOBE/ぷらら/Yahoo!BB,/IIJ4U/IIJmoi/UQ WiMAX/Aol
受信料 NHK/J:COM/スカパー/WOWOWなど
その他 Yahoo!公共料金支払いなど

空港サービス

空港ラウンジ
利用
国内 28空港 プライオリティ
パス
国内 お問い合わせ下さい
海外 2空港 海外 700ヵ所以上

ロードサービス・ガソリン代特典

ロードサービス -
ガソリン代特典 スタンド -
特典内容 -
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをお気に入りに追加 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを公式サイトでチェック

このカードが掲載されているページ